中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

江口洋介 妻夫木聡 宮崎あおい / 闇の子供たち

寝釈迦
ワケもなく寝釈迦



毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのハライチ担当、ブロッケンです。

阪本順治監督の映画『闇の子供たち』を観ました。 

タイ在留の日本人記者・南部(江口洋介)が、正義感の強いNGOの恵子(宮崎あおい)
と気の弱いカメラマン・与田(妻夫木聡)らと共に、闇ルートで取り引きされる臓器売買
と幼児売春の恐るべき実態に迫る、戦慄のサスペンス映画。

重い。 これはもう途方もなく重い内容です。 貧困の為身売りに出されたタイの少年
少女達が薄暗い売春宿で先進国の変態どもの性の玩具にされ、挙句の果てに生きな
がら心臓を摘出されるという、目を背けたくなる程凄惨でショッキングなシーンがこれ
でもかと続きます。 しかし、目の背けたくなる様な哀しい現実が存在するからこそ、そ
れを作品にして、問題提起していくのだという、制作者サイドの強い熱と覚悟が伝わっ
て来る内容でした。 

夢と理想に燃えるNGOのボランティアスタッフ役を宮崎あおいが好演しておりますが、
今作における彼女の立ち居振る舞いを見ていると、正義や理想が厳しい現実の前では
如何に無力であるかという事に否応なく気づかされます。 宮崎あおい江口洋介
共に、心臓移植を待つ家族の家に赴いた際、移植手術を受ける子供の父親(佐藤浩市)
が呟いた『できれば(臓器提供を)よその国に頼りたくなかったよ。石油じゃないんだから』
という嘆きに、我が国の心臓移植の現状を垣間見る思いです。

江口洋介が現地で行動を共にするカメラマン・与田(妻夫木聡)の『見たいんだけど、見
られたくない』というセリフも、妙に心に残る一言でしたね。 インターネットを利用する人
間であれば大なり小なり身に覚えのある感慨かと思いますが、ネットの匿名性を傘に
着た底無しの欲望が、時としてアジアの貧しい子供たちを性の玩具に貶めるという事実
に想いを馳せるだけで、何とも言えない暗鬱な気持ちになります。

そして今作の主人公・南部を演じる江口洋介ですが、彼の誠実な、説得力に満ちた演技
は、現実と隣り合わせのドラマと非常に相性が良く、だからこそ医者や刑事の役として多
数の作品に出演しているのだと思います。 しかし、今回はそんな彼の誠実なキャラクタ
ーを最大限に逆手にとった、驚愕の結末が用意されております。 極めて後味の悪い結
末ではありますが、ややもするとワンパターンになりがちな江口洋介の従来像を打ち壊
す事には成功していると思います。

幼児売春や臓器売買がモチーフの作品ではありますが、単なる問題提起や一方的な糾
弾に留まらず、“人間は状況に応じて加害者にも被害者にもなり得る、虚ろな存在である”
という真理を描ききった点にこそ、本作の意義を見出す事が出来るのでないでしょうか。

トータル138分、当然ながらほとんど“笑い”の無い今作。 しかし一ヶ所だけ、豊原功補
スナックでテレサ・テンの『つぐない』をしみじみ歌っているシーンだけは思わずニヤリと
させられました。  シブいぜ、功補(*´▽`*)


続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/03/06(土) 19:52:53|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:27
  4. | コメント:2

松田翔太 大沢たかお 鈴木京香 / 陽気なギャングが地球を回す

半目
ワケもなく小型犬


毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの香山リカ担当、ブロッケンです。

伊坂幸太郎原作の映画『陽気なギャングが地球を回す』を観ました。

演説の達人・響野(佐藤浩市)、他人の嘘を見破る名人・成瀬(大沢たかお)、スリの天才・
久遠(松田翔太)、正確な体内時計を持つ女・雪子(鈴木京香)。ひょんな事から出逢った
4人が、各々のスキルを活かしながら次々と銀行強盗を決行していく…というあらすじ。

いやはや、“豪華キャスト”という枕詞がこれほどしっくり来るキャスティングもなかな
か無いんじゃないかって位に鉄壁の布陣ですね。 さらに、今をときめく大ベストセラー
作家、伊坂幸太郎の原作とあっては、こらもう期待するなって方が無理な相談でござい
ます。 で、肝心の内容はどうだったかと云えば…うーん、諸手を挙げて快哉を叫ぶ程
でもないっつうか。正直言ってやや期待ハズレな感は否めません。 佐藤浩市演じる
演説の達人・響野の決めゼリフで『ロマンはどこだ?』ってのがあるんですけど、少な
くとも今作には、ボクの思い描くロマンは見当たらなかったな、と。

個性の異なるスペシャリスト達が大胆かつスマートに銀行強盗を成功させて行くという
ストーリー展開には胸躍るものがありましたし、主役4人の佇まいも実に魅力的。つうか
今作の劇場公開が2006年という事ですから、今からたった4年前とかそんぐらいの作品
の筈なのに、劇中の松田翔太のあどけなさ&愛くるしさは何なんでしょ?そんな無邪気
なスマイルでハムスターのおでことか撫でられたら、世の女性はすべからく萌え死に必
至でしょ。ズルイよ、翔太。 そんな松田翔太のキュートさと、大沢たかおのクールネス、
佐藤浩市のちょいワル(ボチボチ死語ですか)加減、それに鈴木京香の大人の色香。
要するに素敵×4で最高に素敵な4人組ってワケですよ。 へへ。 雑な説明ですね。

