中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

渡辺大和 臼田あさ美 / 色即ぜねれいしょん

チンチンポンポン
ワケもなくチンチンポンポン


どうもです。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのジェフ・べック担当、ブロッケンです。

みうらじゅん原作、田口トモロヲ監督の映画『色即ぜねれいしょん』を観て来ました。

舞台は1974年の京都。 仏教系の男子高校に通う乾純(渡辺大和)は、ボブ・ディランの
様な『ロックな生き方』に憧れを抱いているんだけど、学校ではヤンキーと体育会系の陰に
隠れて全然パッとしないし、家では両親が優し過ぎるしで、まるっきりロックとはほど遠い、
平凡な日々を送っていた…というあらすじ。

みうらじゅん原作×田口トモロヲ監督という組み合わせは前作『アイデン&ティティ』に
引き続き2作目。 『アイデン&ティティ』は、当時人気絶頂だったバンド『ゴーイング・ス
テディ
』を解散させたばかりの峯田和伸が主演に大抜擢され、話題を呼びましたが、今作
においても約2000人の候補者の中から、現役高校生にしてバンド『黒猫チェルシー』の
ヴォーカリストでもある渡辺大和君が選ばれております。今回が初めてとは思えないほど、
のびやかで情感豊かな演技は、ただただ素晴らしいの一言。 そんでまた、彼の顔が若い
頃のみうらじゅん御大にどことなく似てるってトコも何気にポイント高し、です。

他にも前述した峯田和伸(銀杏BOYZ)や、これまた演技初挑戦の岸田 繁(くるり)など、
役者畑以外からの大胆な起用が目立ちます。 峯田の演技力、というかスクリーンの中に
おける圧倒的な存在感は、すでに数々の作品で立証済みですが、それよりも驚かされたの
は、くるり・岸田のナチュラルかつルーズな演技! ネイティヴな京都弁も相まって、胡散臭
い家庭教師=ヒッピーを見事に演じきっておりました。 岸田、もっともっと映画に出るべき
だと思う。

そして、隠岐島で出会う『白ビキニ』の美少女・オリーブ役を演じる臼田あさ美のカラダの張り
っぷりには、爆笑を飛び越えて、感動すら覚えます。 ゲロかけられたり、ノーブラで乳首立た
せたり、ヒワイな単語を大声で叫んだり、しまいには陰毛スケスケの水着で渚を駆けたりする
事をいとわない女優が、今、この国にどれだけ居るというのでしょうか?  や、たくさん居たら
それはそれで嫌なモノがありますけど。 とにかく臼田あさ美は、この作品で女優として確実に
ネクスト・レベルに突入した事は間違いありません。  

ケンカに明け暮れるでもなく、スポーツに打ち込むでもなく、女にモテるワケでもない、平凡な
文化系男子=『イヌ』。 劣等感や焦燥感に衝き動かされながら、少しづつ自分自身を発見して
いく彼の姿は、滑稽でブザマで、だからこそ感動的なのだと思います。 この映画を観て泣くか
笑うかは、人として、というか、『男子』として、大きな分水嶺。 不覚にも泣いちゃった人の青春
時代って、きっと超イケてない、モッサリとした季節だったんでしょうね。 でもボクは、そういう人
とこそ、濃く深く付き合っていきたいんだっ。 だって…ボクも泣いちゃった側の人間なんだもん! 続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/09/12(土) 12:04:22|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:6
  4. | コメント:4

鈴木美生 あべこうじ / 机のなかみ

みうらじゅん
ワケもなくみうらじゅん


毎度です。ギャグ漫画ゲリラ、中川ホメオパシーの淫行条例担当、ブロッケンです。

あべこうじ鈴木美生主演の映画『机のなかみ』を観ました。

クラムボンが主題歌という事で、以前から気にはなっていたのですが、渋すぎるキャストが
ネックとなり、観るのを後回し後回しにしていたこの映画。  確か、『夜のピクニック』も
同様の理由で後回しにしていたような気が。
で、ようやく重い腰を上げて観たんですけど…いやぁ、すンごい良かった。
つうかアレですな、キャストとか監督とかで作品を判断しちゃイカンですな。

一言で言ってしまえば、大学受験を目前に控えた女子高生・望月望(鈴木美生)と、彼女に
すっかり魅了されてしまった家庭教師の馬場(あべこうじ)、それぞれの想いや秘密やカン違い
が錯綜するストーリーに『木更津キャッツアイ』方式というか『レザボア・ドッグス』方式を
導入したラブコメ映画、といった趣でしょうか。

