中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オダギリジョー 三浦友和 吉高由里子 / 転々

河童
ワケもなく河童


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのへらちょんぺ担当、ブロッケンです。


三木 聡脚本・監督の映画『転々』を観ました。

ある日、うだつの上がらない大学8年生の竹村(オダギリジョー)のもとへ借金取りの男・
福原(三浦友和)がやって来る。 金を返すあてのない竹村に福原は、“東京散歩に付き
合えば、借金を肩代わりしてやる”と持ちかける。目的地は霞ヶ関。 とりとめもなく歩い
ていく内に、竹村と福原の間に奇妙な絆が芽生えて行く…というあらすじ。

時効警察』、『亀は意外と速く泳ぐ』でおなじみの三木 聡ワールド全開の脱力系ロー
ド・ムービーといった趣の今作、相も変わらず小ネタと緊張感の無いギャグが目白押し
です。岸部一徳にまつわる都市伝説とか、そんなん本編と1ミリも関係ねえじゃんって
感じですよね。 主役のオダギリジョーをはじめ、岩松 了ふせえり笹野高史など三
木作品に縁の深いキャストもズラリ勢揃い。 友情出演として麻生久美子が『時効警察
の三日月しずか役でチョイッと出演するのもファンには嬉しいトコロですね。

『東京の街は風景が変化に富んでるから、散歩向きなんだよ』という三浦友和のセリフの
通り、目まぐるしく表情を変えていく東京の路地から路地へと文字通り“転々”と歩いていく
道すがら、不意にこの散歩の本当の目的が明かされるワケですが、実はそれがとんで
もなく重たい内容なんですよね。 にもかかわらず物語はちっともシリアスな展開を見せ
ずに、最後までユル~い小ネタを基調として進んで行く辺りが面白くもあり、妙にせつな
くもあります。

吉高由里子演じる不思議少女・ふふみちゃんも反則級の可愛らしさ。 アレですよね、こ
ういったバカそうなコの役を演じさせたら、吉高由里子は本当に上手いですよねェ。ちな
みに、バカサイドの吉高由里子を存分に堪能したい!というアナタには、迷わず『紺野さ
んと遊ぼう
』っつう作品をオススメします。 もうね、説明すんのがアホらしくなる位バカな
ドラマ(なのかアレは?)なんだぁ。

で、『転々』の話に戻りますけど、この映画、ラストがすっごいドライっつうか、ほとんど
余韻みたいなものを残さないで唐突に終わるんですよね。 やり方次第では、いくらで
も感動的な方向に持っていけるのに、あえてそうしない三木監督の選択は、実に正しい
と思います。 安易な共感やら感動のクライマックとやらが観たけりゃ、他を当たってくれ
っつう事なんでしょうね。 う~ん、シビレる(*゚∀゚)=3ハァハァ

bannermono.gif

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/12/08(火) 17:23:45|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

加瀬 亮 オダギリジョー 栗山千明 / スクラップ・ヘブン

勝訴
ワケもなく勝訴


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの岩谷テンホー担当、ブロッケンです。
李相日 (リ・サンイル)監督の映画『スクラップ・ヘブン』を観ました。 

警察官のシンゴ(加瀬 亮)は、ピンチの時に颯爽と現れて、凶悪犯に手錠をかける―そんな
“正義の味方”になる事を夢想しながらも、ただただ退屈な事務処理をこなすだけの平凡で
単調な日常を送っていた。 しかし、ある日突然、平凡な日常は打ち砕かれる。 シンゴの
乗っていたバスがジャックされてしまったのだ。 乗り合わせていたのはテツという名の若い
男(オダギリジョー)と、片眼が義眼の女・サキ(栗山千明)。 それは、シンゴにとってまさしく
夢にまで見たシチュエーションのハズだった。 しかしシンゴは、何一つ出来なかったのだ…。
三ヵ月後、シンゴとテツは再会する。 社会や職場、そして自分自身に対する苛立ちをぶち
まけるシンゴ。それに対し、テツが『想像力が足んねえンだよ』と一言。 テツの一言に触発
されるようにして、2人はあるゲームを思い付く。それは『復讐の代行』だった…というあらすじ。

クソみたいな社会と、そこに生きるクソみたいな連中に想像力を取り戻すべく始まった復讐
代行ゲームが、やがてゲームの範疇を逸脱し、ついには取り返しのつかない大惨事を引き
起こしてしまいます。 文字通り“ゲーム感覚”で、次々と依頼をこなして来た二人は、ここに
来て初めて、自分達にも想像力が欠如していた事を知るに至るワケですね。 まさに因果応報。

ここでテツ(オダギリジョー)が、罪の意識におののくシンゴ(加瀬亮)に言い放った『シンゴ…
いい加減お前も、こっちのテリトリーに来いよ』という一言が、とても印象的でした。 

想像力だ、世直しだといい気になってた割に、いざ自分の立場が危うくなってきた途端、
顔色を変えてあわてふためくシンゴもまた、テツにとっては“クソみたいな人間”に過ぎな
かったという事なのかもしれません。 


