中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

西島秀俊 星野真里 / さよならみどりちゃん

北京原人
ワケもなく北京原人

毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのセトルリン担当、ブロッケンです。

南Q太原作の映画『さよならみどりちゃん』を観ました。


初めてユタカ(西島秀俊)とSEXした夜、ユウコ(星野真里)は溶けて無くなった―しかし
ユタカには既に“みどりちゃん”と云う名の彼女が居て…というあらすじ。

…あの、野暮を承知で言わせてもらいますけど、“溶けて無くなった”っつっても、本当
星野真里の肉やら骨やらがドロリと溶解したワケじゃござんせん。往年の東宝特撮映
画じゃあるまいし。自分の存在が消えて無くなってしまう程、ユタカに夢中…っつう事じ
ゃないスかね。フフ。こういうスカした表現(失礼)って、自分の中からは絶対に涌き上が
って来ないモンですから、正直照れますわな。

ユウコ(星野真里)とユタカ(西島秀俊)の関係は、まァ一言で言えば“セフレ”ってんです
か。イイ響きだなァ、セフレ。文明開化のオイニーがしますよね。でさ、このユタカって
男が、人間的にも性的にもダラシの無い男でして。で、西島秀俊がこういったダラシの無
い、女に薄情そうな役柄を演じるのってどうなんだろう?ミスキャストなんじゃないかし
らんとか思ってたんスけど、果たしてそれは全くの杞憂でした。すっごいハマリ役。つう
か『カナリア』の時も感じたんだけど、西島秀俊って、強烈に“陰”を感じさせる俳優で
すよね。 良く言えば涼しげな、悪く言えば死んだ魚の様な目元のせいでしょうか。

何と言っても今作は星野真里のフルヌード&ガチンコのベッド・シーンが大いに話題を呼
びましたよね。フフ。俺ってば気取っちゃって“ベッド・シーン”だって。 何でもかんで
も横文字変換すんのも粋じゃねえやなって事で、以後“濡れ場”で統一したいと思います、
ハイ。 で、星野真里の“濡れ場”なんスけど、この映画、ちょっと油断してたらすぐ濡
れ場に突入するんスよ。『おいおい、またヤんのかよ!』って、観てるコッチがツッコミ
入れちゃうくらい頻繁にヤるもんだから、ヘンな話、だんだんありがたみが減って来るっ
つうか。…や、低レベルな言い分だってのは重々承知の上なんスけどね。

今作と同様、旬の女優がフルヌードに挑戦して話題を呼んだ作品と言えば『スワロウテイ
』の伊藤 歩、『ジョゼと虎と魚たち』の池脇千鶴、最近だと『蛇にピアス』の吉高由里子
が記憶に新しいトコロですね。『蛇にピアス』は未見なので何とも申し上げる事が出来ま
せんが、『ジョゼ~』の池脇千鶴のヌードは良かったなぁ~。 …何つうかもう、今回の記事
は、マジでしょうもないッスね。 猛省(*´▽`*)

bannermono.gif
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/12/15(火) 11:03:18|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

オダギリジョー 三浦友和 吉高由里子 / 転々

河童
ワケもなく河童


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのへらちょんぺ担当、ブロッケンです。


三木 聡脚本・監督の映画『転々』を観ました。

ある日、うだつの上がらない大学8年生の竹村(オダギリジョー)のもとへ借金取りの男・
福原(三浦友和)がやって来る。 金を返すあてのない竹村に福原は、“東京散歩に付き
合えば、借金を肩代わりしてやる”と持ちかける。目的地は霞ヶ関。 とりとめもなく歩い
ていく内に、竹村と福原の間に奇妙な絆が芽生えて行く…というあらすじ。

時効警察』、『亀は意外と速く泳ぐ』でおなじみの三木 聡ワールド全開の脱力系ロー
ド・ムービーといった趣の今作、相も変わらず小ネタと緊張感の無いギャグが目白押し
です。岸部一徳にまつわる都市伝説とか、そんなん本編と1ミリも関係ねえじゃんって
感じですよね。 主役のオダギリジョーをはじめ、岩松 了ふせえり笹野高史など三
木作品に縁の深いキャストもズラリ勢揃い。 友情出演として麻生久美子が『時効警察
の三日月しずか役でチョイッと出演するのもファンには嬉しいトコロですね。

