中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なかよし番外地 本日発売!

なかよし番外地
WHAT IS なかよし?


毎度です。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの毛皮のマリーズ担当、ブロッケンです。

本日1月25日(火)発売のヤングチャンピオンに僕達の読み切り漫画『なかよし番外地』が
掲載されております。 わずか4ページではございますが、ギュッと魂込めて描きましたんで、
ぜひぜひ御一読下さいませ。

 
この『なかよし番外地』、僕達にとって非常に思い入れの強い作品なんです。 って言うの
も、一昨年の2月に『四次元チャリティショー』っつう4コマ漫画がヤングチャンピオンに掲載
されたのが、僕等の商業誌デビューだったんスけど、その時 とある編集の方から『今後こ
ういったナンセンス・ギャグ4コマの路線で続けていくのは、正直厳しい』とキッパリ申し渡さ
れたっつう経験がございまして。 笑えるっちゃ笑えるんだけど、いかんせん攻撃的/差別
なニュアンスをはらんでいるネタ自体がネックである、と。 僕達にしてみれば、そういった
不謹慎なニュアンスこそが中川ホメオパシーの最大の持ち味だ!みたいな、大袈裟に言
えば自負みたいなモンがあったので、そん時はやっぱショックでしたよね。 作画担当のは
ちみつ君と二人、雪解けでぬかるんだ道をトボトボと歩きながら『もう俺達…ダメかもしん
ねぇな…
』なんて弱音を吐いたのは、今となってはイイ思い出です(実話)。 で、そっからも
う一度奮起してですね、アレコレ無い知恵ふり絞って試行錯誤を重ねていった結果、『不謹
慎なネタが使えないなら、いっそ誰が読んでも傷つかない、ピースフルなネタにしちまおう』
っつう、半ばヤケッパチな結論に辿り着いたワケですよ。ただ、そういうピースフルなネタ
に同じくピースフルな作画をぶつけたんじゃ、単なる『のらネコミック』になっちゃうじゃん、と。
それじゃネタとは対照的に作画を思いきりダークな劇画テイストに振り切って、そこから
生じるギャップであったりアンバランスさを笑いに転化していくのはどうだべ?みたいなアイ
ディアに思い当たったんです。 結果的に従来の発想からは決して生まれ得なかったテイス
トに仕上がったと思いますし、ここから学んだ劇画的/昭和的な演出っていうのは、現在
ングチャンピオン烈
にて連載させて頂いている『抱かれたい道場』を描く上で、大いに役
立っております。 そういった意味において この『なかよし番外地』は、現在の僕達の原点
とも言える作品なんですね。 そして、発想転換のきっかけとなる一言を下さった『とある編
集の方
』ってのが、現在の我々の担当であらせられる“第三の中川ホメオパシー”こと
さん
なんですよ。いやホント、Nさんには足向けて寝られないスね。  
 

ところでNさんと言えば、編集後記に寄せるコメントの様子がいちいちおかしいっつうハナ
シを以前にも どこかの記事で書いた様に記憶しておりますが、いやはや今週の編集後記
全力でトバしております


編集だより


…他の編集の方々が極めて無難な年始・よもやま話に終始している中にあって、ただひと
『月刊ムー』みたいなトリビアを披露しているのが、他でもないNさんなワケですが、な
んとNさんってば、この『方位除け』なるお祓いを受ける為だけに新年早々、栃木県の佐野
厄除け大師
単身乗り込んできたんですって。 単身だぜ? シビれちゃうよネ。しかもそ
の理由ってのが 『編集後記用のネタ作りのため』だってんだから フツーに狂ってます
まさに鬼気迫る編集者魂。 そんで、『新年の佐野厄除け大師って、どんな雰囲気なんで
すか?』みたいな素朴な質問をNさんにぶつけたトコロ、『男性用の簡易トイレにはドアが
ついてなくて、少し恥ずかしかったです
』っつう極めてチグハグな返答が。 Nさん、2011
年も面白過ぎます


…アレ? 何のハナシだったっけ? そうそう、『なかよし番外地』だったよね。  まぁその、
一生懸命描きましたんで、ぜひぜひチェックしてやって下さい。  なにとぞ!

スポンサーサイト

テーマ:とある魔術の禁書目録 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/01/25(火) 02:54:56|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。