中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

岡田将生 加瀬亮 渡部篤郎 / 重力ピエロ

コンピューターおばあちゃん
ワケもなくコンピューターおばあちゃん


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの坂本龍一担当、ブロッケンです。

伊坂幸太郎
原作の映画『重力ピエロ』を観ました。

遺伝子研究を専攻する大学院生の兄・泉水(加瀬亮)と、芸術的な才能を持つ弟・春(岡田
将生
)は、平凡な公務員の父と三人で平穏に暮らしていた。  そんな彼らが暮らす仙台の
街で連続放火事件が起こる。 犯行現場の近くには、必ず謎めいたグラフィティが描かれて
いた…というあらすじ。

うーん…フツーに面白かったんですけどぉ、伊坂作品にしては珍しく先の展開がちょっと読
めてしまったというか、『アヒルと鴨の~』や『フィッシュストーリー』の劇場版を観終わった時
ほどコーフンしなかったというのが正直な感想です。 とは言え、やはり伊坂ブランドにハズ
レ無し。 弟・春の出生にまつわる哀しい過去と“グラフィティ・アート”、そして“遺伝子”といっ
た、一見無関係に思える要素を違和感なくひとつの物語、そしてひとつの真相に収斂させて
いくその手腕は、今作においても遺憾なく発揮されております。 

家族全員で観に行ったサーカス。  空中ブランコに挑むピエロをハラハラしながら見守る子
供たちに対して、鈴木京香演じる母親が言った『大丈夫。 あんなに楽しそうな顔をしていれ
ば、地球の重力だって消えちゃうわ』という一言が『重力ピエロ』という印象的なタイトルの由
来なのですが、このタイトルに関して、もう少しヒネリの効いたエピソードが用意されているの
だろうと考えていた僕としては、ちょっと拍子抜けしてしまいました。…うーん、“伊坂幸太郎
が原作”ってだけで、何かと期待しすぎなのかもしれませんね。 

えっと、本作の具体的な内容について、アレコレと言弁を弄するのはあまりにも野暮なので、
こっから先は本編とあんまし関係ないような点ばっかクローズ・アップして行きましょう(´∀`)

まずアレだ、回想シーンに登場する、加瀬亮演じる“泉水”と岡田将生演じる“春”の少年時
代のコ達が、二人とも本人にソックリで驚きましたね。 特に加瀬亮の方は、タイムマシンで
過去から連れて来たんじゃねえのって位に酷似してました。 つうか、“泉水”も“春”も、英語
に訳したら“スプリング”っていう命名センス、ニクいですよねぇ。 他にも、春につきまとうスト
ーカー少女に対して、“春を追いかけるから”という理由で“夏子さん”と呼んでしまうセンスも
実に小粋だなァ、と。

それとさ、渡部篤郎演じる葛城っつう男が、あまりにも渡部篤郎にピッタリな役どころ過ぎて
逆にツマンないっつうかね。  ええ、完璧に言いがかりですけど。  渡部篤郎がセクシーで、
どこか危険な香りがする役が似合う俳優なのはもう分かったと。 だから逆にさ、生まれてこ
のかた一歩もウチから出た事がないひきこもり(42歳・童貞)みたいな役を渡部篤郎がやった
らメチャクチャ面白いと思うんだけどなぁ。 他には…そうだなァ、大野クンのかわりに渡部篤
怪物くんを演じたらどうなるのか、ちょっと観てみたいッス(*´▽`*) =3ハァハァ 


続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/05/04(火) 13:34:26|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:33
  4. | コメント:0

金城武 小西真奈美 石田卓也 / Sweet Rain 死神の精度

麻呂
ワケもなく公家


毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの激走!GT担当、ブロッケンです。

伊坂幸太郎原作の映画『Sweet Rain 死神の精度』を観ました。

…あの、『ALWAYS 三丁目の夕日』の時も思ったんスけど、この“ALWAYS”とか“SWEET
-RAIN”とかって横文字、果たして本当に必要なんですかね? それとも『これは原作とは別
物である』という事を暗に強調する為の、云わば予防線の様なモノなのでしょうか? 何に
せよ、蛇足感は否めませんが。

ミュージックをこよなく愛するクールな死神・千葉(金城武)が、一週間の調査の後、対象者
に死を“実行”するか“見送り”にするかを見極める…というあらすじの本作。

こういう原作付きの映画に関して、原作との相違点や共通点をいちいち取り沙汰するのはあ
まり意味が無い事だとボクなんかは思うんですね。 原作がどうあれ、映画として真っ当に
面白ければそれでイイじゃないかっていう。で、結論から言えば、この『死神の精度』も映画
として真っ当に面白かったです、ハイ。

