中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

麻生久美子 加瀬亮 風間杜夫 / インスタント沼

河童





どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの乱反射ガール担当、ブロッケンです。

三木聡脚本・監督の映画『インスタント沼』を観ました。

ジリ貧でリアリストのOL・沈丁花ハナメ(麻生久美子)は、自らが手がける雑誌が
廃刊に追い込まれたり、母親(松坂慶子)が沼に落っこちて生死の境をさまよった
りと、文字通り“ドロ沼”な毎日を送っていた。 ひょんな事から手に入れた一通の
古い手紙を頼りに、ハナメは生き別れの父親かもしれない男・沈丁花ノブロウ(
間杜夫
)の元を訪ねる。 骨董屋を営むノブロウのイイ加減な性格に呆れっぱなし
のハナメ。 しかし、次第にハナメ自身も骨董に興味を持ちはじめ、ついに自ら骨
董屋を開業する事を決意する。  しかし、なかなか商売が軌道に乗らず、クサる
ハナメ。 そんなハナメに対してノブロウは、『物事に行き詰まったら 水道の蛇口
をひねれ!』という謎の教えを伝授する…というあらすじ。

ドラマ『時効警察』シリーズをはじめ、三木 聡監督の関連作品は、ほとんどチェ 
ックしております。エッヘン。 で、前作『転々』も、三木監督の持ち味である脱力
ユーモアとおびただしい蛇足、そしてほんの少しのせつなさが絶妙にブレンドされ
た、大好きな作品でした。 そして今作『インスタント沼』ですが…うーん、思って
た程グッと来なかったんだよなあ。
 
もちろん随所に散りばめられた小ネタの数々にはいちいちニヤリとさせられました
し、三木作品にゆかりのある個性派キャスト(岩松了ふせえり江口のりこ
野高史
ほか)もズラリ総出演だし、主演の麻生久美子はオシャレでカワイイしで、
決して退屈だったって訳じゃないんスけど、なぜか胸に残るモヤモヤ感。

加瀬亮演じる草食系パンクロッカーの“ガス”も、“あの加瀬亮が、こんなトンガっ
た格好をしてる”というギャップ以外に、取り立てて面白味の無いキャラで、胸の
モヤモヤはさらに加速する始末。 うーむ。

“無意味である”という事を徹底的に追究するのが三木作品の特徴で、それこそ
がボク的に一番シビレるポイントだったりするんですけど、この『インスタント沼
に関して言えば、いまいち無意味指数が低いように感じたんですね。 ついでに
言えば不謹慎指数も低かった。 で、それらが低下した分だけ新たなサムシング
が作品に付加されていたかっつうと、正直そんなんでもなかったりして、その辺り
のどっちつかずな感じが、胸のモヤモヤを誘発してたんだと思います。

久しぶりに再会した憧れの先パイが、見るも無残なうすらハゲになってたり(亀は
意外と早く泳ぐ
)、手首のリスカの傷痕を利用してワサビをすりおろしたり(図鑑に
載ってない虫
)といった、“意味なんか無いし、笑ってイイ所なのかどうかも怪しい
んだけど、笑わずにはいられない”シチュエーションを描く天才=三木聡のデタラ
メなユーモア・センスを、遠慮せずにもっともっと見せつけて欲しかった。 そうす
れば胸のモヤモヤなんか 一瞬で消し飛ぶのに…みたいな気持ち悪いポエムを、
彫刻刀かなんかで教室の机に刻み付けたい。 そんな気分でございます。 

…あ、でも松阪慶子が映画の冒頭で何気なく言った『たまには、ありえないモノ
とか見なさいよ?』というセリフは、何故かジーンと来ました。 つうか俺も、ありえ
ないモノとか沢山見たいですよ。 たとえば…UFOとかぁ、幽霊とかぁ、つかみあ
いの大ゲンカしてるW浅野とかぁ、手ェつないで空中遊泳してるW浅野とかぁ。


続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/05/15(土) 13:59:37|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:18
  4. | コメント:0

岡田将生 加瀬亮 渡部篤郎 / 重力ピエロ

コンピューターおばあちゃん
ワケもなくコンピューターおばあちゃん


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの坂本龍一担当、ブロッケンです。

伊坂幸太郎
原作の映画『重力ピエロ』を観ました。

遺伝子研究を専攻する大学院生の兄・泉水(加瀬亮)と、芸術的な才能を持つ弟・春(岡田
将生
)は、平凡な公務員の父と三人で平穏に暮らしていた。  そんな彼らが暮らす仙台の
街で連続放火事件が起こる。 犯行現場の近くには、必ず謎めいたグラフィティが描かれて
いた…というあらすじ。