にもかかわらず、イマイチこの『陽気なギャングが地球を回す』の世界に没入できな
かったのには、いくつかの理由がありまして。

まず気になったのが、明らかにCGと見て取れるシーンと、CGではないシーンの織りま
ぜ方が、あまりにも不自然なんスよね。 何台ものパトカーが連なって強盗団の車を追跡
する場面が最も分かりやすいんですけど、もうちょっと巧妙にカムフラージュ出来なかっ
たモンかな、と。 “一発でCGと見破られちゃうCG”って、一気に作品の印象をチープに
してしまうものでして、それを映画開始から10分かそこらで垣間見せられたモンですから、
いきなりそこで出鼻をくじかれたというか。

また、物語終盤、鈴木京香を除く主役3人に大倉孝二を加えたメンバーで銀行強盗を
決行する、いわばクライマックスとも言える大事な場面で、唐突にS.O.S.(スクープ・オ
ン・サムバディ)
の曲が流れ出した時もガクッと興醒めしたなぁ。 わざわざそんな、安い
イメージPVみたいに仕立てなくても良かったのに。 勿体ない。

あ、でも和田アキ子とS.O.S.がコラボしてるエンディング・テーマはすっごい良かったで
す。 最初、黒人のソウルシンガーが歌ってんのかと思ったら、アッコなんだもん。やっぱ
和田アキ子の歌は凄いよ。 バラエティー番組になんざ出なくてもイイから、もっともっと
ソウルフルな歌を聴かせて下さいよ、アッコさん! ハーッ!(『古い日記』風で) …へへ。
最後の最後で映画と全く関係ない話に突入しちゃいましたけど、これもまた一興って事で。
  

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/01/10(日) 17:55:52|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:8
  4. | コメント:0

宮崎あおい 佐藤浩市 勝地涼 / 少年メリケンサック

ラクガキ
ワケもなく壁にラクガキ


毎度です。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの橋田壽賀子担当、ブロッケンです。

宮藤官九郎監督・脚本の映画『少年メリケンサック』を観ました。 超面白かったッス。

ある日動画サイトで見つけたパンクバンド『少年メリケンサック』のライヴ映像にビビッと
来たレコード会社の新人発掘担当・栗田かんな(宮崎あおい)は、早速意気込んで契約
交渉に向かう。 しかし、かんなの前に現れたのは50歳の大台に乗った酔っ払いのオヤ
ジ(佐藤浩市)だった。かんなの見つけた動画は25年も前のものだったのだ。焦る彼女と
は裏腹に、ネット上で日々過熱して行く少年メリケンサックの人気。そうこうしている内に
全国ツアーも決定してしまう。 果たしてかんなと少年メリケンサックは、奇跡を呼び起こ
す事が出来るのか?…というストーリー。

まず何と言っても、冒頭の臨場感溢れまくりのライヴ・シーンから、いきなりこの『少年メリ
ケンサック
』の世界観にグッと引き込まれます。 若かりし頃のヴォーカル・ジミーを演じる
のが銀杏BOYZ峯田和伸。 金髪のマッシュルーム・ヘアを振り乱しながら客に噛みつ
く様に叫び散らすその姿は、全盛期のイギー・ポップかっつう程の大迫力。しかも、25年
後の、半ば廃人状態のジミーを、かつてパンクバンド『ばちかぶり』のヴォーカリストとして
活躍し、現在では個性派俳優としての地位を確固たるものとした田口トモロヲが演じてい
るのもニクイ!新旧パンク・ヒーロー揃い踏みといった趣でございます。

また、劇中で使用される楽曲のほとんどが作詞:宮藤官九郎 / 作曲:向井秀徳のタッグ
で製作されている点も見逃せません。楽曲のバリエーションも、アイドル歌謡、テクノポップ、
ダブ、エモ、へなちょこフォークと実に多彩。 ZAZEN BOYSとはまた違った向井氏のポ
ップな側面が遺憾なく発揮されております。 個人的には『アンドロメダおまえ』がイチオシ。

佐藤浩市木村祐一三宅弘城田口トモロヲといった、むさ苦しい中年パンクス達に終
始翻弄され続ける宮崎あおいの愛くるしさも、この作品の大きな見どころ。
彼氏役の勝地涼とベッドの上でイチャイチャするシーンとかもうヤバいです。 萌え死に必至。

物語はクドカンらしいアッパーかつダークなギャグを随所にちりばめながら、終始躁病的な
テンションで進んでいきます。 しかし、ギャグで巧妙にカムフラージュしつつも、締めるべき
トコロはビシッと締めてくるのがクドカン作品の特徴。 『(パンクは)アニメや深夜番組の主題
歌に成り下がっちまった』、『ガキの頃は大人に笑われて、大人になったらガキに笑われて、
今さらカッコつけてどうすんだ!』、『今さら年下のバンドなんか聴けねェよ!』辺りのセリフ
が特に染みる。 若さの盛りをとうに過ぎた中年パンクスの哀愁&滑稽さを的確に射抜いてます。

爆笑と興奮と哀愁と、宮崎あおいのキュートさ爆発の125分。  オススメですよ、奥さん。

続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/08/29(土) 12:45:39|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。