中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

多部未華子 濱田岳 森山未來 / フィッシュストーリー

ufo.jpg
ワケもなく未確認飛行物体


毎度です。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの関根麻里担当、ブロッケンです。

伊坂幸太郎原作の映画『フィッシュストーリー』を観ました。 メッチャクチャ面白かった。
 
1975年、セックス・ピストルズよりも一年早くリリースされたパンク・ソング『フィッシュストー
リー
』が2012年に世界を救うという、何とも荒唐無稽なストーリー。 『アヒルと鴨~』の時も
しみじみ感じましたけど、この伊坂幸太郎という人の頭の中は一体どうなっているのでしょう?
どうしてこんな天才的なストーリー展開が思いつくのか、皆目見当もつきません。それにしても、
『一枚のレコードが世界を救う』って。字面だけ追ったらこれほど陳腐なコピーもなかなか無い
んじゃないかな、と。 今作には他にも『正義の味方』、『世界の終わり』、『呪いのレコード』と
いった陳腐極まりないキーワードが頻繁に登場します。

正義の味方なんてこの世にゃ居ないし、世界の終わりなんか来ない。呪いのレコードの噂
だってどうせ誰かのデッチ上げ…そんな風に鼻で笑い飛ばしてハイおしまいって感じの、
いわば使い古されたモチーフを、まるでパッチワークのように繋ぎ合わせて、独創的な物語に
仕上げるその手腕はただただ圧巻の一言。しかもその物語が観念的にも虚無的にもならずに、
ポジティヴな余韻だけを残すという点が素晴らしい。 

この神懸かり的なストーリーに、出演キャストも素晴らしい演技で応えています。 濱田 岳
伊藤淳史多部未華子森山未來大森南朋波岡一喜といった、華はないけど(失礼)
実力派のキャストがズラリ勢揃いといった趣ですね。
『アヒルと鴨~』に引き続き伊坂作品に再度登場の濱田 岳、相変わらず力みのない自然な
演技でグーでした。それに『正義の味方』役の森山未來もジャッキー・チェンばりのアクション
で魅せてくれます。これがまたカッコいいんだ。今まで森山未來がカッコ良く見えた事なんて
一度もないのに。 それと、宇宙服に身を包んだ多部未華子ちゃんがヨタヨタと歩くシーンが
相当ツボでしたね。『どうしよっかなぁ』みたいな、何とも言えない微妙な表情で歩くんですけど、
その表情がたまらなくキュートなんです。

とにかく、目からウロコがバリバリ剥がれ落ちる事間違いナシ、問答無用でオススメの一本です。 
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/11/20(金) 19:13:57|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:0

多部未華子 石田卓也 貫地谷しほり / 夜のピクニック

夜のピクニック
ワケもなくほのぼの

毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの皆既日食担当、ブロッケンです。

映画『夜のピクニック』を観ました。 全校生徒で80キロの道のりを一昼夜かけて歩く行事
『歩行祭』のスタートからゴールまでを追った、文字通りのロード・ムーヴィーなのですが、
これが実に面白かった。 もっと早くチェックしとけば良かったなァ…。

というのも最初、劇場でこの映画の予告編を見た時に『なんて地味なキャストなんだ』と驚いて、
以来、観るのが後回し後回しになっていたのです。しかし、今こうして改めて出演陣の顔ぶれを
見ると、主演の多部未華子石田卓也をはじめ、貫地谷しほり加藤ローサ高部あい
柄本佑 など、昨今ブレイクを果たした旬の若手俳優がズラリ。 おお~。

この『夜のピクニック』、ともすればどこまでも一本調子な内容になってしまいそうな危険を
孕んだ設定ですよね。 だって、ただただゴール目指して一日中歩くだけなんですから。
にも関わらずこの映画がとても面白いのは、個性豊かな登場キャラクター…昼間は死んだ
ように静かなのに、夜になると元気になるロック大好き少年(柄本佑)、他の生徒にこっそり
まぎれて歩くオバケ(?)、付き合うと必ず不幸が訪れる超打算的な女(高部あい)…による
部分が非常に大きいと思います。

主役の甲田貴子(多部未華子)と西脇融(石田卓也)は、強く互いを意識し合いながらも、
なかなか心を開けずにいるのですが、ゴールが近づくにつれて、その理由が徐々に明らか
になって来る構成も非常に丁寧で秀逸。 

それにしても、多部未華子石田卓也の『どこにでも居そうなのに、明らかに目立つ』感じ
というのは、特筆に価すると思います。 凄くポジティヴな意味で『使い勝手がいい』というか。
違和感なく作品に溶け込みつつも個性を失わないこの稀有な存在感は、これからもっともっと
様々な映画やドラマ等で発揮される事でしょう。 今後の活躍が非常に楽しみな2人です。

◆◆オーラル学園 更新情報◆◆
・アシッドちゃん - 331話

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/07/22(水) 12:22:28|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。