中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏帆 ゴリ / うた魂♪

集会
ワケもなく集会


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの徳大寺有恒ことブロッケンです。

夏帆ゴリ(ガレッジセール)主演の映画『うた魂♪』を観ました。どうでもいいけど
夏帆ゴリ”って、妙に語呂がイイですね。マジどうでもいいハナシで恐縮ですが。

自意識過剰でナルシストの合唱部員・荻野かすみ(夏帆)は自分の歌声が大好き。しか
し、秘かに想いを寄せていた生徒会長の牧村に、歌っている時の顔が産卵中のサケみ
たいだと笑われ、一気に合唱に対する情熱を失ってしまう…というあらすじ。

『2001年…シンクロ、2004年…ジャズ、2006年…フラダンス、そして2008年…
今度は合唱だ!』っつう予告編の煽り文句のおかげで、思いっきり鑑賞意欲を殺がれ
て以来、観るのが後回し後回しになっていた今作。で、この度ようやく鑑賞の運びとな
ったワケですが、まァ予想通りというか、面白くもつまんなくもない、まるで凪(なぎ)
の様な映画でした。 

主演の夏帆が大声で“フルチン”って連呼したり、変顔を披露したりと、それなりに
笑える箇所はあるんですけど、あくまでも“それなり”なんですよね。かと言って胸
が打ち震える様な感動が待ち受けているワケじゃなし。 『ウォーターボーイズ』や
フラガール』には無いけど、この『うた魂♪』にある要素って何?って聞かれたら、
正直口ごもってしまいます。 モゴモゴ。

物語中盤、合唱というものが分からなくなりかけていた夏帆が、ゴリ率いるヤンキー
合唱団の熱唱(曲は尾崎豊)に胸を打たれ、『歌はテクニックじゃなくてハートだ』的
な事を悟るに至るんですけど、『尾崎=ハート』っつう図式からしてピンと来ないっ
つうかね。確かにボクも“歌はハートだ”って思うんです。いやマジで。でもさ、心
を込める=感極まるって事ではないと思うんスよ。だからゴリ達が血眼になって歌い
上げる『15の夜』にも、それに感銘を受ける夏帆にもシンパシーを抱けなかったんで
すよね。つうかそもそも、盗んだバイクで走り出しちゃ駄目っしょ。窃盗っしょ。

物語のクライマックスで、客席とステージとが一体となってモンゴル800の名曲『
なたに
』を文字通り大合唱する場面があるんですよ。 で、本当ならここでジーンと
来なきゃイケナイのかもしんないけど、正直ちっともグッと来なかったんだよなァ。
何でだろ? きっと“みんなで大合唱”っつう、健全過ぎる行為を手放しで肯定出来
る程、ボクの心は清らかでは無かったっつう、ただそれだけの事なんだと思います。
…でも、この場面で涙ぐむ様な輩とは、多分っつうか絶対友達にはなれないと感じ
るのもまた事実。 うーむ。 

bannermono.gif
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/12/22(火) 13:43:12|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夏帆 岡田将生 / 天然コケッコー

レッサーパンダ
ワケもなくレッサーパンダ


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの田中哲司担当、ブロッケンです。

くらもちふさこ原作の映画『天然コケッコー』を観ました。 

島根県の田舎にある全校生徒たった6人の分校に通う中学2年生の右田そよ(夏帆)。
ある日東京からそよと同い年のイケメン男子・大沢広海(岡田将生)が転校して来る。
つっけんどんな態度の広海に最初は戸惑うそよだが、やがて2人は徐々に親密な
関係になっていく…というあらすじ。

夏帆岡田将生と言えば取りも直さず『オトメン』コンビな訳ですが、それよりも以前に
共演を果たしていたんですね。 まだあどけなさの残る夏帆ちゃんが死ぬ程カワイイ!

この映画の音楽を担当しているのはレイ・ハラカミ。 彼の紡ぎ出す温もり溢れる電子
サウンドが、この映画のゆったりとした雰囲気にジャスト・フィットしていて、とにかく心地
良かったです。 さらに、主題歌がくるりの『言葉はさんかく こころは四角』ってのも
素晴らしい選曲だと思います。 思えばくるりレイ・ハラカミも京都出身なんですよね。
京都出身のミュージシャンって、“情緒”ってものが何たるかを知り尽くしている人が多い
様な気がします。 キセルも京都出身だし。

えっと、ボクなんかが中学2年生ぐらいの頃には既にゴリンゴリンのヤリたい盛りに突入
しちゃってまして、未だにこうしてその頃を振り返るだけでダークな気持ちになる程なん
ですけど、この映画における夏帆岡田将生はあまりにもピュア。どこまでもイノセント。
たとえば岡田将生のお気に入りのコートをもらう代わりに、夏帆が岡田クンにキスさせて
あげるという場面があるんですよ。しかも神社で。 フツーだったら(何がフツーかも良く
分かんないッスけど)絶対にキスだけじゃ済まないっしょ。そのままA→B→Cって感じで、
オトナの階段を一気に駆け上がるっしょ。 しかし、この映画はそういったリビドー方面には
目もくれずに、ひたすら“淡い恋心”を丁寧に描くのみ。

…観ていると、いかに自分が薄汚れた人間に成り下がったのかを再発見できるといった
意味において、この『天然コケッコー』は、一種の自己啓発ムービーと呼べるのかも。
フフ。  呼べねえっつうのな。

あと、劇中で子供たちが『行ってきます』的な意味合いで使用する『行って帰ります』っつう
方言、すごくイイ響きですよね。 行ったら帰る。 当たり前だけどコレ、すっごく大切な事
ですから。ボクも夏帆のマネして、出かける時は『行って帰りま~す』とか言おうかしら。

bannermono.gif

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/12/04(金) 18:06:16|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。