中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

竹内力 / 難波金融伝 ミナミの帝王 特別編 ~密約~

旨ミルクチョコ
ワケもなく旨チョコミルク


《あらすじ》
ミナミの高級ホステス・純子の借金返済が滞り出した。 彼女の客の斉藤(トミーズ健)が
失踪し、200万円のツケを背負ったのだ。 銀次郎(竹内力)に追跡された斉藤は、叔父で
ある和泉原市市長の引田(芦屋小雁)をゆすることに。 市は熾烈な選挙の真っ最中。引
田は『1億円の借り入れをしてくれたら、200万円肩代わりしてもいい』という。  あと1億円
の実弾で勝算が見えるというのだ。 『銭は道具や!銭ばらまいたら決まりや!』と豪語す
る引田に、銀次郎の目が鋭く光る…!  初代舎弟・竜一(柳沢慎吾)が久々に登場する
シリーズ第22作目。 


《用語解説集》

・いくら泣いたかて 涙で借金はチャラにならんど!
〔解説〕 泣こうが叫ぼうが、銀次郎の地獄の取り立てからは 逃れられないのだ。


・田舎じゃ選挙は 最高のエンターテインメントだからのう
〔解説〕 田舎だってがんばってるんだよォ。 (平成狸合戦ぽんぽこ風に)


・信用でけるかどうかは ワシが決める事じゃ!
〔解説〕 “信用できる” ではなく“信用でける” と発音するのがポイントじゃ!


・ゼニは持ち主の人格を選ばへん
〔解説〕 人を憎んで ゼニを憎まずっちゅうこっちゃ。


続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/06/22(火) 15:30:42|
  2. ミナミの帝王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

竹内力 / 難波金融伝 ミナミの帝王 スペシャル劇場版 ~ローンシャーク…追い込み~

力は人気者
ワケもなく写真撮影


《あらすじ》
アメリカで起こした事業に失敗し、昔の恋人の元に戻った千脇(高杢禎彦)。ホステス
である恋人・笙子(喜多嶋舞)の得意客・板橋(佐藤B作)とエステサロンを経営する事
になった彼は、銀次郎(竹内力)から1000万借り受ける。 店は大繁盛するが、板橋は
入会金目的の偽造倒産を持ちかける。 不渡りを知った銀次郎は、逃亡する千脇を追
跡するが、マイクという男も千脇を捜していた。彼は、千脇がコゲつかせた金を取り返
すためにマフィアから派遣された男だったのだ。 マフィアを向こうに回しての銀次郎の
大キリトリバトルが始まった…! 正道会館最高師範・角田信朗氏の ムダに流暢な
英会話を存分に堪能できる、シリーズ第21作目。


《用語解説集》

・アンタの体中の臓器…目玉やら腎臓やら肝臓やら
みんなバラバラにして叩き売ってもええんやど!

〔解説〕 デスメタルの歌詞みたいなセリフを平気で吐く銀次郎。 抱かれたい男である。


・一円足らんかっても 公衆電話はかけられまへんのやで
〔解説〕 鬼のような脅し文句を吐いたかと思いきや、次の瞬間にはゼニの大切さを説い
たりもする。  この“静と動のコントラスト”が なんとも心地良い。


・カラダに気ィつけや。 ムショの中は健康第一やからのう
〔解説〕 破滅に追い込んだ相手に対するフォローの言葉も忘れない銀次郎。 ヤミ金の
世界にもノーサイドの精神は息づいているのだ。


・結局 あのアバズレとボンボン、離婚したそうでっせ
〔解説〕 恋なんて いわばアバズレとボンボンのシーソーゲームである。


・照れるやないか…
〔解説〕 はるばるL.A.からやって来た借金取り(黒人)に 『お前は世界一アコギな金融
屋だ』と言われた銀次郎の、まさかのリアクション。  照れるトコロじゃねえだろ。


・ローンシャーク
〔解説〕 英スラングで“高利貸し”の意。


・ワシらのカラダに染みついたゼニの汚れは
いつになったら落ちるんやろうなぁ?

〔解説〕愛車のベンツを転がしながら自問自答する銀次郎。  もちろん答えなど出ない。


続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/06/22(火) 13:45:14|
  2. ミナミの帝王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

竹内力 / 難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版9 ~保険金横領~

BIG2
ワケもなくDEAD OR ALIVE


《あらすじ》
空き巣に入られ、なけなしの金さえ失った骨董品屋の植木(石井愃一)は、盗まれなかった
品を隠し、保険金の一千万を騙し取ろうとした。 だが調査員の江森(山田雅人)に手口を見
破られたあげくユスられ、反対に保険金を根こそぎ横領されてしまうのだった。 銀次郎(
内力
)から借金返済の催促もあり、八方塞がりの植木はロサンゼルス(!)に高飛び。 もち
ろん萬田ファミリーは、アメリカへキリトリに向かう。 偽造パスポート斡旋業を営むエセ医者
・オギムラの影で逃げ隠れする植木を ようやく捕まえた銀次郎。 人の弱みにつけこむ悪徳
保険屋、江森との決着をつけるべく日本に舞い戻る!ミナミの帝王シリーズ史上初のL.A.
ロケを敢行した、シリーズ第19作目。 名脇役・石井愃一氏の鬼気迫る顔面力も要チェック。