前半は家庭教師(あべこうじ)の視点で物語が進んで行き、ある決定的なバッド・エンドを
迎えると同時に時間が巻き戻され、今度は望(鈴木美生)の視点で再び物語が進んで行く。
これにより、前半の段階では意味不明に思えた行動の理由が明らかになったり、それぞれ
無関係に配置されているように見えた登場人物の意外な繋がりが見えて来るなど、単なる
ラブコメでは味わえない、多面的な面白味がありました。

加えてあべこうじの粘っこいキャラと鈴木美生の初々しい可憐さのコントラストが、より一層
物語をコミカルに、そしてカオティックなものにしています。 つうかあべちゃん、ネタやってる時と
ほぼ一緒じゃないスか。 もうね、素直にキ・モ・イ。 しかし、このキモさとKY加減が絶妙に
活かされているシナリオだと思います。 ナイス適材適所。

それにしても、受験を目前に控えてるっつうのに、すぐベッド脇に腰掛けて望の手相をみたり
するあべこうじのエロ教師ぶりに、思わず我らが岡村靖幸ちゃんの歴史的傑作、タイトルも
ズバリ『家庭教師』を連想してしまいました。  宿題しなベイベー。

一方、望月望役の鈴木美生ちゃんがまたカワイイんだ。舌っ足らずなしゃべり方&クリクリと
した瞳で見つめられちゃあ、あべちゃんでなくともコロッとイカレちゃいますよ、ええ。
しかもッ!憧れの男子を思いながら、ボールペンの先端で自慰(!)に耽ったり、半ケツ見せたり、
鼻血まみれで夜の県道沿いを彷徨ったりと、およそ清純なイメージからは程遠い、体当たりの
演技に挑戦しております。 いやぁ、眼福眼福。

傑作!と声高に叫ぶほどではありませんが、ボク的にはかなり満足の1本。 オススメです。

◆◆オーラル学園 更新情報◆◆
・のらネコミック - 183 ・アワビさん - 249

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/08/08(土) 12:17:13|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

瑛太 濱田岳 関めぐみ / アヒルと鴨のコインロッカー

ストロング金剛
ワケもなくキラーカーン


どうも。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの赤い羽根募金担当、ブロッケンです。

伊坂幸太郎原作『アヒルと鴨のコインロッカー』を観ました。 
以前からずっと『妙ちきりんなタイトルだなァ』と、気になってはいたのですが、これが
非常に面白かった。 チキショウ、もっと早く観とけば良かったッス。

ボブ・ディラン』、『ブータン』、『HIV』、『動物虐待』、そして『アヒルと鴨』。
てんでばらばらなこれらのキーワードが、やがてひとつの物語に収瞼していくシナリオは
ただただ素晴らしいの一言。 一体どうやったらこんなストーリーが思いつくんでしょう?

上に挙げたキーワードの中でも、とりわけ『ボブ・ディラン』、そして彼の曲『風に吹かれて』が、
非常に重要な役割を果たします。 ディランの曲が日本映画の主題歌として使用されるのは
みうらじゅん原作/田口トモロヲ監督による『アイデン&ティティ』に続き、二回目ですね。

アイデン&ティティ』と、この『アヒルと鴨のコインロッカー』のいずれの作品においても、
ディランは『神様』として登場するというのは、なんとも奇妙な、けれど納得のいく偶然です。
なんてったって、あのビートルズ、とりわけジョン・レノンにすら多大な影響を与えちゃうヒト
ですからね。 僕的にはロックの神様っつうよりも、ゴッド・ファーザーっつうイメージですが。

主演は濱田 岳瑛太、そして関めぐみ濱田 岳の演技って、『プロポーズ大作戦』の頃から
思ってたんですけど、すっごい自然ですよね。 演じてる感が全然無くって。 
それに対して瑛太の演技は、何だかぎこちなくて、朴訥すぎるよなァなんて思いながら
観ていたんですけど、実はそれすらも物語の伏線だったんですね。 いやはや、ハット・オフ。

とにかく、こんなに良く出来た映画、なかなか無いと思います。  超オススメって事で。

◆◆オーラル学園 更新情報◆◆
・アワビさん - 248 ・アシッドちゃん - 334 ・のらネコミック - 182

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/08/01(土) 11:42:01|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:24
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。