中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

江口洋介 妻夫木聡 宮崎あおい / 闇の子供たち

寝釈迦
ワケもなく寝釈迦



毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのハライチ担当、ブロッケンです。

阪本順治監督の映画『闇の子供たち』を観ました。 

タイ在留の日本人記者・南部(江口洋介)が、正義感の強いNGOの恵子(宮崎あおい)
と気の弱いカメラマン・与田(妻夫木聡)らと共に、闇ルートで取り引きされる臓器売買
と幼児売春の恐るべき実態に迫る、戦慄のサスペンス映画。

重い。 これはもう途方もなく重い内容です。 貧困の為身売りに出されたタイの少年
少女達が薄暗い売春宿で先進国の変態どもの性の玩具にされ、挙句の果てに生きな
がら心臓を摘出されるという、目を背けたくなる程凄惨でショッキングなシーンがこれ
でもかと続きます。 しかし、目の背けたくなる様な哀しい現実が存在するからこそ、そ
れを作品にして、問題提起していくのだという、制作者サイドの強い熱と覚悟が伝わっ
て来る内容でした。 

夢と理想に燃えるNGOのボランティアスタッフ役を宮崎あおいが好演しておりますが、
今作における彼女の立ち居振る舞いを見ていると、正義や理想が厳しい現実の前では
如何に無力であるかという事に否応なく気づかされます。 宮崎あおい江口洋介
共に、心臓移植を待つ家族の家に赴いた際、移植手術を受ける子供の父親(佐藤浩市)
が呟いた『できれば(臓器提供を)よその国に頼りたくなかったよ。石油じゃないんだから』
という嘆きに、我が国の心臓移植の現状を垣間見る思いです。

江口洋介が現地で行動を共にするカメラマン・与田(妻夫木聡)の『見たいんだけど、見
られたくない』というセリフも、妙に心に残る一言でしたね。 インターネットを利用する人
間であれば大なり小なり身に覚えのある感慨かと思いますが、ネットの匿名性を傘に
着た底無しの欲望が、時としてアジアの貧しい子供たちを性の玩具に貶めるという事実
に想いを馳せるだけで、何とも言えない暗鬱な気持ちになります。

そして今作の主人公・南部を演じる江口洋介ですが、彼の誠実な、説得力に満ちた演技
は、現実と隣り合わせのドラマと非常に相性が良く、だからこそ医者や刑事の役として多
数の作品に出演しているのだと思います。 しかし、今回はそんな彼の誠実なキャラクタ
ーを最大限に逆手にとった、驚愕の結末が用意されております。 極めて後味の悪い結
末ではありますが、ややもするとワンパターンになりがちな江口洋介の従来像を打ち壊
す事には成功していると思います。

幼児売春や臓器売買がモチーフの作品ではありますが、単なる問題提起や一方的な糾
弾に留まらず、“人間は状況に応じて加害者にも被害者にもなり得る、虚ろな存在である”
という真理を描ききった点にこそ、本作の意義を見出す事が出来るのでないでしょうか。

トータル138分、当然ながらほとんど“笑い”の無い今作。 しかし一ヶ所だけ、豊原功補
スナックでテレサ・テンの『つぐない』をしみじみ歌っているシーンだけは思わずニヤリと
させられました。  シブいぜ、功補(*´▽`*)


続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/03/06(土) 19:52:53|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:27
  4. | コメント:2

宮崎あおい 玉木宏 / ただ、君を愛してる

半目
ワケもなく半目


毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの諸星大二郎担当、ブロッケンです。

玉木宏宮崎あおい主演の映画『ただ、君を愛してる』を観ました。

自らのコンプレックス(アトピー性皮膚炎)の為、他人と上手く接する事が出来ない誠人(玉木宏)は、
大学の入学式で静流(宮崎あおい)と出会う。 その瞬間から自然と打ち解ける事が出来た2人は
一緒にカメラを携え、毎日のように近くの森へと写真撮影に出かける。 そんな穏やか日々の中、
誠人への想いを深めていく静流。 …しかし、誠人の愛する人は、静流ではなく、同級生のみゆき
(黒木メイサ)だった…というあらすじ。 いやはや、LOVEずっきゅんですなぁ。

何といってもこの映画は、宮崎あおい演じる、あどけない不思議少女・里中静流の魅力に支え
られているといっても決して過言ではないでしょう。 とにかく可愛い過ぎる。 反則です。

