中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

榮倉奈々 勝地涼 / 阿波DANCE

toshiのフィギュア
ワケもなくTOSHI


毎度です。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの小森純担当、ブロッケンです。

榮倉奈々勝地涼主演の映画『阿波DANCE』を観ました。 轟沈ですわ。

ヒップホップダンスに夢中の女子高生・川村茜(榮倉奈々)は、親の都合で徳島県は
鳴門へと越して来る事に。 そこで彼女は、阿波踊りを愛し、阿波踊りの歴史と伝
統を守らんとする造り酒屋の息子・コウジ(勝地涼)と出逢う。 最初は反発し合い、
互いの踊りを理解しようともしなかった二人だが、コウジの同級生・ユッキー(北条
隆博
)の一言がきっかけで“ヒップホップ”と“阿波踊り”を融合した全く新しいダンス
スタイル、その名も“阿波DANCE”を模索し始める…というあらすじ。

…まず大前提としてこの映画、徳島県でヒップホップダンスをやってる方達に超失礼
ですよね。 『こんな田舎じゃダンス出来ない~』とかって榮倉奈々が物語の序盤で
ブーたれるんですけど、もし仮にボクが徳島県在住のヒップホップダンサーだったら、
“フザけんじゃねえぞ”ってな感じで怒り狂っちゃうな☆

そんでさ、“ヒップホップ”と“阿波踊り”を、鳴門のうずしおになぞらえてグルグル混ぜ
合わせて、全く新しい、俺達だけのダンスを生み出そうぜ!っつうその気概というか、
ミクスチャー感覚ってんですか?その着想自体は非常に面白いと思うんですよ。でも、
面白かったのはその着想だけで、肝心の“阿波DANCE”が激しくビミョーな代物でさぁ。
その時点でこの映画の命運は尽きたって感じ。 ダサい、ってのとはちょっと違うんで
すよ。何つうのかな、イメージとしては、“ビーフシチューとクリームシチューを融合さ
せて、全く新しいシチューを模索したものの、味もインパクトもどっちつかず。こんな事
なら最初っからビーフシチューとクリームシチュー、分けて食っとくべきだった…”って
モヤモヤと悔恨する様なテイスト、とでも申しましょうか。 おお、我ながらイイ例え。

阿波DANCE”のビミョーさに呼応する様にして、ストーリー自体も、バカ方面にも青
春方面にも振り切れない、中途半端な印象が残ります。 おまけに目新しさも無いって
いう、まさにだめだこりゃ状態。 物語のラスト、榮倉奈々が東京行きの電車の窓から
外を眺めると、爆チャリ(自転車を全力で漕ぐ事)しながら勝地涼が追いかけてくるんス
よ。 ベッタベタでしょ。 で、榮倉奈々と大声で何やら言葉を交わし合い、最後に一言、
ジーンと来るようなセリフでも吐いてくれるのかと思いきや、カン高い声で『フォオーッ!』
って絶叫したのにはトホホ&大爆失笑。  マイケル・ジャクソンかお前は。

とまぁ、ここまで散々コキ下ろして参りましたが、あえて無理矢理に良かったポイント
なんぞを挙げるとすれば、榮倉奈々のしなやかな脚線美と、勝地涼の父親役である
高橋克実が、満面の笑みを浮かべながら踊り狂ってた場面…ぐらいかなぁ。 やっぱ、
阿波踊りみたいな土着的なグルーヴには、高橋克実みたいな土着的な“イイ顔”が
しっくり来ると思うんだぁ、ボク(´∀`)
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/01/25(月) 17:12:04|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:0

北乃きい 勝地涼 / 幸福な食卓

梅宮辰夫ダイナマイトロック
ワケもなくダイナマイトロック


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの梅宮辰夫担当、ブロッケンです。

北乃きい勝地涼主演の映画『幸福な食卓』を観ました。 

中原佐和子(北乃きい)は中学三年生。 母親(石田ゆり子)は家を出て暮らし、秀才の兄
(平岡祐太)は進学を諦めて農業を始めた。 そしてある朝の食卓で、父親(羽場祐一)が
父親をやめると宣言する。 徐々に薄らいでゆく家族の絆に悩み、戸惑う佐和子。 
新学期早々、佐和子のクラスに、転校生の大浦勉学(勝地涼)がやって来る。 屈託の
ない勉学に少しずつ惹かれていく佐和子。 そして2人はそろって同じ高校を受験する事を
決意する…というあらすじ。

