中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

市原隼人 谷村美月 / 神様のパズル

?
ワケもなく不審者

どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのペ・ドゥナ担当、ブロッケンです。

三池崇史監督の映画『神様のパズル』を観ました。

ロックをこよなく愛する寿司屋見習いの綿貫基一(市原隼人)は、急遽タイに留学して
しまった双子の弟・喜一に大学で代返をして欲しいと頼まれる。 しかし、担当教授の
鳩村(石田ゆり子)から、不登校の天才少女・穂瑞サラカ(谷村美月)をゼミに参加させ
て欲しいと頼まれた基一はしぶしぶサラカの家に行く事に。そこで、基一が不意に発し
た“宇宙をつくる事ができるのか?”という問いに興味を示したサラカ。果たして基
一とサラカは、本当に宇宙を作り出す事が出来るのだろうか…?というあらすじ。

この映画には『対称性のやぶれ』、『ひも理論』、『反物質』といった、宇宙創造にまつ
わる超難解な概念が沢山出てきますが、はっきし言ってボクにはちんぷんかんぷ
んでした。で、市原隼人演じる綿貫基一も我々と同じくちんぷんかんぷん状態。それ
に対し、天才少女・サラカ(谷村美月)や、黄川田将也石田ゆり子等ゼミの面々が分
かり易く説明してくれるので、ちんぷんかんぷんでも一安心。つうか今作のポイント
は宇宙科学の理論が云々って事よりも、人工授精により生まれ、父親の顔を知らずに
育ったサラカの閉ざされた心の闇が、徐々に狂気を帯びて行くという点にあるので、
ぶっちゃけ理論とかってのは、しっかりと理解できずとも、十分にこの映画を楽しむ
事が出来るんじゃないかな、と。

それはさておき、谷村美月演じるサラカの衣装なんですけど、これがまたそこはかと
なく無防備というかエロいというか。水色地のアディダスのジャージ上下という、体
育の授業みたいな装いなんですけど、ジャージ上の胸元のチャックは思いきりはだけ
ており、その下は胸の谷間が強調されたチューブトップ。エローい。で、ジャージ下
もホットパンツかっつう位にまくり上げていて、スラリとした美脚を惜しげもなく披
露しております。鼻血ブーですわ。その上自分の事を“ボク”とか呼んじゃうんだも
んなぁ。たまらんぜよ~って感じですわ。つうかこんな下世話なトコにばっか目がい
っちゃう俺ってどうなのって感じなんですけど、三池崇史監督も“意図的にエロく
撮った”みたいな事をどっかでおっしゃっていたので、すっかり三池監督の掌(てのひ
ら)の上で踊らされてるってワケですね、ボク(゚ω゚)

この『神様のパズル』、原作小説の方は未読なんですけど、読まずとも“ああ、ここ
は絶対に映画オリジナルなんだろうなァ”っていう場面が多々ありました。何てった
って、鬼才・三池崇史ですからね。あの『DEAD OR ALIVE』を撮ったお方
ですよ。そりゃもう何が起きてもヘンじゃない(確かミスチルでこんな曲があったよう
な)ってな具合に、心の準備は出来ていた…ハズなのに。いやぁ、やられた。谷村
美月
を救いに来た市原隼人が、背中にしょっていたギターをおもむろにかき鳴らし、
ベートーヴェンの『喜びの歌』をロック風に歌い始めた際、何故か都合よくその場に
マイクスタンドが設置してあったのにもビックリしましたが、問題はその後ですよぉ。
これはもう是非とも実際にその眼で確認して頂きたいので、あえてここでつまびらか
には致しませんが、ヒントは“寿司”とだけ言っておきましょう。 ボクはここで大爆
笑しましたが、多分、置いてかれる人続出なんじゃないかな、と。“なんでここで寿
司が出る?”って感じ。例えるならば、戦場に赴いて、支給された武器がビニール傘
だった時のような違和感。色んな意味でタマラナイですね。この脚本を手渡された時、
市原隼人谷村美月はどんな顔したんでしょう?そこら辺に想いを馳せるだけで、
激しく胸が高鳴ります。

この驚愕(?)のクライマックスと、谷村美月の、あどけなさと妖艶さが交差した肢体
が観れるというだけで、最早十分に価値のある今作。 決して名画などではありませ
んが、それがなんだってんだいってな気持ちにさせてくれる一本です。
スポンサーサイト

テーマ:谷村美月 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2010/01/09(土) 12:35:43|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:22
  4. | コメント:2

小栗旬 中村獅童 / 隣人13号

横山
ワケもなく横弁


毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのすかいらーく担当、ブロッケンです。

小栗 旬中村獅童主演の映画『隣人13号』を観ました。

村崎十三(小栗旬)は小学生時代、同級生の赤井トール(新井浩文)にゴキブリの屍骸を食わ
されたり、硫酸で顔を焼かれるなどのひどいイジメに遭っていた。 それから10年の歳月が
流れ、平穏な家庭を築いたトール。 そんな彼に復讐を果たすべく、同じアパートに引越し、
同じ職場に入社するなどして、再びトールへと接近していく十三。 しかしそれは十三の意思
ではなく、いつしか彼の心に巣食っていた凶暴なもうひとつの人格、13号(中村獅童)のしわざ
だったのだ…というあらすじ。

この映画の原作は、井上三太氏の同名漫画なのですが、『TOKYO TRIBE』等に代表される
ストリート・カルチャーに深く根ざした作品を描く漫画家という印象の強かった氏に、こういった
サイコ・サスペンス的な引き出しがあった事に、まず驚かされました。
 
さらに驚いたのが、この作品の連載が始まったのが1993年だという事。 同じく解離性同一性
障害(二重人格)とヴァイオレンスを題材にした映画『ファイトクラブ』が1999年に公開され、大き
な反響を呼んだ事を考えると、相当な先見性だったと言えますよね。

この映画の見どころは何といっても、中村獅童演じるもう一つの人格“13号”の圧倒的なブチギレ
っぷりでしょう。深夜にわめき散らしていた所を隣室の変態オヤジ(三池崇史)に注意され、衝動的
に殺すシーンなんかもう最強・最凶・最狂。  『いたいいたいいたいいたいいたい』とか叫びながら
包丁でメッタ刺しですもん。 絶対近くに住んでて欲しくないなァって、心底思いました。

…つうか、ここで惨殺されるのが三池崇史っつうのも、絶妙にくすぐられる、イイ人選ですよねぇ。
映画監督としてのキャリアも実績も十分にある方なのに、こうしてメッタ刺しにされたり、他にも
恋の門』にイメクラの店長役でチョイッと出ちゃったりする、そのフットワークの軽さが素敵です。

いじめっこ・赤井トール役を演じる新井浩文とその妻役の吉村由美( PUFFY)も、非常に適材
適所。こういう『昔、メチャクチャやってたんスよ~』って感じのDQNカップル、居ますよねェ。
 
パフィーの由美ちゃん、中村獅童に顔をべローンって舐め上げられたり、アパートの玄関口で
旦那のおポンチを無理矢理咥え込んだり(!)と、かなり体当たりな演技を披露しておりますが、
アレ、オッケーなんでしょうか? 全米のAMIYUMIファンのチビッコ達が観たらショックだろうなァ。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/10/20(火) 12:26:30|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。