中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

遠藤雄弥 安藤サクラ 柄本時生 / 俺たちに明日はないッス

にゃんこ2
ワケもなく仔猫

毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの保健体育担当、ブロッケンです。

さそうあきら原作の映画『俺たちに明日はないッス』を観ました。

猛り狂う10代のリビドーのほとばしりに焦点を合わせた、いわゆる“性”春映画というものは、
それこそ掃いて捨てるほど多く存在しますが、それらの多くは、例えば『69-sixty nine-』や
グミ・チョコレート・パイン』のように《リビドー + 音楽》だったり、『おっぱいバレー』のように
《リビドー + スポーツ》であったりと、『性』以外のファクターと一体となって成立しているもの
なのですが、この『俺たちに明日はないッス』は、徹頭徹尾、いさぎよいまでに、『性』だけで
構成された、まさしく純・性春映画と呼ぶに相応しい内容になっております。

病弱な同級生・トモノとヤリたくて仕方ない『ヒルマ』(柄本時生)、巨乳の美少女に思いを
寄せられるデブの『安パイ』、そしてセックスに興味津々の女『チズ』(安藤サクラ)に
翻弄される『峯』(遠藤雄弥)。 三者三様の『性のめざめ』が、夕方の再放送のドラマの
ような暗く粗い画面の中で、気だるく、淡々と繰り広げられて行きます。

このテの映画の場合、作り手の幻想や思い入れが色濃く反映されやすい為、ヒロインの
女のコが、まるで天使か女神の様な描かれ方をする事が多いのですが、この映画に登場
する女のコ達には、そのような幻想を抱く余地など皆無。 ビックリする位フツーです。 
この辺の、女性に対するドライでニュートラルな眼差しというのは、監督が女性(タナダユキ)
であるという事が多分に影響しているのではないか、と。

映画の終盤、曇天の渚で波と戯れるトモノと、それを眺めながら、勃たないチンポを必死に
シゴくヒルマ…という、字面だけ追ったら完璧に意味不明なシーンがあるのですが、この
場面には、特殊漫画家大統領・根本敬氏いうところの『マヌケ美』が、はっきりと息づいて
おりました。 バカでスケベで心底クダラナイのに、美しくて儚いもの=青春。そのヴィジョンを
これほどまでに的確に切り取った映画を、私は他に知りません。

おまけに主題歌は、銀杏BOYZによる南沙織の『17歳』の超絶カヴァー。 もう、完璧でしょ。 

◆◆オーラル学園 更新情報◆◆
・アワビさん - 244   ・のらネコミック - 172
スポンサーサイト

テーマ:俺たちに明日はないッス - ジャンル:映画

  1. 2009/06/23(火) 11:18:27|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

綾瀬はるか / おっぱいバレー (後編)

横山
ワケもなく横山弁護士

さてさて、前回に引き続き、綾瀬はるか主演『おっぱいバレー』なんですけれども。

この映画の時代設定が1970年代という事で、劇中ではピンク・レディーキャンディーズ
矢沢永吉ツイスト甲斐バンド、そして浜田省吾などのヒットナンバーが次々とかかります。

そんな中、男子バレー部員達が、ツイストの『燃えろ いい女』のサビの歌詞を
『燃えろ! 美香子~!』にふざけて替え歌するっつうシーンがあるんですけど、
ここ、バカバカしくも非常に印象深いシーンでした。 自分がもしもこの映画と同じ時代に、
彼等同様、ゴリンゴリンの男子高生だったとしたら、絶対に似たような替え歌を
カマすと思います。 思いますっつうか、絶対にやるな。 好きなコの名前とかで。

また、この映画には高村光太郎の『道程』という処女詩集が、重要なアイテムとして
登場します。 全校集会の壇上で綾瀬はるかが何度もこの『道程』という単語を連呼
して、それを『童貞』とカン違いし、キャッキャ言ってはしゃぐ男子バレー部員達。 愚かですね。

