中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

柏原収史 前田愛 吉川ひなの / カミュなんて知らない

火気厳禁
ワケもなく火気厳禁


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの小沢健二担当、ブロッケンです。

柳町光男監督の映画『カミュなんて知らない』を観ました。 ブッ飛びましたね。

2000年に愛知県で実際に起きた老婆刺殺事件をモチーフに自主制作映画を撮ろうと
する映像ワークショップの大学生達(柏原収史前田愛中泉英雄 他)。 しかし、
足並みの揃わないスタッフ同士のいさかいが混乱を招き、やがて現場は徐々に狂気
の渦に飲まれていく…というあらすじ。

題名にあるカミュとは、フランスの小説家、アルベール・カミュから取られたもの
で、彼の代表作『異邦人』の中で主人公・ムルソーが犯した不条理な殺人の動機に
ついて、“太陽が眩しかったから”と答えた一節はあまりにも有名です。

現場スタッフのてんでばらばら加減といったら、観ているこっちまでうんざりする
位に惨憺たるもので、監督役の柏原収史はストーカー気質の恋人・ユカリ(吉川ひ
なの
)に執拗に付きまとわられるわ、前田愛は恋人(玉山鉄二)が登山キャンプに
行ってるスキに色んな男にフラフラとよろめくわ、急遽自主映画の主演を務める事に
なった風変わりな演劇青年・池田(中泉英雄)は、実は幼少期に性的虐待を受けてる
わ、おまけに担当教授役の本田博太郎も、キャンパス内でダンスの練習に励む黒木
メイサ
に夢中で自主映画どころじゃないわで、もう滅茶苦茶。混乱の原因のほとんど
が色恋沙汰ってのが、いかにもモラトリアム期の学生らしいというか何というか…。

そんなカオス丸出しな連中が撮ろうとしてるのが“不条理殺人”を題材にした映画
だってんだから、こりゃもうエロスとタナトスの人間交差点状態。 こみあげるエゴ
とリビドーと殺人の衝動が幾重にも交錯し、徐々にゆらいでいく倫理。やがて自主
映画の世界に引きずられていくようにして、一人、また一人と狂気に蝕まれていく
様子が実にリアルでイヤ~ンって感じ。 管弦楽サークルの生徒達が三々五々に
楽器を吹き鳴らし、校舎内に不気味な不協和音が響きわたる中での一幕などは、
正気から狂気へとスライドして行く彼等の心の移ろいを、うまく表現しております。

そして、極めつけはラストシーンの衝撃! これはもうボクなんかが言弁を弄した
ところで、その凄まじさが伝わるものでもないと言うか、とにかく実際に体験して
頂くのが一番かと思います。良くも悪くも、ここまで鮮烈に脳裏に“焼き付く”ラスト
シーンは、そうそう無いんじゃないかと。 子供が観たらトラウマ必至ですぞ。

最後に余談ですが、この『カミュなんか知らない』は、冒頭からいきなり5分を越え
長回し(カット割りせずに一度に撮影する事)のシーンで始まるのですが、そこに
相米慎ニの「ションベンライダー」の長回しが○分○秒で…』などと語り合う映画
オタクが登場するんです。長回しのシーンの最中に、長回しについて語るなんて、
何とも粋じゃありませんか。ちなみに映画オタクの役を演じるのは『チルソクの夏
にも出演していたスズキジュンペイ君。彼って、どことなく『悔しいです!』でおなじ
みのザブングル・加藤に似てるような。 似てないような。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/01/19(火) 17:31:08|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

水谷妃里 上野樹里 / チルソクの夏

!?
ワケもなく巨大化


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの佐木飛朗斗担当、ブロッケンです。

佐々部清脚本・監督の映画『チルソクの夏』を観ました。 イイ映画でしたね。

時は1977年。 日韓親善陸上競技大会をきっかけに知り合った遠藤郁子(水谷妃里)とア
ン・デホ(スズキジュンペイ)は、淡い恋心を寄せ合う仲となる。そして来年の大会で再会
する事を約束した二人は、海を越えた文通を開始する…というあらすじ。

チルソク”とは、韓国語で“七夕”という意味。一年後の再会を心待ちにする郁子とア
ン君は、さしずめ朝鮮海峡に隔てられた織姫と彦星というワケです。

それはさておき、主演の水谷妃里の父親を演じるのが、あの“みちのくひとり旅”でお馴
染みの山本譲二氏なんですけど、そのジョージの職業ってのが、なんと流しの歌手(!)
だってんだからテンション急上昇。しかし、カラオケの登場により徐々に仕事の場を奪わ
れていくジョージ。で、腹いせに店のカラオケの機械をブッ壊して、逆にヤクザに路上で
袋叩きに遭うジョージ。Vシネじゃねえんだから。その際、お返しとばかりに商売道具の
ギターをヘシ折られちゃうんだけど、その後で山本譲二がポツリと呟いた『こんな商売…
もう終(しま)いじゃあ…』って一言、これが良かった。個人的にはこの一言が、今作におけ
る最大の収穫でございます(*´▽`*)

そんなキャラ立ち全開の父に対して、娘であり今作の主人公でもある遠藤郁子役の水谷
妃里
の影の薄さといったら! 明らかに物語の中核を担っているにもかかわらず、何故か
香り立つ脇役のオーラ。つうか実際に、水谷妃里よりも同級生役の上野樹里の方が圧
倒的に存在感があるんだもん。この頃の上野樹里って、世間的にはまだまだ無名だった
頃で、現在よりも全然垢抜けてないにもかかわらず、水谷妃里よりもはるかに目立ってい
るという珍現象。 うーむ。 何かこう、モヤモヤしたものが残るキャスティングではあります。

先程述べた“流しの歌手”や“文通”等々、現代日本から失われてしまった情緒溢れる文
化・風俗が数多く登場するのも今作の見所のひとつ。他にも、夜のベランダに立って、
口百恵
の“横須賀ストーリー”を仲良し四人組で合唱する場面なども、誰しもが流行歌を
口ずさむ事の出来たこの時代ならではのエピソードと云えるでしょう。 価値観の多様化
を極めた現代において、クラスメイト全員が口ずさめるヒット曲なんて、もはや皆無に等
しいですからね。 

また、この映画ではイルカの『なごり雪』が物語の重要な役割を担いますが、イルカ本人
も担任教師役でチョイっと出演しております。 物語終盤、アン君が日韓交流会のステー
ジ上で、この歌を水谷妃里に向けて歌うんですよ。日本語の歌を歌う事を禁じられていた
当時の韓国の時代背景と照らし合わせて考えた時、これはかなり勇気ある行動であり、非
常に感動的な場面…のハズなんですけど、アン君のカタコトの日本語で歌われる『なごり
』が妙におかしくって、思わず大爆笑しちゃいました。 うーん、駄目なボク。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/01/12(火) 17:30:23|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:5
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。