その事実を踏まえた上で今回は、原作との相違点やら何やらについてアレコレ言及して行こ
うかな、と。 フフ。 意味が無いってついさっき言ったばかりなのにやるのかよって?やるん
ですよ。 その辺のブレ具合こそが人生の醍醐味(?)ってなモンなんです。

まずこの映画版『死神の精度』と原作の共通点として、真っ先に挙げられるのは、“オムニ
バス形式を取りつつ、一つの連続した流れがある”という点でしょう。 具体的に言えば、映
画版は、原作小説の表題作“死神の精度”と“死神と藤田”、そして“死神対老女”という
三つのエピソードを基に構成されています。“死神の精度”編では、千葉は悪質なクレーマー
に悩まされる27才のOL・藤木一恵(小西真奈美)に、続く“死神と藤田”編では、タイトル
通り義侠心溢れるヤクザの藤田(光石研)に、最後の“死神対老女”編では、高台から海を見
下ろせる美容院で働く老女(富司純子)に一週間付き添い、彼等に死を“実行”するか“見送
り”にするかを見極めようとします。

この一風変わった死神・千葉を演じるのが金城武なんですけど、冷徹さと親しみやすさとい
う相反する要素を兼ね備えつつ、良くも悪くもどこか掴みどころの無い雰囲気を持つ金城武
をこの役に抜擢したのは、実に正しい人選だったと思います。 それ以上に原作のイメージに
ピッタリだと感じたのが、藤木一恵役の小西真奈美ですね。このエピソードでは、藤木一恵
の“声”が非常に重要なキーワードになって来るのですが、小西真奈美の、あたかも鈴の音
色の様な儚さと芯の強さを併せ持つ声は、まさしくうってつけだと思います。ただ、藤木一恵
名義で映画の主題歌まで歌っちゃうという、メディアミックス的な打ち出し方については、少々
やり過ぎな印象も受けましたが。

小西真奈美とは逆に、ヤクザの藤田役を演じるのが光石研というのが、原作のイメージと照
らし合わせた時に、一瞬違和感の様なものがよぎりましたが、まァこれはこれでアリなんじゃ
ないかな、と。つうか光石研といい、彼の舎弟役の石田卓也といい、今、役の大小を問わず
に、ありとあらゆる映画に出まくってますよね。 ちょっと気を許すとすぐ登場するってカンジ。
特に光石研。 最近の邦画を10本観たら、その内の5本には光石研が出ているんじゃないか
って程にエンカウント率高し、です。 

で、今度は原作との相違点についてなんですけど、ここをぶっちゃけてしまうとネタバレ直結
になってしまうので、具体的な言及は控えさせて頂きますが、あえて言うなれば、富司純子
演じる“老女”のエピソードと、別のエピソードとの“繋がり方”が、原作と映画とで最も異なる
点でしょう。

その“原作と違う”という事が良いのか悪いのかはさておき、ボク的には映画版の“繋がり方”
も十分に楽しめたというか、むしろ映画版の“繋がり方”の方が、より伊坂幸太郎的だとすら
感じたのですが。 何にせよ、原作を経由してから映画に臨む方も、その逆の方にも楽しめ
る結末になっている事は確かなんじゃないかな、と。 

bannermono.gif

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/01/17(日) 18:12:38|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:18
  4. | コメント:0

松田翔太 大沢たかお 鈴木京香 / 陽気なギャングが地球を回す

半目
ワケもなく小型犬


毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの香山リカ担当、ブロッケンです。

伊坂幸太郎原作の映画『陽気なギャングが地球を回す』を観ました。

演説の達人・響野(佐藤浩市)、他人の嘘を見破る名人・成瀬(大沢たかお)、スリの天才・
久遠(松田翔太)、正確な体内時計を持つ女・雪子(鈴木京香)。ひょんな事から出逢った
4人が、各々のスキルを活かしながら次々と銀行強盗を決行していく…というあらすじ。

いやはや、“豪華キャスト”という枕詞がこれほどしっくり来るキャスティングもなかな
か無いんじゃないかって位に鉄壁の布陣ですね。 さらに、今をときめく大ベストセラー
作家、伊坂幸太郎の原作とあっては、こらもう期待するなって方が無理な相談でござい
ます。 で、肝心の内容はどうだったかと云えば…うーん、諸手を挙げて快哉を叫ぶ程
でもないっつうか。正直言ってやや期待ハズレな感は否めません。 佐藤浩市演じる
演説の達人・響野の決めゼリフで『ロマンはどこだ?』ってのがあるんですけど、少な
くとも今作には、ボクの思い描くロマンは見当たらなかったな、と。