うーん…フツーに面白かったんですけどぉ、伊坂作品にしては珍しく先の展開がちょっと読
めてしまったというか、『アヒルと鴨の~』や『フィッシュストーリー』の劇場版を観終わった時
ほどコーフンしなかったというのが正直な感想です。 とは言え、やはり伊坂ブランドにハズ
レ無し。 弟・春の出生にまつわる哀しい過去と“グラフィティ・アート”、そして“遺伝子”といっ
た、一見無関係に思える要素を違和感なくひとつの物語、そしてひとつの真相に収斂させて
いくその手腕は、今作においても遺憾なく発揮されております。 

家族全員で観に行ったサーカス。  空中ブランコに挑むピエロをハラハラしながら見守る子
供たちに対して、鈴木京香演じる母親が言った『大丈夫。 あんなに楽しそうな顔をしていれ
ば、地球の重力だって消えちゃうわ』という一言が『重力ピエロ』という印象的なタイトルの由
来なのですが、このタイトルに関して、もう少しヒネリの効いたエピソードが用意されているの
だろうと考えていた僕としては、ちょっと拍子抜けしてしまいました。…うーん、“伊坂幸太郎
が原作”ってだけで、何かと期待しすぎなのかもしれませんね。 

えっと、本作の具体的な内容について、アレコレと言弁を弄するのはあまりにも野暮なので、
こっから先は本編とあんまし関係ないような点ばっかクローズ・アップして行きましょう(´∀`)

まずアレだ、回想シーンに登場する、加瀬亮演じる“泉水”と岡田将生演じる“春”の少年時
代のコ達が、二人とも本人にソックリで驚きましたね。 特に加瀬亮の方は、タイムマシンで
過去から連れて来たんじゃねえのって位に酷似してました。 つうか、“泉水”も“春”も、英語
に訳したら“スプリング”っていう命名センス、ニクいですよねぇ。 他にも、春につきまとうスト
ーカー少女に対して、“春を追いかけるから”という理由で“夏子さん”と呼んでしまうセンスも
実に小粋だなァ、と。

それとさ、渡部篤郎演じる葛城っつう男が、あまりにも渡部篤郎にピッタリな役どころ過ぎて
逆にツマンないっつうかね。  ええ、完璧に言いがかりですけど。  渡部篤郎がセクシーで、
どこか危険な香りがする役が似合う俳優なのはもう分かったと。 だから逆にさ、生まれてこ
のかた一歩もウチから出た事がないひきこもり(42歳・童貞)みたいな役を渡部篤郎がやった
らメチャクチャ面白いと思うんだけどなぁ。 他には…そうだなァ、大野クンのかわりに渡部篤
怪物くんを演じたらどうなるのか、ちょっと観てみたいッス(*´▽`*) =3ハァハァ 


続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/05/04(火) 13:34:26|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:33
  4. | コメント:0

草剛 加瀬亮 黒川芽以 / 山のあなた ~徳市の恋~

しわざ
ワケもなく矢追純一


押忍。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのやくしまるえつこ担当、ブロッケンです。

石井克人監督の映画『山のあなた ~徳市の恋~』を観ました。

山あいの温泉場を舞台に、盲目の按摩師・徳市(草剛)の淡い恋心を描いた本
作は、清水宏監督が1938年に公開した映画『按摩と女』を、『鮫肌男と桃尻女
や『PARTY7』で知られる石井克人監督がリメイクしたもの。 『按摩と女』を観た
事がない為、オリジナルと比較して論じる事は出来ませんが、清涼感溢れる素晴
らしい作品だったと思います。 とは言え、石井克人監督の持ち味である、ブッ飛
んだギャグ・センスやモダンな映像感覚がたまらなく好き!という旧来のファンに
とっては、少々もの足りなさが残る内容であった事も事実。 ともあれ、前作『茶の
』を境に、石井監督の関心が“和テイスト”な方向へと傾きつつある事は確かで、
これは実に興味深い変化であると言えましょう。

まず何と言っても草剛演じる徳市のコミカルかつ飄々とした振る舞いに、思わ
ずニヤリとさせられます。 目あき(目が見える人間)の旅行者を後ろから追い抜
くのが密かな楽しみという徳市の姿からは、重いハンデを背負いながら生きると
いった悲壮さは微塵も感じられず、むしろその状況をどこか楽しんでいる様にす
ら見えて来るから不思議です。