この映画の主題歌が、Mr.Childrenの『くるみ』なんですけど、 しみじみイイ曲ですよね。
で、この曲の一節に『どこかで掛け違えてきて 気が付けば一つ余ったボタン 同じように
して誰かが持て余したボタンホールに 出会う事で意味が出来たならいい』というラインが
あるんですけど、これってそのままこの映画の主題とイコールなんじゃないかな、と。

父親の自殺未遂、そして母親の別居と、少しづつ掛け違っていく家族のボタン。 それに
伴い、佐和子の心のボタンも少しずつちぐはぐになって行き、1つ、2つとボタンホールを
持て余していきます。 そんな折、目の前に現れた勉学は、佐和子にとって自らの心の
空白を埋めてくれる『ボタン』だったのでしょう。

…そんなかけがえのない『ボタン』も、ある日、何の前ぶれもなくこの世から永久に失われて
しまいます。 超不条理。 『くるみ』の歌詞になぞらえて言うなれば、『希望の数だけ失望は
増える』状態ですか。 仮にボクが劇中の北乃きいと同じメに遭ったら多分…っつうか絶対に
ココロが折れちゃうと思います。 ポキーンっつって。 で、そのまま廃人ね。  

しかし、『希望の数だけ失望は増える』の後に『それでも明日に胸は震える』と続くように、
沈みゆくばかりではないのが人生の常。 打ちひしがれた佐和子を守るため、再び家族が
しっかりと向き合い、本来の絆を取り戻していこうとする姿に、一抹の救いが残されています。

余談ですが、『幸福な食卓』で使用されている『くるみ』は、わざわざこの作品の為に編曲
し直されたヴァージョンなんですけど、正直言ってボク、原曲の方が断然好きですね。
櫻井氏のたたみかける様なヴォーカルと、ピアノ主体のアコースティックなアレンジが微妙に
噛み合ってないというか、ちぐはぐに感じるんです。 どうせなら原曲のままイッて欲しかった。

もう1コ余談なんスけど、大浦勉学役の勝地涼ね。 彼の顔って、風見しんごに超似てると
思うんですけど、いかがでしょう?などとワケの分からない問いかけをしつつ、今日の笑点、
この辺でお開きです。  山田君! 楽太郎さんの座布団、全部持ってって頂戴!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/10/24(土) 12:21:36|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

勝地 涼 掟ポルシェ 高橋真唯 / SOUL TRAIN

ねこ輪
ワケもなく猫サークル


毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの世界平和大観音担当、ブロッケンです。

石原まこちん原作の映画『SOUL TRAIN(ソウル・トレイン)』を観ました。

深夜のレンタルビデオ屋でバイトする須藤(勝地 涼)と野木(掟ポルシェ / ロマンポルシェ。)の
童貞2名が織り成す、グダグダで侘びしくて妄想過多な日常をリアルに切り取ったこの作品。
 
いや~、ダメな作品ですね。 や、作品がダメってんじゃなくて、主役2人の醸し出すゆるやかに
ノー・フューチャーな雰囲気がダメダメなんですね。 でも、こういう風景って日本全国の至る所で
繰り広げられてると思う。思うっつうか確実に。自分もコンビニの深夜勤やってた時、明らかにこう
いうムードだったもん。 そういうイミでは、意外と観る人を選ばない、レンジの広い作品なのかも。

ただし、レンジは広くとも、そこで描かれる世界っつうかネタは極めて矮小。『スター・ウォーズ』が
100だとしたらおそらく3か4くらいのスケール感だと思う。 “殺す”と“ブッ殺す”のニュアンスの
違いだとか、及川奈央(AV女優)は好きなアイドルのカテゴリーに入れていいのかどうかだとか、
『だから何なんだよ!』的小ネタの宝庫です。

須藤役の勝地 涼、この作品を皮切りに『未来講師めぐる』や『少年メリケンサック』など、一気に
コメディ方面に接近して行きましたよね。 つうか勝地 涼って、明らかにイケメンなのにイマイチ
ありがたみに欠けるといいますか、真剣に探せば近所にも居そうな感じが漂ってるのは何故?
それこそレンタルビデオ屋の深夜バイトにこういう顔の人、居そうだなぁ。 ナイス適材適所。