『東京の街は風景が変化に富んでるから、散歩向きなんだよ』という三浦友和のセリフの
通り、目まぐるしく表情を変えていく東京の路地から路地へと文字通り“転々”と歩いていく
道すがら、不意にこの散歩の本当の目的が明かされるワケですが、実はそれがとんで
もなく重たい内容なんですよね。 にもかかわらず物語はちっともシリアスな展開を見せ
ずに、最後までユル~い小ネタを基調として進んで行く辺りが面白くもあり、妙にせつな
くもあります。

吉高由里子演じる不思議少女・ふふみちゃんも反則級の可愛らしさ。 アレですよね、こ
ういったバカそうなコの役を演じさせたら、吉高由里子は本当に上手いですよねェ。ちな
みに、バカサイドの吉高由里子を存分に堪能したい!というアナタには、迷わず『紺野さ
んと遊ぼう
』っつう作品をオススメします。 もうね、説明すんのがアホらしくなる位バカな
ドラマ(なのかアレは?)なんだぁ。

で、『転々』の話に戻りますけど、この映画、ラストがすっごいドライっつうか、ほとんど
余韻みたいなものを残さないで唐突に終わるんですよね。 やり方次第では、いくらで
も感動的な方向に持っていけるのに、あえてそうしない三木監督の選択は、実に正しい
と思います。 安易な共感やら感動のクライマックとやらが観たけりゃ、他を当たってくれ
っつう事なんでしょうね。 う~ん、シビレる(*゚∀゚)=3ハァハァ

bannermono.gif

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/12/08(火) 17:23:45|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

松本潤 榮倉奈々 / 僕は妹に恋をする

ジョンレノン
ワケもなくジョン・レノン


どうも。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの霊感商法担当、ブロッケンです。

青木琴美原作の映画『僕は妹に恋をする』を観ました。
何でも出来る兄・頼(より)と、何にも出来ない妹・郁(いく)が、許されぬ恋と知りながら、
互いに惹かれあって行く…というタイトルのまんまの近親相姦劇でございます。

マツジュンが思い詰めた表情で榮倉奈々に『俺…もう限界なんだ…』と、にじり寄って
来たり、『俺の事が好きなら、郁からキスして…』と、無茶ぶりしてみたり、誰もいない
理科実験室で息を殺してイチャイチャしたり…と、松本潤大好きっ娘のいたいけな妄想
を片っ端から具現化したような、ファンにはたまらないシーンが目白押し。 ウヒョー。

しかし、♂の視点でこの映画を観た場合、いまひとつグッと来るものがありませんでした。

そもそも榮倉奈々自体に、『妹感』が希薄というか、『こんな妹が兄貴である俺を慕って
くれたら最高じゃん』というトホホな妄想を抱かせる様なキャラじゃないと思うんです。
まぁ、原作が少女漫画ですから、ターゲットの重心がコチラ(男性)側に置かれていない
事は明白ですが…でもなぁ…。 たとえば妹役を吉高由里子が演じていれば、より
いっそう、背徳感っつうか、イケナイ事してる感が増したと思うんスけど。  ウフフ。

…えーとですね、この『僕は妹に恋をする』、率直に言ってとても退屈な映画でした。

セリフとセリフの『間』が、あまりにもゆったり取られていて、しかもその『間』に、微塵も
必然性を感じないので、ただただ冗長な印象だけが残りました。加えて、各登場人物の
セリフのトーンも起伏に乏しいため、観ていると強烈な睡魔に襲われる事必至です。 
この映画の尺はおよそ120分。 ですが、余分な箇所をカットして、もっとテンポ良く編集
すれば、冗談抜きで60分弱の尺にまとめる事が出来たんじゃないかな、と。  

マツジュンが大好き!マツジュンみたいなお兄ちゃんに愛されたい!マツジュンと同じ
2段ベッドで眠りたい!…日頃からそう願っている様な、気合の入ったファン以外の方が
御覧になる場合は、十分に休息をとってから鑑賞される事を 強くお奨めいたします。


出演 : 松本潤 榮倉奈々 平岡祐太 小松彩夏 浅野ゆう子 ほか

◆◆オーラル学園 更新情報◆◆
・アシッドちゃん - 321  ・のらネコミック - 174
  

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2009/06/30(火) 12:51:46|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。