個性の異なるスペシャリスト達が大胆かつスマートに銀行強盗を成功させて行くという
ストーリー展開には胸躍るものがありましたし、主役4人の佇まいも実に魅力的。つうか
今作の劇場公開が2006年という事ですから、今からたった4年前とかそんぐらいの作品
の筈なのに、劇中の松田翔太のあどけなさ&愛くるしさは何なんでしょ?そんな無邪気
なスマイルでハムスターのおでことか撫でられたら、世の女性はすべからく萌え死に必
至でしょ。ズルイよ、翔太。 そんな松田翔太のキュートさと、大沢たかおのクールネス、
佐藤浩市のちょいワル(ボチボチ死語ですか)加減、それに鈴木京香の大人の色香。
要するに素敵×4で最高に素敵な4人組ってワケですよ。 へへ。 雑な説明ですね。

にもかかわらず、イマイチこの『陽気なギャングが地球を回す』の世界に没入できな
かったのには、いくつかの理由がありまして。

まず気になったのが、明らかにCGと見て取れるシーンと、CGではないシーンの織りま
ぜ方が、あまりにも不自然なんスよね。 何台ものパトカーが連なって強盗団の車を追跡
する場面が最も分かりやすいんですけど、もうちょっと巧妙にカムフラージュ出来なかっ
たモンかな、と。 “一発でCGと見破られちゃうCG”って、一気に作品の印象をチープに
してしまうものでして、それを映画開始から10分かそこらで垣間見せられたモンですから、
いきなりそこで出鼻をくじかれたというか。

また、物語終盤、鈴木京香を除く主役3人に大倉孝二を加えたメンバーで銀行強盗を
決行する、いわばクライマックスとも言える大事な場面で、唐突にS.O.S.(スクープ・オ
ン・サムバディ)
の曲が流れ出した時もガクッと興醒めしたなぁ。 わざわざそんな、安い
イメージPVみたいに仕立てなくても良かったのに。 勿体ない。

あ、でも和田アキ子とS.O.S.がコラボしてるエンディング・テーマはすっごい良かったで
す。 最初、黒人のソウルシンガーが歌ってんのかと思ったら、アッコなんだもん。やっぱ
和田アキ子の歌は凄いよ。 バラエティー番組になんざ出なくてもイイから、もっともっと
ソウルフルな歌を聴かせて下さいよ、アッコさん! ハーッ!(『古い日記』風で) …へへ。
最後の最後で映画と全く関係ない話に突入しちゃいましたけど、これもまた一興って事で。
  

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/01/10(日) 17:55:52|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:8
  4. | コメント:0

堺雅人 鮎川誠 / ジャージの二人

黒人
ワケもなく予想GUY


毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのダンテ・カーヴァ担当、ブロッケンです。

中村義洋監督の映画『ジャージの二人』を観ました。

中村監督と言えば『チームバチスタの栄光』や『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュ
ストーリー
』といった一連の伊坂幸太郎作品を手がけた監督であり、これらの作品に共通し
ている特徴として、最後まで途切れない緊張感、そして次々と展開していく緻密なシナリオ構
成などが挙げられるかと思いますが、今作『ジャージの二人』は前述した特徴とはまるで真
逆の、“何もしないし、何も起きない”映画なのです。

グラビア・カメラマンの父(鮎川誠)と無職の息子(堺雅人)。真夏の東京のうだる様な暑さと
煩雑なアレコレから抜け出した二人が、涼しげな群馬の山荘で、“何もしない大人の夏休み”
をスタートさせる…というあらすじ。

鮎川誠堺雅人の、とぼけたやり取りを軸に、ゆったりのんびりとしたスローライフを淡々
と描いていく今作。緑色のジャージ上下に身を包んで、日がな一日ファミコンの麻雀ゲーム
に興じている姿に、日本屈指のロックンロールギタリスト=鮎川誠(シーナ&ザ・ロケッツ)
の面影は皆無。それでもやはり隠し切れない“大人のセクシーさ”みたいなモノが時折見え
隠れする感じと、都会の喧噪から逃れて来た男という役柄のイメージが交錯して、絶妙な存
在感を放っております。 

映画『東京ゾンビ』における、哀川翔のハゲ頭にも言える事ですが、今作の鮎川誠の芋ジャ
ージ姿も、従来のイメージから大きくかけ離れているにもかかわらず、セクシーさを損なっ
ていない辺りが素晴らしい。 “逆にカッコイイ”ってのはこういう事なのかな、と。
 
