中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小泉今日子 加瀬亮 上野樹里 / グーグーだって猫である

にゃんこ6
ワケもなく仔猫


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの小林さり担当、ブロッケンです。

大島弓子原作、犬童一心脚本・監督の映画『グーグーだって猫である』を観ました。

吉祥寺で暮らす少女漫画家・麻子さん(小泉今日子)の飼い猫“サバ”が、ある日
亡くなってしまう。 サバを失った哀しみから、すっかり漫画を描かなくなってしま
った麻子さん。 それからしばらくして、ふらりと立ち寄ったペットショップで麻子
さんは、おなかにうずまき模様のあるアメリカンショートヘアの仔猫“グーグー”と
運命的な出逢いを果たす…というあらすじ。

…猫って、どうしてあんなに可愛いんでしょう?ウチにも一匹オスの雑種がいて、
四六時中遊んでもらってるんですけど、まぁとにかく可愛い。タワレコ風に云うな
れば“NO CAT,NO LIFE”ってトコでしょうか。 で、この“グーグーだって猫である
は、そんな猫の、魔性の愛くるしさを徹底的に追究した作品…ってワケではない
んですね。 今作における主人公は、あくまでも天才漫画家・麻子さんであり、彼
女の生活に不意に訪れる喜びや哀しみを、グーグーが静かに見守るという、いわ
ば“猫がたくさん出てくるヒューマン・ドラマ”であって、“猫の映画”ではない、とい
う事です。 単純に“ネコちゃん可愛い!”を突き詰めた作品が観たいのであれば、
迷わず“仔猫物語”をオススメしときます。 あれはヤバイ。

犬童一心氏は、一貫して“死”を撮り続けて来た監督であり、今作もまたその例外
ではありません。 冒頭、麻子さんの最初の飼い猫・サバが、静かに息を引き取る
シーンから、イキナリ泣かされましたね。 死の直前、サバが窓ごしに夜明けの空を
眺めるシーンと、徹夜仕事に追われる麻子さんとそのアシスタント(上野樹里
三中
)の姿をじっと見つめるシーンのせつなさは、筆舌に尽くし難いものがあります。

天才漫画家・小島麻子を演じるのは小泉今日子。キョンキョンの演技って、達者な
のかどうなのか良く分からないのですが、おっとりとしていて、どこか夢見がちな今
回の役どころには非常にマッチしていると思いました。 喜怒哀楽がなだらかで、淡
々とした印象の麻子さんに対し、上野樹里森三中演じるアシスタントの面々は実
に情感豊かで、コミカルに描かれております。 しかし、そんなコミカルさがやや空
回りしている様に思えたのも事実。劇団の稽古に混じって殺陣(たて)の練習をする
シーンや、上野樹里の彼氏(林直次郎)が、知らない女とホテルから出てきたのを目
撃し、街中追いかけ回すシーンなどは、ハッキシ言って蛇足感が否めないですし、
突如トラックの陰から現れた楳図かずお(!)御大が、意味もなく“グワシ!”をカマす
場面なんかも中途半端にシュールで、今ひとつヌケが悪い印象。  

麻子さんが心惹かれる青年・青自役の加瀬亮は、飄々とした、相変わらずの自然体。
アレですよね、 加瀬亮って、キョンキョンと同世代のアラフォー女性に、熱烈に支持
されてそうですよね。 しかもその支持の仕方ってのが、単純に“好き”ってんじゃなくて
“坊や…かわいがってあげる…”ってな感じに、妙な湿り気を帯びてそう。 ええ、完全
なる邪推ですけど。

今作の特別協賛として、花王の“ニャンとも清潔トイレ”のクレジットが、映画の冒頭
にでかでかと映し出されます。劇中でも何回かニャンとも清潔トイレを使用する場面
が出て来る辺り、いかにも宣伝クサい感じがしますが、最高にトホホ&キャッチーな
その商品名に免じて、特別に見逃してやるとしましょう(´∀`)  ちなみに、犬用のトイレ
は“ワンとも清潔トイレ”なのかしら?  ちょっと気になる昼下がりの午後。


続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/02/21(日) 14:28:46|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:18
  4. | コメント:0

水谷妃里 上野樹里 / チルソクの夏

!?
ワケもなく巨大化


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの佐木飛朗斗担当、ブロッケンです。

佐々部清脚本・監督の映画『チルソクの夏』を観ました。 イイ映画でしたね。

時は1977年。 日韓親善陸上競技大会をきっかけに知り合った遠藤郁子(水谷妃里)とア
ン・デホ(スズキジュンペイ)は、淡い恋心を寄せ合う仲となる。そして来年の大会で再会
する事を約束した二人は、海を越えた文通を開始する…というあらすじ。