『道程』と『童貞』 

…この、意味も言葉が持つ雰囲気も全く違う二つの単語が、同じ読み方だと
いうのも、何やら感慨深いっつうか、因果めいたモノを感じちゃいます。 フフ。

あと、光石研さんがイヤミな教頭先生役で出演されてるんですけど、今この人、役どころの
大小を問わず、ありとあらゆる映画やドラマに出まくってますよねぇ。 何気なく映画やドラマ
を観てたら、すぐに光石研が出てくるって感じ。 この人に限らず、田中要次小日向文世
そして遠藤憲一といった、主役の脇で鈍く光る、いぶし銀的存在の俳優さん、大好きです。

最後にもう1点。女子バレー部員役で登場する女のコ。 ムチャクチャ可愛いかったので、
思わずウィキで調べたところ、小島藤子ちゃんという名前だっつう事が判明。 キタコレ。 
彼女はいいっスよ。 近い未来、必ずや日本列島の話題を席巻します。 僕が保証します。

僕の保証なんて、何の保証も無いんですけどね。 ギャフン! 

◆◆ オーラル学園 更新情報 ◆◆

・アシッドちゃん ‐ 313

テーマ:おっぱいバレー - ジャンル:映画

  1. 2009/05/14(木) 13:28:59|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

綾瀬はるか / おっぱいバレー (前編)

白刃取り
ワケもなく真剣白刃取り。 

毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの思い出づくり担当、ブロッケンです。

先日、映画『おっぱいバレー』を観てきました。…いえね、せっかくの休日に家でくすぶってる
のもアレだから、そんじゃ映画でも観るかって事だったんですけど、別段観たい映画も
なかったんで、仕方なく『おっぱいバレー』にしたんですよ…ってなカンジで、何故か
アレコレと言い訳したくなるような、強烈なタイトルですよね、おっぱいバレー。  
クチにする度に、IQが下落して行くような錯覚すら覚えます。 キャッチーにも程があるっつうか。

しかし!いかにもB級ライクなタイトルとは裏腹に、メチャクチャ面白かったんですよ、コレが。
まごうことなき、青春映画の傑作だと思います。 マジでマジで。

舞台は1970年代の北九州。
綾瀬はるか演じる国語教師の美香子先生は、赴任早々男子バレー部の
顧問を任される事になったのですが、この男子バレー部、他の生徒から『馬鹿部』と
陰で揶揄されちゃってるような、ダメ~なクラブでして。 バレーの練習なんざそっちのけで、
エロ本読んだり、チャリンコ乗りながらてのひらに感じる風の感触をおっぱいに見立てたりと、
エロリビドー全開な悶々DAYSを送ってるんです。 若さ=馬鹿さ、ですもんね。 

で、美香子先生はダメな部員共になんとかヤル気を出してもらおうと、

『試合に1勝したら、先生のおっぱいを見せてあげる』

という、勃起モンの約束をしてしまう、と。 うひょ~。
果たして弱小男子バレー部は、先生のおっぱいを拝む事が出来るのか !?
…字ヅラだけ追ってったら駄作のオイニーがプンプンしますわな。  

しかし。 綾瀬はるかが美香子先生を演じた事により、この映画は救われたのです。

部員たちに一生懸命になって欲しい…そして試合に勝って欲しい…でもおっぱいなんか
絶対にみせたくない!という、微妙(?)なココロの機微を表現できる確かな演技力と、
エロリビドー全開の男子生徒どもに、命がけで『先生のおっぱいが見たい!』と思わせる
豊満なプロポーションを併せ持ちつつ、なおかつ、爽やかな清潔感をも兼ね備えた
女優なんて、今、綾瀬はるかをおいて、他に誰が考えられましょう?

ここでジャストな選択が為されたからこそ、『おっぱいバレー』が単なるB級バカ映画ではなく、
『B級バカ映画の皮を被った傑作』になったのだと思います。 ナイス人事! ナイスおっぱい!   

(後編に続く)

◆◆オーラル学園 更新情報◆◆
・のらネコミック - 160

テーマ:おっぱいバレー - ジャンル:映画

  1. 2009/05/11(月) 14:26:57|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。