勝地 涼と同様に、あんまし尊敬できないバイトの先輩・野木役を演じる掟ポルシェの圧倒的に
微妙な存在感も、ダルダルの深夜帯のバイトの空気感にピッタシ。 つうか掟ポルシェ、劇中で
ずーっと鼻クソをほじりながらプレステのゲームばっかやってるんですけど、そのコントローラ、
絶対に触りたくねぇなって、観ながらしみじみ思いました。

紅一点、『白い女』役の高橋真唯がまた、反則級に可愛い。 このパチクリとした瞳で見つめ
られると、魔法にかけられた様に生きるのが面倒になって来ます。そんぐらい魔性の愛くるしさ。
それなのに『クワイエットルームにようこそ』の時は、もの凄いイッちゃった変顔を披露してたん
ですよね。 その変顔ってのが愛嬌もへったくれもない、ガチの変顔なんスよ。 高橋真唯ファン
のみならず、全国の変顔ファン(?)は必見! あれ?また最後、違う映画の話になってやんの。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/10/06(火) 11:33:04|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宮崎あおい 佐藤浩市 勝地涼 / 少年メリケンサック

ラクガキ
ワケもなく壁にラクガキ


毎度です。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの橋田壽賀子担当、ブロッケンです。

宮藤官九郎監督・脚本の映画『少年メリケンサック』を観ました。 超面白かったッス。

ある日動画サイトで見つけたパンクバンド『少年メリケンサック』のライヴ映像にビビッと
来たレコード会社の新人発掘担当・栗田かんな(宮崎あおい)は、早速意気込んで契約
交渉に向かう。 しかし、かんなの前に現れたのは50歳の大台に乗った酔っ払いのオヤ
ジ(佐藤浩市)だった。かんなの見つけた動画は25年も前のものだったのだ。焦る彼女と
は裏腹に、ネット上で日々過熱して行く少年メリケンサックの人気。そうこうしている内に
全国ツアーも決定してしまう。 果たしてかんなと少年メリケンサックは、奇跡を呼び起こ
す事が出来るのか?…というストーリー。

まず何と言っても、冒頭の臨場感溢れまくりのライヴ・シーンから、いきなりこの『少年メリ
ケンサック
』の世界観にグッと引き込まれます。 若かりし頃のヴォーカル・ジミーを演じる
のが銀杏BOYZ峯田和伸。 金髪のマッシュルーム・ヘアを振り乱しながら客に噛みつ
く様に叫び散らすその姿は、全盛期のイギー・ポップかっつう程の大迫力。しかも、25年
後の、半ば廃人状態のジミーを、かつてパンクバンド『ばちかぶり』のヴォーカリストとして
活躍し、現在では個性派俳優としての地位を確固たるものとした田口トモロヲが演じてい
るのもニクイ!新旧パンク・ヒーロー揃い踏みといった趣でございます。

また、劇中で使用される楽曲のほとんどが作詞:宮藤官九郎 / 作曲:向井秀徳のタッグ
で製作されている点も見逃せません。楽曲のバリエーションも、アイドル歌謡、テクノポップ、
ダブ、エモ、へなちょこフォークと実に多彩。 ZAZEN BOYSとはまた違った向井氏のポ
ップな側面が遺憾なく発揮されております。 個人的には『アンドロメダおまえ』がイチオシ。

佐藤浩市木村祐一三宅弘城田口トモロヲといった、むさ苦しい中年パンクス達に終
始翻弄され続ける宮崎あおいの愛くるしさも、この作品の大きな見どころ。
彼氏役の勝地涼とベッドの上でイチャイチャするシーンとかもうヤバいです。 萌え死に必至。

物語はクドカンらしいアッパーかつダークなギャグを随所にちりばめながら、終始躁病的な
テンションで進んでいきます。 しかし、ギャグで巧妙にカムフラージュしつつも、締めるべき
トコロはビシッと締めてくるのがクドカン作品の特徴。 『(パンクは)アニメや深夜番組の主題
歌に成り下がっちまった』、『ガキの頃は大人に笑われて、大人になったらガキに笑われて、
今さらカッコつけてどうすんだ!』、『今さら年下のバンドなんか聴けねェよ!』辺りのセリフ
が特に染みる。 若さの盛りをとうに過ぎた中年パンクスの哀愁&滑稽さを的確に射抜いてます。

爆笑と興奮と哀愁と、宮崎あおいのキュートさ爆発の125分。  オススメですよ、奥さん。

続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/08/29(土) 12:45:39|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。