中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

遠藤雄弥 安藤サクラ 柄本時生 / 俺たちに明日はないッス

にゃんこ2
ワケもなく仔猫

毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの保健体育担当、ブロッケンです。

さそうあきら原作の映画『俺たちに明日はないッス』を観ました。

猛り狂う10代のリビドーのほとばしりに焦点を合わせた、いわゆる“性”春映画というものは、
それこそ掃いて捨てるほど多く存在しますが、それらの多くは、例えば『69-sixty nine-』や
グミ・チョコレート・パイン』のように《リビドー + 音楽》だったり、『おっぱいバレー』のように
《リビドー + スポーツ》であったりと、『性』以外のファクターと一体となって成立しているもの
なのですが、この『俺たちに明日はないッス』は、徹頭徹尾、いさぎよいまでに、『性』だけで
構成された、まさしく純・性春映画と呼ぶに相応しい内容になっております。

病弱な同級生・トモノとヤリたくて仕方ない『ヒルマ』(柄本時生)、巨乳の美少女に思いを
寄せられるデブの『安パイ』、そしてセックスに興味津々の女『チズ』(安藤サクラ)に
翻弄される『峯』(遠藤雄弥)。 三者三様の『性のめざめ』が、夕方の再放送のドラマの
ような暗く粗い画面の中で、気だるく、淡々と繰り広げられて行きます。

このテの映画の場合、作り手の幻想や思い入れが色濃く反映されやすい為、ヒロインの
女のコが、まるで天使か女神の様な描かれ方をする事が多いのですが、この映画に登場
する女のコ達には、そのような幻想を抱く余地など皆無。 ビックリする位フツーです。 
この辺の、女性に対するドライでニュートラルな眼差しというのは、監督が女性(タナダユキ)
であるという事が多分に影響しているのではないか、と。

映画の終盤、曇天の渚で波と戯れるトモノと、それを眺めながら、勃たないチンポを必死に
シゴくヒルマ…という、字面だけ追ったら完璧に意味不明なシーンがあるのですが、この
場面には、特殊漫画家大統領・根本敬氏いうところの『マヌケ美』が、はっきりと息づいて
おりました。 バカでスケベで心底クダラナイのに、美しくて儚いもの=青春。そのヴィジョンを
これほどまでに的確に切り取った映画を、私は他に知りません。

おまけに主題歌は、銀杏BOYZによる南沙織の『17歳』の超絶カヴァー。 もう、完璧でしょ。 

◆◆オーラル学園 更新情報◆◆
・アワビさん - 244   ・のらネコミック - 172
スポンサーサイト

テーマ:俺たちに明日はないッス - ジャンル:映画

  1. 2009/06/23(火) 11:18:27|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。