中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

伊勢谷友介 菊地凛子 松尾スズキ / 図鑑に載ってない虫

野村
ワケもなくノムさん


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのおせち料理担当、ブロッケンです。


三木聡脚本・監督の映画『図鑑に載ってない虫』を観ました。 

雑誌編集者の俺(伊勢谷友介)は、死語の世界がどんなものなのか、実際に一度死んで
取材して来いというメチャクチャな依頼を受け、知り合いのアル中・エンドー(松尾スズキ)と
リスカ癖のある元SM嬢・小夜子(菊地凛子)と共に“死にモドキ”という虫を探し始める。
死にモドキをじわじわと水で溺れさせ、その時に発する体液を飲めば、一度完全に心臓が
停止した後、再び蘇生するらしいのだが…というあらすじ。

よく“随所に小ネタを散りばめた”なんて表現を耳にする事がありますが、この『図鑑に
載ってない虫
』は“小ネタを散りばめた映画”ではなく、ズバリ“小ネタばっかの映画”
です。核心よりも周辺、幹よりも枝葉に強い執着を見せるのが三木聡監督の芸風であり、
彼の全作品に通底する、いわば哲学と言えるのですが、その中でも今作は飛び抜けて
蛇足指数の高い一本。ストーリーを展開させる上で必要な情報と本筋に無関係な情報の
割合がおよそ3:7ってトコロでしょうか。タランティーノだってそこまでやんねぇだろって
位に無駄・無意味・無益のオン・パレード。 “床にブチ撒けた塩辛がニコラス・ケイジ
顔に見える”だの“電話ボックスにビッシリ貼られた風俗のチラシがモナリザの顔に見え
る”だのといった、狂人の寝言スレスレの小ネタを絶え間なく浴びている内に、感性のネ
ジがバカになって行く様な、ダラシの無い快感がひしひしとこみあげて来ます。

また“脇役のキャラがあまりにも濃すぎて、主役の存在感が薄れてしまう”というのが三
木作品の特徴ですが、今作もその例外ではありません。松尾スズキ岩松了ふせえり
松重豊村松利史森下能幸笹野高史といった超・個性派キャスト陣の怪演に、
伊勢谷友介、思いっきり喰われちゃってます。 

さらに“乞食の巣”だとか“菊地凛子の手首のリスカの痕を利用してワサビをすりおろす”
といった、極めてダークかつ不謹慎なネタを、他のしょうもない脱力ネタの中にしれっと
織り交ぜてくるのが今作の最大のポイント。 つうかボク、ためらい傷をネタにして笑いを
取りに来る映画なんて、生まれて初めて観ましたよ。 他にも松重豊がカンボジアで出逢
った恋人が、意味もなく浜辺で地雷を踏んで爆死(!)したり、美人編集長役の水野美紀
屁をこいた拍子にウンコを漏らしたりと、もう何でもアリ状態。 カンボジア=地雷=爆死と
いう極めて安直な発想を躊躇する事なくギャグに転化してしまう、その無邪気な感性がた
まりません。

ちゃんとした映画を“作れない”のではなく“作りたくない”三木監督の心意気と執念が
炸裂した最高にデタラメな一本。 決して万人受けするユーモア感覚だとは思いませんが、
ボクは断固支持です。 ガッテンガッテン!
 
最後に余談なんですけど、ウィキペディアによれば松尾スズキ演じるアル中の男・エンドー
って、実はドラマ『時効警察』にもさりげなくゲスト出演しているんですって。 マジかよ。
早速今から録り貯めといた『時効警察』をチェックしてみよっと。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/12/31(木) 17:48:09|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

沢尻エリカ 竹内結子 伊勢谷友介 / クローズド・ノート

あすかあきお
ワケもなくあすかあきお

どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのあすかあきお担当、ブロッケンです。

雫井脩介原作の映画『クローズド・ノート』を観ました。

小学校の教師になるのが夢の堀井香恵(沢尻エリカ)。彼女の引っ越し先のアパートから、
前の住人が忘れていった日記のノートが見つかる。ノートの主は真野伊吹(竹内結子)、
小学校の教師。 そこに記された苦悩や淡い恋心と自らの状況を重ね合わせ、次第に
香恵は伊吹に対するシンパシーを深めていく…というあらすじ。

…えっと、引っ越し先の部屋に残されていたノートの内容に共感するのはイイとして、その
ノートを学校やバイト先にまで持ってって読むのって、どうなんでしょ? 現実にいたら相当
イタイ人の様な気がするんスけど。 まァあくまでもこれは創作だから、細かい事は言いっこ
ナシなんですけど、ちょっと気になったモンで。

沢尻エリカが思いを寄せる画家・石飛リュウ役を演じるのが伊勢谷友介なんですけど、
何かこのヒトって、こういうアーティスティックな役どころが多いっスよね。確か『ハチクロ
ン時もそうだったし。この“アーティスティック”って言葉、すっごく嫌いなんですけどね、僕。
スカしてんじゃねえよって感じで。 や、だからと言って別に伊勢谷友介の事が嫌いなワケ
じゃあないんですよ。こういうスカした役をブタみたいなフェイスの男が演じたって、ちっとも
説得力が無いですし。 でも、この役を同じくアーティスティックな香り漂うオダギリジョー
なんかが演じてたら、『スカしてんな』という感想を抱かなかったかも。 何なんスかね、これ
って。 ひょっとすると伊勢谷友介からは、モテない男のコンプレックスを逆撫でする、ある種
のオーラ(?)みたいなものが放出されてたりして。フフ。いきなりスピリチュアルな方面に話
が飛躍しましたけど。 何てったってあすかあきお担当ですからね。

竹内結子の“小学校のセンセー”ぶりは、非常にハマッておりました。日本中の教師が
彼女みたいだったら、イジメなんかも激減するんでしょうにねって位イイ先生なんだこれが。
物語終盤、ノートに書かれていた伊吹の想い人の正体と、彼女の現在の消息が明らか
になるのですが、『やっぱりこういう展開かよ!』って感じで、やや興醒め。 というよりも
『こういう展開には転んでほしくなかった』というのが正直な感想です。 この辺のくだりは
今作のキモなので、あまりつまびらかにする事が出来ないのが何とも歯がゆい…。

あと、主題歌がYUIの『LOVE&TRUTH』(地味にスゴいタイトルですよね)なんですけど、
一時期、エリカ様の『別に』事件が巷を賑わせていた頃、必ずといっていい程この曲が
ワンセットでかかっていたので、エンドロールでこの曲が流れて来た時、反射的に『別に
が脳内でフラッシュバックしてしまいました。 思いっきり余談でしたね。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/11/17(火) 18:42:55|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。