中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

伊勢谷友介 菊地凛子 松尾スズキ / 図鑑に載ってない虫

野村
ワケもなくノムさん


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのおせち料理担当、ブロッケンです。


三木聡脚本・監督の映画『図鑑に載ってない虫』を観ました。 

雑誌編集者の俺(伊勢谷友介)は、死語の世界がどんなものなのか、実際に一度死んで
取材して来いというメチャクチャな依頼を受け、知り合いのアル中・エンドー(松尾スズキ)と
リスカ癖のある元SM嬢・小夜子(菊地凛子)と共に“死にモドキ”という虫を探し始める。
死にモドキをじわじわと水で溺れさせ、その時に発する体液を飲めば、一度完全に心臓が
停止した後、再び蘇生するらしいのだが…というあらすじ。

よく“随所に小ネタを散りばめた”なんて表現を耳にする事がありますが、この『図鑑に
載ってない虫
』は“小ネタを散りばめた映画”ではなく、ズバリ“小ネタばっかの映画”
です。核心よりも周辺、幹よりも枝葉に強い執着を見せるのが三木聡監督の芸風であり、
彼の全作品に通底する、いわば哲学と言えるのですが、その中でも今作は飛び抜けて
蛇足指数の高い一本。ストーリーを展開させる上で必要な情報と本筋に無関係な情報の
割合がおよそ3:7ってトコロでしょうか。タランティーノだってそこまでやんねぇだろって
位に無駄・無意味・無益のオン・パレード。 “床にブチ撒けた塩辛がニコラス・ケイジ
顔に見える”だの“電話ボックスにビッシリ貼られた風俗のチラシがモナリザの顔に見え
る”だのといった、狂人の寝言スレスレの小ネタを絶え間なく浴びている内に、感性のネ
ジがバカになって行く様な、ダラシの無い快感がひしひしとこみあげて来ます。

また“脇役のキャラがあまりにも濃すぎて、主役の存在感が薄れてしまう”というのが三
木作品の特徴ですが、今作もその例外ではありません。松尾スズキ岩松了ふせえり
松重豊村松利史森下能幸笹野高史といった超・個性派キャスト陣の怪演に、
伊勢谷友介、思いっきり喰われちゃってます。 

さらに“乞食の巣”だとか“菊地凛子の手首のリスカの痕を利用してワサビをすりおろす”
といった、極めてダークかつ不謹慎なネタを、他のしょうもない脱力ネタの中にしれっと
織り交ぜてくるのが今作の最大のポイント。 つうかボク、ためらい傷をネタにして笑いを
取りに来る映画なんて、生まれて初めて観ましたよ。 他にも松重豊がカンボジアで出逢
った恋人が、意味もなく浜辺で地雷を踏んで爆死(!)したり、美人編集長役の水野美紀
屁をこいた拍子にウンコを漏らしたりと、もう何でもアリ状態。 カンボジア=地雷=爆死と
いう極めて安直な発想を躊躇する事なくギャグに転化してしまう、その無邪気な感性がた
まりません。

ちゃんとした映画を“作れない”のではなく“作りたくない”三木監督の心意気と執念が
炸裂した最高にデタラメな一本。 決して万人受けするユーモア感覚だとは思いませんが、
ボクは断固支持です。 ガッテンガッテン!
 
最後に余談なんですけど、ウィキペディアによれば松尾スズキ演じるアル中の男・エンドー
って、実はドラマ『時効警察』にもさりげなくゲスト出演しているんですって。 マジかよ。
早速今から録り貯めといた『時効警察』をチェックしてみよっと。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/12/31(木) 17:48:09|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

オダギリジョー 三浦友和 吉高由里子 / 転々

河童
ワケもなく河童


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのへらちょんぺ担当、ブロッケンです。


三木 聡脚本・監督の映画『転々』を観ました。

ある日、うだつの上がらない大学8年生の竹村(オダギリジョー)のもとへ借金取りの男・
福原(三浦友和)がやって来る。 金を返すあてのない竹村に福原は、“東京散歩に付き
合えば、借金を肩代わりしてやる”と持ちかける。目的地は霞ヶ関。 とりとめもなく歩い
ていく内に、竹村と福原の間に奇妙な絆が芽生えて行く…というあらすじ。