極論になりますが、クソみたいな世界を一瞬で消し去るためには、やはり地球規模のテロか、
もしくは自殺の二択しかないんだと思います。 そのいずれか一つを、いさぎよく選び取る事も
出来ないまま、ぼんやりと物語を終えるシンゴは、とても中途半端でブザマです。 
 
そんな彼の姿を見て、幻滅や軽蔑の視線を注ぐか、はたまた強烈なシンパシーを抱くかは、
大きく意見の分かれるトコロかと思いますが、ボクは思いっきりシンパってしまいました。

根っからのルーザー体質の方々には激しくオススメ!それ以外の方々にはウ~ム…って
感じの1本ですが、ボク的には断固支持。 つうか、李相日監督の映画は全部素晴らしいッス。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/09/20(日) 18:24:04|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オダギリジョー 香川照之 / ゆれる

パーマン
ワケもなくパチモン


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの電動コケシ担当、ブロッケンです。

西川美和監督・脚本による映画『ゆれる』を観ました。 素晴らしかった。

東京でカメラマンとして活躍する早川猛(オダギリジョー)が、母親の法事の為、久しぶりに
山梨の実家に帰省する。 その夜、猛は、兄・稔(香川照之)の経営するガソリンスタンドで働
いていた昔の恋人・智恵子(真木よう子)と再会、そのまま一夜を共にする。
あくる日、猛と智恵子と稔はドライブがてら渓谷へと向かう。 猛がひとり、写真を撮っている
時、智恵子がゆれる吊り橋から転落して死んでしまう。 その時、智恵子の隣りに居たのは
稔だけだった。 果たして、吊り橋の上で何が起こったのか…?というあらすじ。

この『ゆれる』というタイトル、『ゆれる吊り橋』にかかっているのはいうまでもなく、『裁判が
進むにつれて微妙にゆらいでいく、猛と稔の心模様』にもかかっているんですね。

退屈な田舎町を飛び出して、東京でカメラマンとして成功を収め、カネにも女にも何ら不自由
しない、『イケてる男』のサンプルの様な弟・オダギリジョーと、田舎のガソリンスタンドで働く、
誠実さだけが取り柄のような冴えない兄・香川照之のコントラストがあまりにもリアルで残酷。

智恵子の死後、稔が心の奥底に押し込めて、表に出さないようにしてきたルサンチマンが
一気に爆発するシーンがあるんですけど、稔のキモチ、分かるなァって感じです、ボク。

真面目にコツコツやってる人間が必ずしも報われないのが、世の悲しい常ですが、その不条
理から解き放たれて、束の間の夢や希望を垣間見せ、観客にカタルシスをもたらすのが、映
画の役割のひとつだと思います。  しかし、この『ゆれる』にはそういったカタルシスは皆無。

にもかかわらず、この作品が多くの観客に賛辞をもって迎え入れられたのは、人間の弱く儚い
絆のゆらぎが、誰にも身に覚えのある痛みとして、共感を喚起したからではないでしょうか。

…話がいささか観念的になってまいりましたので、ここら辺でやめときますが、この『ゆれる
は、予定調和のハッピーエンドに向かって収瞼していく娯楽映画では味わえない、ズッシリと
した感慨を得る事の出来る、数少ない傑作だと思います。  ぜひとも。


続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/09/05(土) 11:30:09|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オダギリジョー 麻生久美子 / たみおのしあわせ

白黒アワビ
アワビさん - 240

どうも。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの悪だくみ担当・ブロッケンです。

先日、映画『たみおのしあわせ』を観ました。

オダギリジョー×麻生久美子×岩松了という、この黄金のトライアングル。
『時効警察』の大ファンとしては、見逃すワケにはいきますまい。

で、感想。 良かったです。 『時効~』的な、とぼけたユーモアこそ
希薄でしたが、それとはまた違う味わい深さがありました。   

オダギリジョーが、お見合い相手の麻生久美子と一緒に靴屋に行き、
彼女の見立てで靴を買って、その場で履き替えるっていう場面があるんです。 
で、その日の夜、オダギリジョーは麻生久美子の方から逆にプロポーズされる、と。
オダギリジョーは嬉しさと興奮のあまり、猛ダッシュで家に帰って来るんですけど、
息を切らしながら、でも満面の笑顔で、父親役の原田芳雄に向かって、

『こんな走りやすい靴…初めてだよ』

って言うんです。 これ、すっごくイイ台詞ですよね。 で、すごくリアルだと思います。

嬉しい事があって、『嬉しい!』って思いっきり叫びたいんだけど、照れやら恥ずかしさ
やらっていう諸々の感情のせいで、ついつい思ってる事と全然違う言葉が、はからずも
口をついて出ちゃうって経験、ありますよね。 前述の場面は、そういった微妙な心模様を
実にリアルに表現しているなぁって思ったです、ハイ。

ジャズ・パンク・バンド『勝手にしやがれ』の歌うエンディングテーマも、超クールでした。

勝手にしやがれ、今年のライジングサンに来るんですよ。 つうか絶対観る!って感じ。


★ オーラル学園 更新情報 ★

・アワビさん - 240   ・アシッドちゃん - 311

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

  1. 2009/04/29(水) 00:23:31|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。