中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

峯田和伸 黒川芽以 松田龍平 / ボーイズ・オン・ザ・ラン

モヒちゃん
ワケもなくモヒカン


『ボーイズ・オン・ザ・ラン』


《あらすじ》
うだつの上がらないダメサラリーマン・田西敏行(峯田和伸)は、弱小玩具メーカーに勤め
る29歳。 商品企画部の同僚・ちはる(黒川芽以)に淡い恋心を寄せているが、どうアプロ
ーチしていいかわからない。 そこで彼は営業先で知り合った大手ライバルメーカーのエ
リート営業マン・青山(松田龍平)に相談を持ちかける。 青山の手ほどきで少しずつ距離
を縮めていく田西とちはる。 しかし、風邪で寝込んでいるちはるを見舞いに行った田西は
そこで決定的な過ちを犯してしまう…。 監督・三浦大輔。 


《極私的見解》

・ うう…これは痛い! 痛すぎて直視してらんない位におぞましい青春&性春模様が眼前
でこれでもかと言わんばかりに繰り広げられる壮絶な作品です。 いや僕もね、いままで映
画を観て感動したり哀しかったりして涙を流した事は多々ありましたが、悔し泣きさせられ
たのはこの『ボーイズ・オン・ザ・ラン』が初めてでございます。 哀号!

・ 弱小玩具メーカーに勤める29歳のイケてないダメ男・田西敏行を演じるのは峯田和伸
青春と性春にまつわる衝動と焦燥を歌わせたら当代一の彼が 今作の主演を務めるという
のは、“幸福な結婚”としか言いようのない程のハマりっぷり。 すでに峯田氏は『アイデン
&ティティ
』や『色即ぜねれいしょん』等で、役者としても確固たる存在感を放っておりまし
たが、その評価は今作をもって決定的なものとなったのではないでしょうか。  もはや『
杏BOYZ
のフロントマン』というエクスキューズを全く必要としないほど、一人の優れた役
者として彼は 劇中で思いきり泣き笑いしておりました。あ、でもカラオケで岡村孝子の『
をあきらめないで
』を取り憑かれた様に熱唱するさまは、紛れもなくパンクシンガー・峯田
和伸
に戻ってましたけど(´∀`)

・ そんな峯田演じる田西クンが恋心を寄せる同僚のOL・植村ちはる役の黒川芽以が醸し
出す天然のエロスが、もう大変な事になっております。 かつてケラリーノ・サンドロヴィ
ッチ
監督の映画『グミ・チョコレート・パイン』においても、冴えない童貞男子のエロ妄想
を一手に引き受けるかの様なキャラクターを演じていた彼女ですが、グミチョコにおけるエ
ロスとは、所詮童貞ティーンエイジャーの想像の域を出ないような、言ってしまえば“可愛
げのあるエロス”だったワケですが、どっこい今作における黒川芽以のエロスは圧倒的な
リアルさをもって観る者(主に男子)の股間に訴えかけてくる、いわば“今そこにあるエロス”
なのです。…ナニ言ってるか自分でもちょっと怪しくなってまいりましたが、要はまぁそんぐ
らいヤバイって事よ。 つうかまさか黒川芽以のクチから『フェ○チオ』なんつう淫語が聞け
るとは思わなかっただよ。ちなみに先述した『グミ・チョコレート・パイン』には、峯田もAV
男優役でチョロッと出演しております。 性春あるトコロに峯田アリ、ですな。

・ で、田西が営業先で知り合うエリート営業マン・青山(松田龍平)ですよ。 俺ァこいつが
憎くて憎くてかなわん。 てゆうか『テメーブッ殺す!』ってな感じで劇中のキャラに殺意を
抱いたのって、実はすごく久しぶりな気がします。 そこまで感情を強く揺さぶられたって
事は、つまり演出や脚本の妙もさる事ながら、松田龍平の芝居に、観てるコッチがすっか
り乗せられてしまってたというワケですよね。 『恋の門』の頃と比べると、俄然演技に深み
と説得力が増したように思えます。 それにしてもこの青山って男、マジでムカつく。 好き
な女をゲーム感覚で横取りして、孕ませて、あまつさえリベンジを果たしに来た田西を逆
にボコボコにしちゃうんだもん。 圧勝ならぬ圧敗じゃないスか。 わしゃもう悔しゅうて悔し
ゅうて涙が…涙が止まらんかったとですよ! 

・ といった具合に、次から次へと救いの無い展開が押し寄せる『ボーイズ・オン・ザ・ラ
』ですが、そんな痛々しいドラマの中にあって、唯一の救いと云えるのが、田西を取り
巻く玩具メーカーの同僚や上司が垣間見せる“大人の優しさ”ではないでしょうか。 とり
わけリリー・フランキー演じる寡黙な社長・斎田のひと言『田西はクビにはさせません。
思う存分やってもらいます』はジーンと来たなァ。 『紅の豚』じゃないですけど、カッコイ
イとはこういう事をいうんだよなァなんて、しみじみ感じ入った次第です。 

・ そして今作の主題歌が銀杏BOYZの書き下ろした同名曲『ボーイズ・オン・ザ・ラン
なワケですが、何一つ報われる事のないまま結末を迎えた映画のラスト、モヒカン頭の田
西が傷だらけで駆けてゆくバックでこの曲が流れ出した瞬間、えもいわれぬ興奮と感動が
こみ上げて来ます。 不甲斐無さと敗北感と喪失感、そして無尽蔵のリビドーを抱えながら
『もう遅いか?』『もう一丁だ』とギリギリの自問自答を繰り返すこの曲は、この先いつまで
も世界中のダメ男子のハートを揺さぶり続けるに違いありません。 つうかこの曲を聴いて、
そしてこの映画を観て涙した男子!  君はきっと俺と親友になれるぜ! 

  
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/10/05(火) 14:05:20|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:7
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。