中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

瑛太 濱田岳 関めぐみ / アヒルと鴨のコインロッカー

ストロング金剛
ワケもなくキラーカーン


どうも。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの赤い羽根募金担当、ブロッケンです。

伊坂幸太郎原作『アヒルと鴨のコインロッカー』を観ました。 
以前からずっと『妙ちきりんなタイトルだなァ』と、気になってはいたのですが、これが
非常に面白かった。 チキショウ、もっと早く観とけば良かったッス。

ボブ・ディラン』、『ブータン』、『HIV』、『動物虐待』、そして『アヒルと鴨』。
てんでばらばらなこれらのキーワードが、やがてひとつの物語に収瞼していくシナリオは
ただただ素晴らしいの一言。 一体どうやったらこんなストーリーが思いつくんでしょう?

上に挙げたキーワードの中でも、とりわけ『ボブ・ディラン』、そして彼の曲『風に吹かれて』が、
非常に重要な役割を果たします。 ディランの曲が日本映画の主題歌として使用されるのは
みうらじゅん原作/田口トモロヲ監督による『アイデン&ティティ』に続き、二回目ですね。

アイデン&ティティ』と、この『アヒルと鴨のコインロッカー』のいずれの作品においても、
ディランは『神様』として登場するというのは、なんとも奇妙な、けれど納得のいく偶然です。
なんてったって、あのビートルズ、とりわけジョン・レノンにすら多大な影響を与えちゃうヒト
ですからね。 僕的にはロックの神様っつうよりも、ゴッド・ファーザーっつうイメージですが。

主演は濱田 岳瑛太、そして関めぐみ濱田 岳の演技って、『プロポーズ大作戦』の頃から
思ってたんですけど、すっごい自然ですよね。 演じてる感が全然無くって。 
それに対して瑛太の演技は、何だかぎこちなくて、朴訥すぎるよなァなんて思いながら
観ていたんですけど、実はそれすらも物語の伏線だったんですね。 いやはや、ハット・オフ。

とにかく、こんなに良く出来た映画、なかなか無いと思います。  超オススメって事で。

◆◆オーラル学園 更新情報◆◆
・アワビさん - 248 ・アシッドちゃん - 334 ・のらネコミック - 182
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/08/01(土) 11:42:01|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:24
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。