それから、サングラスをしてない鮎川誠の顔を、ボクは初めてこの映画で拝んだワケですが、
すっごい綺麗な、少年の様な瞳をしてるの。“ロックンロール”という名のロマンに、人生
のすべてを捧げて来た男の瞳は、かくも澄み渡っているものかと、あんまし本編に関係ない
部分でグッと来てしまった次第です。そう言えば“ユーヤさん”こと内田裕也御大の瞳も綺麗
だもんなァ。

そんな鮎川誠の、天然の存在感に対して、確かな演技力で応えていくのが息子役の堺雅人
ある種中性的でもあり、またどこか年齢不詳な彼が、緑豊かな山あいの畦道を、あずき色の
ジャージ上下姿で歩く様子は、それだけで妙な笑いを誘います。 ブラブラと犬の散歩したり、
ほとんどケータイのエリア圏外である山中にあって、電波が3本立つ“穴場”を発見してほくそ
笑んだり、時折ふもとのスーパーでジャイアント・カプリコを買って来たりと、日々を思いきりユ
ル~く過ごす堺雅人。 でも、そんな彼の穏やかな暮らしが、どこか羨ましくもあります。

 “意味”だとか“意義”だとかに四方をグルリと囲まれ、クリック一つであらゆる情報が
流れ込んでくる現代。 こんな時代だからこそ、この映画の二人の様に、少しだけ歩みを止
めて、時間や行動に意味を求め過ぎずに暮らす事が、本当の贅沢なのかも…なんて気に
させられる一本。 働きすぎ、考えすぎの方にこそ観て欲しい映画です。

最後にもう一点。 鮎川誠が着ていたジャージの胸に刺繍されている『和小』の文字。 この
読み方不明の二文字が、この映画の文字通り“キーワード”なんじゃないかな、と。   

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/12/26(土) 13:05:08|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0

多部未華子 濱田岳 森山未來 / フィッシュストーリー

ufo.jpg
ワケもなく未確認飛行物体


毎度です。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの関根麻里担当、ブロッケンです。

伊坂幸太郎原作の映画『フィッシュストーリー』を観ました。 メッチャクチャ面白かった。
 
1975年、セックス・ピストルズよりも一年早くリリースされたパンク・ソング『フィッシュストー
リー
』が2012年に世界を救うという、何とも荒唐無稽なストーリー。 『アヒルと鴨~』の時も
しみじみ感じましたけど、この伊坂幸太郎という人の頭の中は一体どうなっているのでしょう?
どうしてこんな天才的なストーリー展開が思いつくのか、皆目見当もつきません。それにしても、
『一枚のレコードが世界を救う』って。字面だけ追ったらこれほど陳腐なコピーもなかなか無い
んじゃないかな、と。 今作には他にも『正義の味方』、『世界の終わり』、『呪いのレコード』と
いった陳腐極まりないキーワードが頻繁に登場します。

正義の味方なんてこの世にゃ居ないし、世界の終わりなんか来ない。呪いのレコードの噂
だってどうせ誰かのデッチ上げ…そんな風に鼻で笑い飛ばしてハイおしまいって感じの、
いわば使い古されたモチーフを、まるでパッチワークのように繋ぎ合わせて、独創的な物語に
仕上げるその手腕はただただ圧巻の一言。しかもその物語が観念的にも虚無的にもならずに、
ポジティヴな余韻だけを残すという点が素晴らしい。 

この神懸かり的なストーリーに、出演キャストも素晴らしい演技で応えています。 濱田 岳
伊藤淳史多部未華子森山未來大森南朋波岡一喜といった、華はないけど(失礼)
実力派のキャストがズラリ勢揃いといった趣ですね。
『アヒルと鴨~』に引き続き伊坂作品に再度登場の濱田 岳、相変わらず力みのない自然な
演技でグーでした。それに『正義の味方』役の森山未來もジャッキー・チェンばりのアクション
で魅せてくれます。これがまたカッコいいんだ。今まで森山未來がカッコ良く見えた事なんて
一度もないのに。 それと、宇宙服に身を包んだ多部未華子ちゃんがヨタヨタと歩くシーンが
相当ツボでしたね。『どうしよっかなぁ』みたいな、何とも言えない微妙な表情で歩くんですけど、
その表情がたまらなくキュートなんです。

とにかく、目からウロコがバリバリ剥がれ落ちる事間違いナシ、問答無用でオススメの一本です。 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/11/20(金) 19:13:57|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。