中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

綾瀬はるか 小出恵介 / 僕の彼女はサイボーグ

赤ちゃん
ワケもなく赤ちゃん


毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのチャン・ドンゴン担当、ブロッケンです。


クァク・ジェヨン監督、綾瀬はるか主演の映画『僕の彼女はサイボーグ』を観ました。

なんでもこの映画、『猟奇的な彼女』、『僕の彼女を紹介します』に続く『彼女』シリーズ
第3弾という事だそうで。 何かいいっスね、彼女シリーズって。少なくとも日本シリーズ
よりは熱中できそうな予感。 フフ。 のっけから脱線しそうな予感。 今日は予感ばっか。

まァ何だ、その、モテない青年・ジロー(小出恵介)が、自分で自分の誕生日を侘びしく
セレブレイトしてた矢先に、綾瀬はるか演じるサイボーグが未来からやって来るワケよ。
そのサイボーグってのは、未来のジロー(イイ感じにヨボヨボ)が丹精込めてこしらえて、
過去の自分を守る為に送り込んで来た、言うなればボディー・ガードって寸法。 むむ?
かなり『ターミネーター』ライクなストーリーなんだけど、まぁイイやな。 シュワちゃんより
綾瀬はるかの方が眼に優しいしさ。

先だって公開されたなんちゃってB級映画『おっぱいバレー』の影響で、男子諸君の間
では“綾瀬はるか=ガチで巨乳”という公式がもはや定説(?)になりつつある今日この
頃ですが、今作においてもその豊満なバディを存分にプルプルさせてくれちゃってます。
へへ。 なんか今日のテキスト、『週刊大衆』の風俗コラムみたいでイイ感じやね。

序盤でいきなりお目にかかれるサイボーグ然としたボディ・スーツ、ニットセーター、派手
な模様のワンピース、どれに身を包んでも強調されてしまう生意気な胸のふくらみ。
さらに今作はアクション・シーンも満載で、飛んだり跳ねたりするたびにユッサユッサと
躍動する禁断の果実。 どうした俺よ。 今日はおっぱいの話に終始するつもりなのかッ!?

さにあらず!って事で、おっぱい以外のハナシもしなくちゃね。 えっと、ジロー役を演じる
小出恵介クンですけど、彼の顔って大韓的というか、韓流スターに混じっても違和感無さ
そうなマスクですよね。『彼女』シリーズの続編っつう事で、当然本国でも公開されたので
しょうから、小出恵介の起用には対韓的な戦略を感じます。 分かんないけど。

物語中盤にて、ジローの生まれ故郷を綾瀬はるかと彷徨うシーンがあるんですけど、正直
言ってここら辺はちょっとダレます。 つうかこの場面、綾瀬はるかの能力によって2008年
から15年前、つまり1993年の時代に遡って、ジローの故郷を擬似的に散策するという少々
ややこしい場面なんスけど、もう明らかに時代考証とかがおかしいの。 駄菓子屋にメンコ
に木造の長屋って。『ALWAYS 三丁目の夕日』じゃねえんだからさ。 93年っつったら、
スーファミもセーラームーンも既に存在したってのな。 この辺の、殊更に日本(あえてここ
はイルボンと読んで頂きたい)を強調した演出も、韓国での公開を想定しての措置なんでしょ
が、ボク的にはナメんなって感じでした。 メンコで遊んだ事なんか、ただの一度もござらん。

とはいえ、全体的には良くまとまっている映画だと思います。 おバカなノリの恋愛コメディー
かと思いきや、意外にしっかりとSFしてますし。
ただ、この内容で120分という尺はちと冗長。 前述した故郷を散策するシーン、あの辺りを
バッサリ割愛しちゃえば、もっとスッキリすると思うんですけどね。

それと、今作を未見の方は、綾瀬はるかちゃんのおっぱいだけではなく“目の演技”にも
注意して御覧になると、より一層この映画を楽しむ事が出来るんじゃないかな、と。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/11/07(土) 11:36:21|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新垣結衣・三浦春馬 / 恋空

合格発表
ワケもなくサクラサク

こんにちは。 

ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーいけない!ルナ先生担当、ブロッケンでおま!
鶴光でおま!って事でしてね、懲りもせずに再びやってまいりました。

『ドキッ! 野郎だらけのお門違い映画祭』 第2弾でございます。

前回のひぐらしのなく頃にから一転、今回はひとりで観たら悶死しちゃうような、
直球ド真ん中のラブ・ロマンスものでイこうっつう事になりまして。 イヒヒ。

つう事で選んだ映画が、日本中が涙した感動のケータイ小説『恋空』の劇場版。
相手にとって不足なし、といった趣でございます。

…ん? ちょっと待てよ。 ガッキーこと新垣結衣演じる地味で平凡な女子高生『美嘉』って、
原作者の名前と一緒じゃないスか。 スゲェなあ。 何がスゴイのか良く分かんないけど。

しかし、肝心の内容の方はさらに輪をかけてスゴかったです、ハイ。
レイプ・妊娠・流産・闘病・死別…と、ありとあらゆる不幸に翻弄され、流されまくる
美嘉とヒロ(三浦春馬)。 お願い、早く誰かタオルを投げ込んであげてってカンジです。

…特に印象深かったのが、2人揃って授業を中抜けして、図書館でせっせと交尾してる
内に、美嘉がニンシンしちゃう辺りのくだりですね。

普通、10代で彼女を孕ませちゃったりした日にゃ、かなりブルー入るじゃないスか。
そんな極度のエマージェンシー状態にもかかわらず、ヒロは、実にあっけらかんと、
『図書館で出来た子供だから、名前には“本”って字を入れようぜ』
ですって。 …スゲエよ、ヒロ。 俺にもその覚悟と余裕を分けてくれっ。

他にも、『美嘉の父親役が高橋ジョージってのは果たして正解なのか』だったり、
『ヒロの姉貴(元ヤンキーで、美嘉と同じく被レイプ経験アリ)に香里奈って…』 だったり、
小出恵介って、よく見ると相当な顔面力の持ち主だよね』だったりと、本編とは
関係ない部分で色々と考えさせられる点の多い映画でした。 あくまでも僕的に、ですが。

でも、ヒロの元カノ役が臼田あさ美っつうチョイスは、ジャストだと思います。
臼田あさ美って、安野モヨコとか岡崎京子とかのマンガからそのまま飛び出て来たような、
ダイソー調に言うなれば『THE・ガーリー』ってな趣の顔ですよね。 くちびるの感じとか。

…あ。 全然関係ないけど、もうすぐフジファブリックの新譜が出るじゃん。 マスト・バイ!

◆◆ オーラル学園 更新情報 ◆◆
・アワビさん ‐ 241

テーマ:ケータイ小説 - ジャンル:携帯電話・PHS

  1. 2009/05/08(金) 13:32:54|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。