チルソク”とは、韓国語で“七夕”という意味。一年後の再会を心待ちにする郁子とア
ン君は、さしずめ朝鮮海峡に隔てられた織姫と彦星というワケです。

それはさておき、主演の水谷妃里の父親を演じるのが、あの“みちのくひとり旅”でお馴
染みの山本譲二氏なんですけど、そのジョージの職業ってのが、なんと流しの歌手(!)
だってんだからテンション急上昇。しかし、カラオケの登場により徐々に仕事の場を奪わ
れていくジョージ。で、腹いせに店のカラオケの機械をブッ壊して、逆にヤクザに路上で
袋叩きに遭うジョージ。Vシネじゃねえんだから。その際、お返しとばかりに商売道具の
ギターをヘシ折られちゃうんだけど、その後で山本譲二がポツリと呟いた『こんな商売…
もう終(しま)いじゃあ…』って一言、これが良かった。個人的にはこの一言が、今作におけ
る最大の収穫でございます(*´▽`*)

そんなキャラ立ち全開の父に対して、娘であり今作の主人公でもある遠藤郁子役の水谷
妃里
の影の薄さといったら! 明らかに物語の中核を担っているにもかかわらず、何故か
香り立つ脇役のオーラ。つうか実際に、水谷妃里よりも同級生役の上野樹里の方が圧
倒的に存在感があるんだもん。この頃の上野樹里って、世間的にはまだまだ無名だった
頃で、現在よりも全然垢抜けてないにもかかわらず、水谷妃里よりもはるかに目立ってい
るという珍現象。 うーむ。 何かこう、モヤモヤしたものが残るキャスティングではあります。

先程述べた“流しの歌手”や“文通”等々、現代日本から失われてしまった情緒溢れる文
化・風俗が数多く登場するのも今作の見所のひとつ。他にも、夜のベランダに立って、
口百恵
の“横須賀ストーリー”を仲良し四人組で合唱する場面なども、誰しもが流行歌を
口ずさむ事の出来たこの時代ならではのエピソードと云えるでしょう。 価値観の多様化
を極めた現代において、クラスメイト全員が口ずさめるヒット曲なんて、もはや皆無に等
しいですからね。 

また、この映画ではイルカの『なごり雪』が物語の重要な役割を担いますが、イルカ本人
も担任教師役でチョイっと出演しております。 物語終盤、アン君が日韓交流会のステー
ジ上で、この歌を水谷妃里に向けて歌うんですよ。日本語の歌を歌う事を禁じられていた
当時の韓国の時代背景と照らし合わせて考えた時、これはかなり勇気ある行動であり、非
常に感動的な場面…のハズなんですけど、アン君のカタコトの日本語で歌われる『なごり
』が妙におかしくって、思わず大爆笑しちゃいました。 うーん、駄目なボク。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/01/12(火) 17:30:23|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:5
  4. | コメント:0

宮崎あおい 玉木宏 / ただ、君を愛してる

半目
ワケもなく半目


毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの諸星大二郎担当、ブロッケンです。

玉木宏宮崎あおい主演の映画『ただ、君を愛してる』を観ました。

自らのコンプレックス(アトピー性皮膚炎)の為、他人と上手く接する事が出来ない誠人(玉木宏)は、
大学の入学式で静流(宮崎あおい)と出会う。 その瞬間から自然と打ち解ける事が出来た2人は
一緒にカメラを携え、毎日のように近くの森へと写真撮影に出かける。 そんな穏やか日々の中、
誠人への想いを深めていく静流。 …しかし、誠人の愛する人は、静流ではなく、同級生のみゆき
(黒木メイサ)だった…というあらすじ。 いやはや、LOVEずっきゅんですなぁ。

何といってもこの映画は、宮崎あおい演じる、あどけない不思議少女・里中静流の魅力に支え
られているといっても決して過言ではないでしょう。 とにかく可愛い過ぎる。 反則です。

昨今流行のキーワードに“森ガール”(森に住んでそうな、ナチュラルかつ個性的な魅力を備えた
ファッション・スタイルや、そのような雰囲気を有する女のコ達)というものがありますが、イマイチ
というか全然イメージを握みきれずにいたんです、ボク。  しかし! この映画の宮崎あおい
目にした瞬間、『おお!これぞまさしく“森ガール”だ!』と、勝手に合点して、ヒザをポンと叩いた
次第でございます。 とか言って、全然違ってたらどうしよう。 ま、別にどうもしないんですけど。
でも、“森ガール”って、なんか速攻で死後になっちゃいそうなオイニーがプンプンしますよね。