《用語解説集》

・“アコギ”ゆうんはワシらの世界じゃ
褒め言葉にしか なりまへんねや

〔解説〕 “アコギ”とは、三重県津市にある禁漁地・阿漕ヶ浦(あこぎがうら)にて、とある漁師
が たびたび密漁をして捕えられていたという言い伝えから転じて、“強欲で やり方があくど
い様子”を表す言葉になったんですって。 勉強になりましたね。


・追うも人生 追われるも人生や 
人生っちゅうのは厳しいモンやで

〔解説〕 かの有名なソクラテス名言『結婚してもしなくても、どのみち君は後悔することに
なる』に通じる 深い諦観を内包した一言。 人生いろいろ


・おもろいやないか…グサッとイったれい
〔解説〕 人質の喉元にナイフを突きつけた逃亡犯に対し、銀次郎が半笑いで呟いた一言。


・この世にもエンマさんはおるんやでぇ…
〔解説〕 初耳ッスわ。


・借金のカタに原発で働かされる位なら
ムショでオカマ掘られた方がマシや!

〔解説〕原発 or カマ掘り。  典型的な究極の選択である。


・地球の裏側まで逃げたかて
この萬田の取り立てはかわせまへんで

〔解説〕 そんな銀次郎の忠告を無視して、ロスに高飛びした石井愃一氏。 『せやけどまさか
ホンマに地球の裏側まで追っかけなあかんハメになるとは…思わんかったでぇ…』と、さすが
の萬田はんも 思わずVシネスマイル


続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/06/08(火) 15:19:26|
  2. ミナミの帝王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

竹内力 / 難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版8 ~詐欺師の運命~

力といっしょ1
ワケもなくLサイン


《あらすじ》
2000万の借金をコゲつかせていた丸山医院長夫婦に夜逃げをカマされてしまった
銀次郎(竹内力)は、丸山の妻・美代子の実母で、資産家のサヨに代わりの返済を
迫る。 しかし娘夫婦に対し愛情のカケラも持たないサヨは、頑として借金の肩代わ
りを断る。 その頃、財産目当てで巧みにサヨに近づくひとりの男がいた。早川と名
乗るその男(光石研)は、博打でサラ金に多額の借金を抱え暴力団・黒田組につけ
狙われていた。 銀次郎がその事実を知った時にはすでに遅く、早川はまんまと金
を騙しとり、博多へとズラかった後だった…! シリーズ第18作目。


《用語解説集》

・金貸しには金貸しなりの人の殺し方があるっちゅうこっちゃ
〔解説〕 銀次郎の息のかかった医師が作成した ニセの死亡診断書のおかげで、
(戸籍上は)死者と化した光石研。 これぞまさしく生ける屍。


・しゃあないなあ…ほなセンセイには
原発にでも行って働いて返してもらおうか

〔解説〕 マグロ漁船、臓器売買(フィリピンで角膜 or 腎臓を売却)に続く第三の選
択肢…それが“原発”である。 被曝(ひばく)覚悟で稼いできなはれ!


・ゼニを借りに来るヤツは ゼニが無いから借りに来るんや
〔解説〕 どんなにありふれた言葉も、銀次郎のクチから発せられた途端に名言と化す。
類稀なる人間力のなせる業であります。


続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/06/07(月) 18:21:26|
  2. ミナミの帝王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

竹内力 / 難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版7 ~先物取引の蟻地獄~

力といっしょ2
ワケもなくファンサービス


《あらすじ》
ある日、銀次郎の元を訪れた鏑木(城後光義)という男。 鏑木はAVの制作会社の社長
であったが、経営は自転車操業で多額の借金を抱えていた。 そんな時、偶然先物取引
会社の広子に出会った鏑木は、ワラにもすがる思いで先物取引を申し込むのだった。一
度利益を得た鏑木は案の定のめり込んでいくのだが、やがて自分が騙されていたことに
気付く。 一方銀次郎(竹内力)は、広子達が先物以外にもマルチ商法で悪どく儲けてい
ることを知る。 銀次郎はニヤリと笑い、鏑木に言った。 『この一件ワシに任せてもらえま
っか!』…ゴムパッチン芸でおなじみのゆーとぴあ・城後光義による泣きの演技が光る、
シリーズ第17作目。 


《用語解説集》

・アカの他人にわざわざ甘い汁 持ってきて
吸わしてくれるようなアホはおらん

〔解説〕 ですよね~ってカンジ。


・感じちゃってゴメンネ
〔解説〕 鏑木(城後光義)が手がけたAVのタイトル。 『ゴメンネ』だなんて…気を遣わ
せちゃって 逆にゴメンネ!ってな気持ちにさせられる、味わい深いタイトルである。


・正式に言うたら“千葉ディズニーランド”や
〔解説〕子供だましのレトリックを一瞬で粉砕する銀次郎。  いつだって本気だ。 


・何が何でもゼニ取り立てるっちゅうんやったら…ワシ殺して
〔解説〕 銀次郎のキリトリ(取り立て)に疲れきった島田洋七が、思わず漏らした被殺願望。
目深にかぶったタイガース帽が涙を誘う。


・もしアンタが事故で死ぬような事があっても
ワシはあんたの死体…切り刻んで取り立てまっせ

〔解説〕 ゼニの為なら死体だって切り刻む。 それがミナミの鬼の流儀である。

続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/06/03(木) 20:01:49|
  2. ミナミの帝王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。