昨今流行のキーワードに“森ガール”(森に住んでそうな、ナチュラルかつ個性的な魅力を備えた
ファッション・スタイルや、そのような雰囲気を有する女のコ達)というものがありますが、イマイチ
というか全然イメージを握みきれずにいたんです、ボク。  しかし! この映画の宮崎あおい
目にした瞬間、『おお!これぞまさしく“森ガール”だ!』と、勝手に合点して、ヒザをポンと叩いた
次第でございます。 とか言って、全然違ってたらどうしよう。 ま、別にどうもしないんですけど。
でも、“森ガール”って、なんか速攻で死後になっちゃいそうなオイニーがプンプンしますよね。

ハナシが少々脱線致しましたが、とにかくこの映画の宮崎あおいは可愛いぞ、と。 それなのに、
劇中での宮崎あおいはイケてない女子っつう設定で、どんだけ積極的に玉木宏にモーションを
かけても、玉木宏はつれないそぶり。そんなバカな!ってカンジ。 だってさ、あそこまで可愛い
ロリ眼鏡っ娘に、『誕生日プレゼントには誠人のキスが欲しい』とかって言われたら、男子諸君は
絶対に秒殺じゃないスか。 つうかそもそも、玉木宏のあのルックスで人と接するのが苦手とか
言われてもイヤミにしか聞こえねえっつうかさ。 …ええ、そうですよ。 やっかみですよ。

それはさておき、この『ただ、君を愛してる』という作品、上野樹里市原隼人主演の『虹の
女神
』という映画に、すっごく似てるなぁって思ったんです。 どこがどういう風に似てるかって
のを挙げていくと、どうしてもネタバレに行き着くのでやめときますけど、確か『虹の女神』では
思わずホロッと来たんですよ、ボク。 それなのに今作ではいまいちグッと来なかったのは何故
なんでしょ?や、フツーに最後までダレずに楽しめたんですけどね。 だけど、心は揺さぶられ
なかったなぁ。

この辺の微妙な差を、明快に説明すんのは難しいですけど、あえて一点だけ指摘するとしたら、
虹の女神』よりも『ただ、君を愛してる』の方が、ちょっとだけ“観てる人間を感動させてやろう”
という邪念(?)みたいなものが強かったんじゃないかな、と。 あくまでもボク個人の見解ですが。

あ、でもヒロインは圧倒的にこっち(宮崎あおい)の方が眩しいです。  ビバ!森ガール!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/10/13(火) 13:44:27|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

宮崎あおい 佐藤浩市 勝地涼 / 少年メリケンサック

ラクガキ
ワケもなく壁にラクガキ


毎度です。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの橋田壽賀子担当、ブロッケンです。

宮藤官九郎監督・脚本の映画『少年メリケンサック』を観ました。 超面白かったッス。

ある日動画サイトで見つけたパンクバンド『少年メリケンサック』のライヴ映像にビビッと
来たレコード会社の新人発掘担当・栗田かんな(宮崎あおい)は、早速意気込んで契約
交渉に向かう。 しかし、かんなの前に現れたのは50歳の大台に乗った酔っ払いのオヤ
ジ(佐藤浩市)だった。かんなの見つけた動画は25年も前のものだったのだ。焦る彼女と
は裏腹に、ネット上で日々過熱して行く少年メリケンサックの人気。そうこうしている内に
全国ツアーも決定してしまう。 果たしてかんなと少年メリケンサックは、奇跡を呼び起こ
す事が出来るのか?…というストーリー。

まず何と言っても、冒頭の臨場感溢れまくりのライヴ・シーンから、いきなりこの『少年メリ
ケンサック
』の世界観にグッと引き込まれます。 若かりし頃のヴォーカル・ジミーを演じる
のが銀杏BOYZ峯田和伸。 金髪のマッシュルーム・ヘアを振り乱しながら客に噛みつ
く様に叫び散らすその姿は、全盛期のイギー・ポップかっつう程の大迫力。しかも、25年
後の、半ば廃人状態のジミーを、かつてパンクバンド『ばちかぶり』のヴォーカリストとして
活躍し、現在では個性派俳優としての地位を確固たるものとした田口トモロヲが演じてい
るのもニクイ!新旧パンク・ヒーロー揃い踏みといった趣でございます。

