中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

阿部寛 本郷奏多 伊藤歩 / 青い鳥

祭り
ワケもなく裸の付き合い


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの竹内電気担当、ブロッケンです。

重松清原作の映画『青い鳥』を観ました。

東京郊外のとある中学校で起きた生徒の自殺未遂事件。その事件の心労から倒れた
教師の代理としてやって来たのが、吃音障害を有する国語教師の村内(阿部寛)だった。
自殺未遂の後、転校してしまった生徒の机を教室の元の位置に戻し、毎朝その席に向
かって『おはよう』と声をかける村内。 そんな彼の行動は、一日も早く事件を“過去の出
来事”にしてしまいたい生徒や教師達の反感を呼ぶ…というあらすじ。

“いじめ”というヘヴィなテーマに真っ向から取り組んだ作品は世の中に少なからず存在
しますが、それらの多くはショッキングないじめ描写を通して、いじめの陰湿さを訴えてい
くという内容であるのに対し、この『青い鳥』は、いじめによって引き起こされた最悪の事態
の“その後”を描いているという点において、他の同一テーマの作品とは大きく趣を異にし
ていると言えましょう。

吃音の国語教師・村内役を演じるのは阿部寛。 『自虐の詩』や『トリック』等、明らかに
常軌を逸したキャラクターを演じている時の彼がたまらなく好きな僕からすれば、今作は
イマイチ物足りないと云いますか、阿部ちゃんが主役でなければいけない必然性をあまり
感じられなかったのが残念なトコロです。

必然性って事で云えば、“吃音障害”っていう設定も、あまり活かされていない様に思えま
した。阿部寛がその障害とどう向き合って来たか、またその障害と共にある生活というもの
を、彼自身どの様に捉えているのかがほとんど描かれていない為、阿部寛が単なる“流暢
に喋る事の出来ない大男”にしか見えなかったというか。

“先生も本気で話すから、みんなも本気で聞いて下さい” “人間なんてみんな弱いんだ、
だから本気で頑張るんだ”等、阿部寛の口からは繰り返し“本気”という言葉が語られます。
たどたどしいながらも懸命に思いを生徒達に伝えようとする彼の姿を通じて、“本気の尊さ”
を描かんとする意図があったのでしょうけど、どうにもその意図が透けて見えちゃってて、
イマイチ胸を打たれなかったんですよね。 “本気”だとか“頑張る”だとかっていうむきだし
の想いを作品に昇華させる事の難しさを、改めて痛感した次第でございます。

あの、こっから思いっきり余談なんスけど、青い鳥っていえば随分昔にTBSでも『青い鳥
っつう、今作と同タイトルのドラマがやってましたよね。 トヨエツ夏川結衣が主演で。どん
な内容だったかなんて1ミリも記憶しちゃおりませんが、主題歌がglobeだった事はハッキリ
と覚えております。 globeかぁ。  つうかマーク・パンサーって、今ナニやってんだろ? 


続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/02/06(土) 19:44:28|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:16
  4. | コメント:0

西島秀俊 星野真里 / さよならみどりちゃん

北京原人
ワケもなく北京原人

毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのセトルリン担当、ブロッケンです。

南Q太原作の映画『さよならみどりちゃん』を観ました。


初めてユタカ(西島秀俊)とSEXした夜、ユウコ(星野真里)は溶けて無くなった―しかし
ユタカには既に“みどりちゃん”と云う名の彼女が居て…というあらすじ。

…あの、野暮を承知で言わせてもらいますけど、“溶けて無くなった”っつっても、本当
星野真里の肉やら骨やらがドロリと溶解したワケじゃござんせん。往年の東宝特撮映
画じゃあるまいし。自分の存在が消えて無くなってしまう程、ユタカに夢中…っつう事じ
ゃないスかね。フフ。こういうスカした表現(失礼)って、自分の中からは絶対に涌き上が
って来ないモンですから、正直照れますわな。

ユウコ(星野真里)とユタカ(西島秀俊)の関係は、まァ一言で言えば“セフレ”ってんです
か。イイ響きだなァ、セフレ。文明開化のオイニーがしますよね。でさ、このユタカって
男が、人間的にも性的にもダラシの無い男でして。で、西島秀俊がこういったダラシの無
い、女に薄情そうな役柄を演じるのってどうなんだろう?ミスキャストなんじゃないかし
らんとか思ってたんスけど、果たしてそれは全くの杞憂でした。すっごいハマリ役。つう
か『カナリア』の時も感じたんだけど、西島秀俊って、強烈に“陰”を感じさせる俳優で
すよね。 良く言えば涼しげな、悪く言えば死んだ魚の様な目元のせいでしょうか。

何と言っても今作は星野真里のフルヌード&ガチンコのベッド・シーンが大いに話題を呼
びましたよね。フフ。俺ってば気取っちゃって“ベッド・シーン”だって。 何でもかんで
も横文字変換すんのも粋じゃねえやなって事で、以後“濡れ場”で統一したいと思います、
ハイ。 で、星野真里の“濡れ場”なんスけど、この映画、ちょっと油断してたらすぐ濡
れ場に突入するんスよ。『おいおい、またヤんのかよ!』って、観てるコッチがツッコミ
入れちゃうくらい頻繁にヤるもんだから、ヘンな話、だんだんありがたみが減って来るっ
つうか。…や、低レベルな言い分だってのは重々承知の上なんスけどね。

今作と同様、旬の女優がフルヌードに挑戦して話題を呼んだ作品と言えば『スワロウテイ
』の伊藤 歩、『ジョゼと虎と魚たち』の池脇千鶴、最近だと『蛇にピアス』の吉高由里子
が記憶に新しいトコロですね。『蛇にピアス』は未見なので何とも申し上げる事が出来ま
せんが、『ジョゼ~』の池脇千鶴のヌードは良かったなぁ~。 …何つうかもう、今回の記事
は、マジでしょうもないッスね。 猛省(*´▽`*)

bannermono.gif

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/12/15(火) 11:03:18|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。