中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

田中麗奈 加瀬 亮 / 犬と私の10の約束

犬と私の10の約束
ワケもなくブランコ

どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのたむらぱん担当、ブロッケンです。

今回御紹介する映画は『犬と私の10の約束』です。 フフ。 御紹介だって。

主役の田中麗奈の少女時代を演じるのが『女王の教室』や、ドラマ版『ちびまる子ちゃん』で
おなじみの福田麻由子ちゃんなんですけど、これ以外考えられないという位ジャストな
キャスティングだと思います。 ホント、そっくりなんですよね、2人とも。

ある日突然病に倒れた母親。 その不安と寂しさを紛らわせる為に飼い始めたゴールデン・
レトリバーの『ソックス』の一生を描いたストーリーで、タイトルにある『10の約束』というのは、
犬を飼うにあたって母から教えられた、飼い主が守らないといけない10の戒めの事。
この『10の約束』が、その後のストーリー展開上、重要なキーワードになって来るのだろうと
思いきや、意外とそうでもないので、思いっきり拍子抜けしちゃいました。

また、主人公・あかり(田中麗奈)の幼なじみのギタリスト、星 進(加瀬 亮)が交通事故に遭って
しまい、以前のように指が動かなくなってしまうのですが、その事でひどく落胆している彼の
自宅へ、田中麗奈がソックスと共に乗り込んで行き、『ソックスとしばらく一緒に暮らして欲しい。
必ず貴方の心の支えになる筈だから』と願い出る場面には、思わず首を傾げてしまいました。

確かに、動物には人の心を癒す温かな力があります。その力がアニマル・セラピー等の様々な
試みに活かされている事は重々承知の上で、この展開は無いんじゃないの?と、思いっきり
白けてしまいました。 何だかその行為が、私にはとても偽善的に思えたからです。

しかし。 物語の終盤、年老いたソックスは家族に見守られながら静かに息を引き取る
のですが、ここにはもう、映画の出来・不出来を越えたトコロで、大いに泣かされました。
最後の力を振りしぼって、ソックスが田中麗奈に手っつうか前足を差し伸べるんですよ。
そんなんされたら、誰だって泣くでしょ、フツー。

さて、この『犬と私の10の約束』。 小さいお子様に向けて『生きものと生涯つきあって行く
上での心構え』を教えるには、まさしくうってつけの1本だと思います。 ですが、この映画が
エンターテインメントとしての役割を十分に果たしているかというと、微妙なラインですね。
 
映画の面白さや素晴らしさとは、得てして道徳や規範というレールを大きく逸脱した地点に
あるものですから、この点、致し方ない事なのかもしれません。

…ただ、旭山動物園の職員役として、ピエール瀧が出て来た時は大爆笑しました。
チョロッと登場するだけでこんなに面白がられる人って、キヨシロー亡き今となっては、
もはや瀧くらいしか居ないんじゃないでしょうか。 つくづく美味しいポジションですな。


◆◆オーラル学園 更新情報◆◆
・アワビさん - 245  ・アシッドちゃん - 323
スポンサーサイト

テーマ:ゴールデン・レトリーバーとの生活 - ジャンル:ペット

  1. 2009/07/04(土) 14:54:38|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。