また、劇中で使用される楽曲のほとんどが作詞:宮藤官九郎 / 作曲:向井秀徳のタッグ
で製作されている点も見逃せません。楽曲のバリエーションも、アイドル歌謡、テクノポップ、
ダブ、エモ、へなちょこフォークと実に多彩。 ZAZEN BOYSとはまた違った向井氏のポ
ップな側面が遺憾なく発揮されております。 個人的には『アンドロメダおまえ』がイチオシ。

佐藤浩市木村祐一三宅弘城田口トモロヲといった、むさ苦しい中年パンクス達に終
始翻弄され続ける宮崎あおいの愛くるしさも、この作品の大きな見どころ。
彼氏役の勝地涼とベッドの上でイチャイチャするシーンとかもうヤバいです。 萌え死に必至。

物語はクドカンらしいアッパーかつダークなギャグを随所にちりばめながら、終始躁病的な
テンションで進んでいきます。 しかし、ギャグで巧妙にカムフラージュしつつも、締めるべき
トコロはビシッと締めてくるのがクドカン作品の特徴。 『(パンクは)アニメや深夜番組の主題
歌に成り下がっちまった』、『ガキの頃は大人に笑われて、大人になったらガキに笑われて、
今さらカッコつけてどうすんだ!』、『今さら年下のバンドなんか聴けねェよ!』辺りのセリフ
が特に染みる。 若さの盛りをとうに過ぎた中年パンクスの哀愁&滑稽さを的確に射抜いてます。

爆笑と興奮と哀愁と、宮崎あおいのキュートさ爆発の125分。  オススメですよ、奥さん。

続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/08/29(土) 12:45:39|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ARATA 宮崎あおい 麻生久美子 / 青い車

断崖
ワケもなく断崖絶壁


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの世界陸上 in ベルリン担当、ブロッケンです。

よしもとよしとも原作の映画『青い車』を観ました。

ARATA × 宮崎あおい × 麻生久美子という鉄壁のキャスティングに加え、音楽を担当
するのがex.サニーデイ・サービス曽我部恵一っつう事で、否が応でも高まる期待。

しかし。その期待は大きく裏切られる事となりました。 結論から言って、ひどく退屈な映画
だったな、と。  …最近は良作との出逢いが続いていただけに、ガッカリ感も倍増ッス。

ものすごく平たく言ってしまえば、リスカ癖のある厭世感バリバリの主人公・リチオ(ARATA)が、
麻生久美子宮崎あおいの美人姉妹に二股かけてたんだけど、ある日突然姉貴(麻生久美
)の方が交通事故で死んじゃった…せつない…ってだけのお話だと思います。 いやマジで。

この身もフタもないストーリーを通じて、現代の都市に暮らす若者の閉塞感や寄る辺ない魂
の渇きと、そんな事はお構いなしに、ある日突然襲いかかる不幸や喪失の不条理さを描きた
かったのでしょうし、はたしてその目論見は、大筋において成功していると思います。

でも、肝心の内容が冗長で退屈だった日にゃあ、目論見もナニもあったモンじゃござんせん。

非常にスロウな物語のテンポと、ARATAの、タメの効いた(効き過ぎ?)ボソボソ声が相まって、
絶妙におネムなオーラが画面から放射され放題。 更に追い討ちをかける様にして、曽我部氏に
よる心地よい劇伴が流れ出せば、気分はもう冬山の遭難者。 寝るなっつう方が酷です、隊長。

リチオは、少年時代に右目に大ケガを負い、その傷を隠すために常時サングラスをかけている
んですけど、そのエピソードに関してもうちょい突っ込んだ説明なり展開が待ち受けているのかと
思いきや、別段これといった広がりもないままスタッフロールに突入。  なんなんスか、もう。

そもそもこの『青い車』っつうタイトルだって、リチオの乗っている車が青色だって、本ッ当にただそ
れだけの理由なんですもん。 なんなら『黒いサングラス』ってタイトルでも全然オッケーですもん。
もしもスピッツのナンバーに『黒いサングラス』っつうのがあったとしたら、この作品のタイトルも
『黒いサングラス』になってたんじゃないでしょうか。 黒いサングラス。 タモリかっつうのな。
  
…とまあこんな感じで、あんまし重く考えないで適当に決めちゃいました的なタイトルですが、これ
って、ノリや気分や場の空気に思いっきり支配されがちな、現代の若者っぽい感覚ですよねぇ。


◆◆オーラル学園 更新情報◆◆
・のらネコミック - 184  ・アワビさん - 251 続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/08/22(土) 13:17:40|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。