時効警察』、『亀は意外と速く泳ぐ』でおなじみの三木 聡ワールド全開の脱力系ロー
ド・ムービーといった趣の今作、相も変わらず小ネタと緊張感の無いギャグが目白押し
です。岸部一徳にまつわる都市伝説とか、そんなん本編と1ミリも関係ねえじゃんって
感じですよね。 主役のオダギリジョーをはじめ、岩松 了ふせえり笹野高史など三
木作品に縁の深いキャストもズラリ勢揃い。 友情出演として麻生久美子が『時効警察
の三日月しずか役でチョイッと出演するのもファンには嬉しいトコロですね。

『東京の街は風景が変化に富んでるから、散歩向きなんだよ』という三浦友和のセリフの
通り、目まぐるしく表情を変えていく東京の路地から路地へと文字通り“転々”と歩いていく
道すがら、不意にこの散歩の本当の目的が明かされるワケですが、実はそれがとんで
もなく重たい内容なんですよね。 にもかかわらず物語はちっともシリアスな展開を見せ
ずに、最後までユル~い小ネタを基調として進んで行く辺りが面白くもあり、妙にせつな
くもあります。

吉高由里子演じる不思議少女・ふふみちゃんも反則級の可愛らしさ。 アレですよね、こ
ういったバカそうなコの役を演じさせたら、吉高由里子は本当に上手いですよねェ。ちな
みに、バカサイドの吉高由里子を存分に堪能したい!というアナタには、迷わず『紺野さ
んと遊ぼう
』っつう作品をオススメします。 もうね、説明すんのがアホらしくなる位バカな
ドラマ(なのかアレは?)なんだぁ。

で、『転々』の話に戻りますけど、この映画、ラストがすっごいドライっつうか、ほとんど
余韻みたいなものを残さないで唐突に終わるんですよね。 やり方次第では、いくらで
も感動的な方向に持っていけるのに、あえてそうしない三木監督の選択は、実に正しい
と思います。 安易な共感やら感動のクライマックとやらが観たけりゃ、他を当たってくれ
っつう事なんでしょうね。 う~ん、シビレる(*゚∀゚)=3ハァハァ

bannermono.gif

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/12/08(火) 17:23:45|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

佐藤隆太 市川実日子 / ダメジン

伐採
ワケもなく森林伐採


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの館ひろし担当、ブロッケンです。

三木 聡監督の映画『ダメジン』を観ました。  

…この作品、ストーリーを要約すんのが超ムズカシイなぁ。 つうかこの映画に関して言えば、
ストーリーなんざ単なる飾りというか、あってもなくってもオッケーの世界なんだと思います。
『個性的』などという、およそ個性に欠ける形容では到底説明のつかないような濃い~キャラ
クター達が、ダラダラと、しかし絶妙の間で脱力ネタ(やや病的なのがポイント高し)を次々と
繰り出すさまを、一緒ンなってダラダラ、ニヤニヤしながら楽しむ…ってのが、最もこの映画に
ふさわしい接し方なんじゃないかな、と。 つうか三木 聡監督の作品って、概してそういう構造
ですよね。  常に優先すべきは“緊張”よりも“弛緩”、そして“本質”よりも“周辺”というか。

映像特典のインタビューでの、三木監督の『自分は“ゴジラ”みたいな作品は撮らないけど、
もし仮に撮るとしたら、ゴジラの屍骸をグルリと囲んだ連中が、“この屍骸…どうしよっか?”
って、途方に暮れながらアレコレ知恵を出し合う、みたいな方向に行くと思う』というコメントに、
彼の創作に対する姿勢というか、哲学みたいなものが凝縮されていると思います。

緋田康人、温水洋一、片桐はいり、笹野高史、岩松了、ふせえり、村松利史、嶋田久作…と、
列挙しているだけで射精してしまいそうな特濃キャスト陣。 佐藤隆太、主役なんだけど完全に
喰われちゃってます。 他にも市川実日子がヤクザと付き合ってるトルエン中毒の役だったり、
そのトルエンの影響で時折見える幻覚の役が伊東美咲(!)だったり、何気に岡田眞澄の生前
最後の映画出演作だったりと、とにかく見どころの多いキャスティング。 個人的には笹野高史
の“猫じじい”が衝撃的でしたね。 彼の『インドには…ムードがある』という一言には心底シビれ
ました。 この先も事ある毎にフラッシュバックしそうな、まさにムード満点の名言でございます。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/10/03(土) 12:45:16|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。