ハナシが少々脱線致しましたが、とにかくこの映画の宮崎あおいは可愛いぞ、と。 それなのに、
劇中での宮崎あおいはイケてない女子っつう設定で、どんだけ積極的に玉木宏にモーションを
かけても、玉木宏はつれないそぶり。そんなバカな!ってカンジ。 だってさ、あそこまで可愛い
ロリ眼鏡っ娘に、『誕生日プレゼントには誠人のキスが欲しい』とかって言われたら、男子諸君は
絶対に秒殺じゃないスか。 つうかそもそも、玉木宏のあのルックスで人と接するのが苦手とか
言われてもイヤミにしか聞こえねえっつうかさ。 …ええ、そうですよ。 やっかみですよ。

それはさておき、この『ただ、君を愛してる』という作品、上野樹里市原隼人主演の『虹の
女神
』という映画に、すっごく似てるなぁって思ったんです。 どこがどういう風に似てるかって
のを挙げていくと、どうしてもネタバレに行き着くのでやめときますけど、確か『虹の女神』では
思わずホロッと来たんですよ、ボク。 それなのに今作ではいまいちグッと来なかったのは何故
なんでしょ?や、フツーに最後までダレずに楽しめたんですけどね。 だけど、心は揺さぶられ
なかったなぁ。

この辺の微妙な差を、明快に説明すんのは難しいですけど、あえて一点だけ指摘するとしたら、
虹の女神』よりも『ただ、君を愛してる』の方が、ちょっとだけ“観てる人間を感動させてやろう”
という邪念(?)みたいなものが強かったんじゃないかな、と。 あくまでもボク個人の見解ですが。

あ、でもヒロインは圧倒的にこっち(宮崎あおい)の方が眩しいです。  ビバ!森ガール!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/10/13(火) 13:44:27|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

上野樹里 関めぐみ 平愛梨 / 笑う大天使

無罪
ワケもなく無罪


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのローラ・チャン担当、ブロッケンです。

川原泉原作の映画『笑う大天使』を観ました。大天使と書いてミカエルって読むんですって。

えーっとね、うん。 結論から申し上げまして、これァダメだ。 キッパリ駄作だと思う。

主役の上野樹里をはじめ、関めぐみ佐津川愛美、『20世紀少年』のカンナ役で一気に
ブレイクした平愛梨菊地凛子谷村美月と、ここまで豪華なキャストを揃えといて駄作っ
て。もったいないなァ…。 便所ブラシの柄の部分を純金でこしらえる位もったいないですよ。 

禁断の百合要素をふんだんに散りばめた痛快!学園コメディーなのかなと思って観ていたら、
いつの間にか、本当にいつの間にか主役の3人(上野樹里・関めぐみ・平愛梨)に超人的な
能力が備わっちゃってんの。 何それ? ボクを置いてかないでよ~って感じ。

やがて物語は学園モノの範疇からドンドン逸脱していって、気が付いたら船の甲板みたいな
場所で誘拐犯の一味だか何だか、とにかく素性の知れない連中と、チャーリーズ・エンジェル
ばりのド派手なアクションをカマしちゃってるんスよ。 

で、こっからがスゴイのな。 最終的にどうやって戦いに決着が着いたかっつうと、これまた
何の伏線も無く、唐突に上野樹里が巨大化(!)すんの。 で、誘拐犯のボスが乗ってるヘリを、
あたかもゴジラの如くムンズと握りしめて、そいつを空の彼方にポーンて放り投げたら、一番星
みたいに“キラーン”ってまたたいて、バトル終了。 ナメんなって感じッス。

他にも、ダミアンっつう名前のドーベルマン(CG)が、本筋(ま、スジなんか元々皆無なんスけど)
とは無関係に、絶えず視界の片隅でウロウロしてるのが、何だかとってもジャマ臭いんです。

一応このダミアンが、物語の狂言回し的なポジションで、ところどころでト書きめいたナレーション
を挟んで来るんですけど、この声が広川太一郎氏なんですよね。 や、それは全然構わないん
です。構わないんですけど、上野樹里達が時折カマす中途半端なボケに対して、広川太一郎
氏の例の調子でやんわりとツッコミが入るんだけど、その“間”が絶妙に悪くってさ。 ただでさえ
悪い物語のリズムがさらに悪くなっちゃって、後に残るのは違和感と虚しさだけ。 せつねー。