徳市の相棒で、やはり盲目の按摩師である福市(加瀬亮)も、とぼけた味わいを
醸し出しておりました。 女学生(野村佑香ほか)に取り囲まれて、困ったように
身をよじる場面なんかは、非常に“加瀬亮らしい”一幕でしたね。 そう言えば映
画『69 sixty nine』で、妻夫木聡の口車に乗せられてバター犬(股間にバタ
ーを塗布して、犬に舐めさせる行為)の実験台になる場面も、非常に加瀬亮らし
かったなあ。 つうか“加瀬亮らしさ”って何なのよっつうハナシなんですけど、な
んとなくニュアンスで察知して下さいとだけ言っておきます。 フフフ。

徳市らが出入りしている温泉宿・鯨屋の女中役として、さりげなく黒川芽以が出
演してるんですけど、あまりに落ち着き払った雰囲気ゆえ、しばらくは黒川芽以
だと気づかなかったほどでした。 彼女も演じる役によって、ガラッと雰囲気の変
わる女優ですが、個人的には『問題のない私たち』で見せた様な、サドっ気全開
の女子高生みたいな役柄が、彼女に一番マッチしていると思います。 そんなサ
ドモード全開の黒川芽以が、加瀬亮をいじめにいじめ抜くみたいな映画がもし
仮にあったとしたら、もう絶対に大ヒット間違いナシだと思うんだけどなあ。 黒川
芽以
の執拗ないじめ攻勢に、苦悶とも恍惚ともつかぬ表情を浮かべる加瀬亮
その瞬間、画面全体から溢れ出す“加瀬亮らしさ”に、日本全国のいじわるなお
姉様方も大喜び!  …だから“加瀬亮らしさ”って何なんだよっていうね。 


続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/04/09(金) 17:34:22|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:9
  4. | コメント:0

小泉今日子 加瀬亮 上野樹里 / グーグーだって猫である

にゃんこ6
ワケもなく仔猫


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの小林さり担当、ブロッケンです。

大島弓子原作、犬童一心脚本・監督の映画『グーグーだって猫である』を観ました。

吉祥寺で暮らす少女漫画家・麻子さん(小泉今日子)の飼い猫“サバ”が、ある日
亡くなってしまう。 サバを失った哀しみから、すっかり漫画を描かなくなってしま
った麻子さん。 それからしばらくして、ふらりと立ち寄ったペットショップで麻子
さんは、おなかにうずまき模様のあるアメリカンショートヘアの仔猫“グーグー”と
運命的な出逢いを果たす…というあらすじ。

…猫って、どうしてあんなに可愛いんでしょう?ウチにも一匹オスの雑種がいて、
四六時中遊んでもらってるんですけど、まぁとにかく可愛い。タワレコ風に云うな
れば“NO CAT,NO LIFE”ってトコでしょうか。 で、この“グーグーだって猫である
は、そんな猫の、魔性の愛くるしさを徹底的に追究した作品…ってワケではない
んですね。 今作における主人公は、あくまでも天才漫画家・麻子さんであり、彼
女の生活に不意に訪れる喜びや哀しみを、グーグーが静かに見守るという、いわ
ば“猫がたくさん出てくるヒューマン・ドラマ”であって、“猫の映画”ではない、とい
う事です。 単純に“ネコちゃん可愛い!”を突き詰めた作品が観たいのであれば、
迷わず“仔猫物語”をオススメしときます。 あれはヤバイ。

犬童一心氏は、一貫して“死”を撮り続けて来た監督であり、今作もまたその例外
ではありません。 冒頭、麻子さんの最初の飼い猫・サバが、静かに息を引き取る
シーンから、イキナリ泣かされましたね。 死の直前、サバが窓ごしに夜明けの空を
眺めるシーンと、徹夜仕事に追われる麻子さんとそのアシスタント(上野樹里
三中
)の姿をじっと見つめるシーンのせつなさは、筆舌に尽くし難いものがあります。

天才漫画家・小島麻子を演じるのは小泉今日子。キョンキョンの演技って、達者な
のかどうなのか良く分からないのですが、おっとりとしていて、どこか夢見がちな今
回の役どころには非常にマッチしていると思いました。 喜怒哀楽がなだらかで、淡
々とした印象の麻子さんに対し、上野樹里森三中演じるアシスタントの面々は実
に情感豊かで、コミカルに描かれております。 しかし、そんなコミカルさがやや空
回りしている様に思えたのも事実。劇団の稽古に混じって殺陣(たて)の練習をする
シーンや、上野樹里の彼氏(林直次郎)が、知らない女とホテルから出てきたのを目
撃し、街中追いかけ回すシーンなどは、ハッキシ言って蛇足感が否めないですし、
突如トラックの陰から現れた楳図かずお(!)御大が、意味もなく“グワシ!”をカマす
場面なんかも中途半端にシュールで、今ひとつヌケが悪い印象。  

麻子さんが心惹かれる青年・青自役の加瀬亮は、飄々とした、相変わらずの自然体。
アレですよね、 加瀬亮って、キョンキョンと同世代のアラフォー女性に、熱烈に支持
されてそうですよね。 しかもその支持の仕方ってのが、単純に“好き”ってんじゃなくて
“坊や…かわいがってあげる…”ってな感じに、妙な湿り気を帯びてそう。 ええ、完全
なる邪推ですけど。

今作の特別協賛として、花王の“ニャンとも清潔トイレ”のクレジットが、映画の冒頭
にでかでかと映し出されます。劇中でも何回かニャンとも清潔トイレを使用する場面
が出て来る辺り、いかにも宣伝クサい感じがしますが、最高にトホホ&キャッチーな
その商品名に免じて、特別に見逃してやるとしましょう(´∀`)  ちなみに、犬用のトイレ
は“ワンとも清潔トイレ”なのかしら?  ちょっと気になる昼下がりの午後。


続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/02/21(日) 14:28:46|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:18
  4. | コメント:0

リリー・フランキー 木村多江 / ぐるりのこと。

阿波踊り
ワケもなくお祭り騒ぎ


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのちあきなおみ担当、ブロッケンです。

橋口亮輔脚本・監督の映画『ぐるりのこと。』を観ました。 傑作です。

うだつのあがらない法廷画家の夫・カナオ(リリー・フランキー)としっかり者で几帳面な妻・
翔子(木村多江)。平凡な夫婦に突如訪れた危機と再生を、90年代という時代背景を通じ
て淡々と描いた大人のラブ・ストーリー。

愛する我が子を生まれてすぐに病気で亡くし、深い哀しみと喪失感、周囲の無理解に対す
る幻滅、そして“もっとちゃんとやれる筈だったのに”という強い自責の念から、次第に心を
病んでいく妻・翔子役の木村多江の演技はただただ素晴らしいの一言。 書店の中で突如
感情の抑制が効かなくなり、本で顔を覆い隠しながらその場にしゃがみ込んで泣く場面など
は、特に胸に迫るものがありました。

そんな木村多江を、静かに見守り続ける夫・カナオ役のリリー・フランキーの演技がこれ
また素晴らしい。 大の男のくたびれた哀愁と諦念とある種の無責任さ、そして口に出さず
とも滲み出る妻への愛を、実に自然に体現しております。 リリー・フランキーって、ミラク
ルタイプ
の頃からイイ味出してンなぁとは思っていましたが、まさかここまでとは。 

そんなリリー・フランキーが法廷画家として携わっていく様々な事件は、全て90年代に実
際に起きた事件がモデルとなっており、中でも“宮崎勤”をモデルにしたと思われる幼女
誘拐殺人犯(加瀬亮)のインパクトたるや絶大。弁護士の問いかけに対して『♪どっちでも
い~い~』と歌う様に、しかし真顔で答える場面などは、恐怖と狂気と憎悪と無邪気さが
渾然一体となって強烈な印象を観る者に残します。やるじゃん加瀬亮。 ちなみにこの時の
弁護士役が光石研なんですけど、どこにでも出て来ますね、このヒト。

と、ここで気づくのが、今作におけるリリー・フランキーが、一貫して“見守る”という行為に
徹しているという点。 壊れ行く妻を、そして数々の凶悪事件を、そして変わり行く時代の
流れを、肯定も否定もせず、ただ寄り添う様に見守り続ける彼の姿に、無力さと頼りなさと、
そしてある種の誠実さを感じ取る事が出来ます。  

“鬱の時代”とも言うべき現代に生きる我々の四方を、文字通り“ぐるり”と取り囲む悪意や
不幸や無理解や哀しみの数々。 それらに翻弄されながらも、人生から逃げ出す事なく
歩んでいく夫婦の、10年間の軌跡を描ききった絶望と希望の140分。  断固支持です。 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/01/23(土) 18:23:03|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:11
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。