ああもうッ! 書いてる内に段々ハラが立って来ました。 他にも指摘したい部分は星の数ほど
あるんですけど、全て網羅してたらとんでもないテキスト量になっちゃいそうなので、この辺で
止しときます。 つうかさ、ここまで来たら逆に是非ともみなさんに観て頂きたいですよ、ええ。
いわゆるひとつの“不幸の手紙”方式ゆうんですか? 自分だけこんな思いすんのもシャクだし、
他に怒り(そう、観終わった後、真っ先にこみあげて来た感情は“怒り”でした)のやり場もないし、
ならばいっそ、他の人間も巻き添えにしちゃるけん!…といった、半ば自爆テロ的なニュアンスを
多分に含みつつ、逆に強烈にプッシュしときます。 フフ。 『逆に』のイミが分かんないっつうのな。 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/10/13(火) 11:26:24|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上野樹里 市原隼人 / 虹の女神

ポワトリン
ワケもなくポワトリン


毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのMDMA担当、ブロッケンです。

上野樹里市原隼人主演の映画『虹の女神』を観ました。

佐藤あおい(上野樹里)のバイト先の同僚(鈴木亜美)に、ストーカーまがいの愛情を寄せる
岸田智也(市原隼人)は、あおいに恋のキューピッド役をオファー。
結局、智也の恋は叶わずじまいだったが、この事がきっかけで智也は、あおいが監督の
自主製作映画『THE END OF THE WORLD』に出演する事となる。

映画製作を通じて膨らんで行くあおいの、智也への想い。 しかしそれは打ち明けられない
まま2人は卒業~就職の季節を迎え、やがてあおいは映像の勉強のために渡米してしまう。
それからしばらくして、冴えない日々を送っていた智也に、あおいが飛行機事故によって
アメリカで命を落としたという報せが届く…というあらすじ。

この映画は、2005年にオンエアされた桜井亜美監督・脚本の同名ラジオドラマがベースに
なっています。 映画化に際して脚本及びプロデュースを担当したのが岩井俊二
そのせいもあってか、岩井作品に通じる“透明感があるのにどこか残酷”な空気感の漂う
作品に仕上がっています。

…あの、ちょっと邪推入っちゃってるかもしれないんですけど、主役2名の苗字が『岸田』と
『佐藤』じゃないですか。 岸田と佐藤と聞いて真っ先に連想したのが『くるり』だったんです
けど、どうなんでしょ。 関係あるのか、ないのか。 まぁ、思いっきり余談なんですけど。
でも、くるりの、特にミドルテンポの楽曲―たとえば『ハイウェイ』や『ばらの花』―と、この
映画の世界観ってすごく相性が良いんじゃないかな、と。 

この映画の最もユニークな点は、主役の2人が交際はおろか、想いを打ち明ける事すら
しないまま『死』によって永久に隔てられてしまうという点です。

この展開は、恋する男女が接近したり離れたりを繰り返しながらも、最終的には幸せな
結末を迎えるといった、恋愛映画のセオリーから大きく逸脱しています。
しかし、私はこの展開に(死別はともかくとして)、とてつもなく『リアル』を感じたのです。
ひるがえって自分の過去の恋愛を振り返ってみても、成就した恋より、胸に秘めたまま
終わってしまった恋の方が圧・倒・的に多いですし。  うぐっ、泣けるぜ。

しかし、それだけではあまりにも救いのない、残酷な悲恋譚に過ぎないのですが、ここで
重要な役割を果たすのが自主制作映画『THE END OF THE WORLD』。
物語の終盤で、あおいの告別式に集まった大学時代の友人らと久しぶりにこの映画を
観直すのですが、ここでボク、思わず泣いちゃいました。 せつなくってさぁ、もう。

あ、あと、相田翔子が実年齢より12コもサバ読みして智也に近づいてくる、イタい女の役で
出演してるんですけど、これがまったくの蛇足。本筋にほとんど関係ないキャラなんです。
強引に深読みすれば、相田翔子の存在=『残酷な現実のメタファー』と捉えられない事も
ないような…なくないような…なくなくなくなくなくなくな~いような…とまぁ、スチャダラ調に
ごまかしながら、そろそろこの辺でお開きの時間にさせて頂きます。  アディオス!

◆◆オーラル学園 作品紹介◆◆
・桃色スペースオデッセイ

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/08/04(火) 12:34:59|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。