中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小西真奈美 村上 淳 岡田義徳 / のんちゃんのり弁

いきいきサロン
ワケもなく集会


『のんちゃんのり弁』

《あらすじ》
自堕落で甲斐性無しの夫(岡田義徳)と離婚した小巻(小西真奈美)は、小学生の娘・乃
里子=のんちゃん(佐々木りお )を育てる為に小料理屋で働きながら、夢である弁当屋
開業に向かって持ち前の前向きさで明るく頑張っていく…というあらすじ。


《極私的見解》

・ 『のり弁』や『さばの味噌煮込』など、美味しそうな料理が次から次へと出て来る映画です。
 特に小料理屋・ととやの主人(岸辺一徳)が作る“イカとトマトの肝バター焼き”!これは是
非とも食べてみたい!

・ うだつの上がらない亭主役に岡田義徳。  岡田義徳クンって、笑うと歯グキが飛び出る
んですよねぇ。

小西真奈美の初恋の相手役が村上淳。  小西真奈美村上淳が同級生って設定は、
年齢的に少々無理があるのでは…? そういえばこの二人、魚喃キリコ原作の映画『blue
でも共演してましたよね。

・ 酔っぱらった小西真奈美村上淳に電話をかけるシーンがあるんですけど、こん時の
コニタンが超カワイイ! キュン死に必至ですぞ!(*゚∀゚)=3ハァハァ

・ 『居場所じゃなくて行き場所が見えたんです!』というセリフもグッと来ました。 ポジティブ
な、イイ台詞だと思います。

・ チョイ役で田中要次氏も出演。 工場長ライクな服装が異様に似合っておりました。 余
談ですが、平泉成氏も現場監督とか工場長みたいな役柄が異様に似合いますよね。  

・ 夫と復縁もせず、新たな恋も振り切って、ひたすらに仕事に打ち込む小西真奈美の姿は、
同世代のアラサー女性の胸を打つやもしれませんが、それ以外の人にとっては いまいちカ
タルシスに欠ける展開なんじゃないかな、と。  

・ 主題歌を歌うのがスネオヘアー。  『セイコウトウテイ』や『ウグイス』の頃と全然 歌声
が違っていて、すぐにスネオヘアーだと気付けなかった程でした。 個人的には昔の声質の
方が好きだったなあ。


続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/06/30(水) 19:43:15|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:15
  4. | コメント:0

役所広司 葉月里緒奈 小西真奈美 / 叫

ハローキティ
ワケもなくサンリオ

どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの篠崎愛担当、ブロッケンです。

黒沢清脚本・監督の映画『』を観ました。 

東京湾近郊で赤い服を着た女の死体が発見される。犯行現場に駆けつけた刑事・吉岡
(役所広司)は、そこで何故か“自分のコートのボタン”を発見する。その後も同様の手口
による殺人事件が相次ぎ、その都度身に覚えの無い“自分の痕跡”を見つけ、困惑する
吉岡。 そんな彼の目の前に、突如赤い服を着た女の幽霊(葉月里緒奈)が現れる…と
いうあらすじ。

日本ホラー映画界のクロサワと云えば、取りも直さず黒沢清監督の名前が挙がる程に、
世界的にも評価の高い氏の、2006年の作品。今作のパッケージには、でかでかと“Jホ
ラー史上最恐”のコピーが踊っておりましたが、そこまで声高に喧伝するほど怖くは無か
ったというのが正直な感想です。 単純に怖さだけで比較するなら『呪怨』の方がヤバい
と思う。 

そもそも、葉月里緒奈演じる“赤い服の女”からして、あんまり怨霊っぽくないんですよね。
普通に会話出来るし、触れられるし、律儀にドアから帰るし(これには笑った)、おまけにス
ーパーマンよろしく両腕を前に突き出して空まで飛んじゃうんだもん。 “怖い”っつうよりも
“新しい”とか“オイシイ”って表現の方が適切なんじゃないかな、と。

そんな“赤い服の女”に翻弄される刑事・吉岡を演じるのは、黒沢清作品の常連・役所広司
どうでもいいけど役所広司って、極端に顔がデカイっスよね。恋人(?)役の小西真奈美
顔がまた極端に小さいから、余計にそのデカさが際立つのかも。 そんな役所広司小西
真奈美
の膝まくらの上で頭をなでなでされるシーンが、妙におかしかったと同時に羨ましく
もありました。 俺もコニタンになでなでされたいッス。 

この『』という映画、先述した様にそれほど怖くは無かったんですけど、“面白い”か“面白
くない”かで言えば、断然面白かったです。 謎が謎を呼ぶストーリー展開と実力派キャスト
陣の好演により、最後まで緊張感が途切れる事なく作品の世界に没入する事が出来ました。

しかし!幾重にもはり巡らした伏線の数々が、ほとんど回収されないままスタッフロールに
突入した時は、思わず『ギャフン!』って叫びそうになりましたね。 なんでもこの映画、セル
DVD版の特典として“アナザー・エンディング”なるものが用意されてるそうじゃないスか。
何だよソレ。その“アナザー・エンディング”を観る事によって、初めて全ての謎が解き明かさ
れるとかってハナシなの? だとしたらすごく哀しい。 そんなら最初っからそっちを本編の結
末に据えればイイじゃんって思うし、 逆に“アナザー・エンディング”を観ても何一つ謎が解
明されないのだとしたら、それは単なる蛇足って事でしょ?つまり、どっちに転がっても残念
な結果しか待ってないと思うんですよね。  こんな後出しジャンケンみたいなお茶の濁し方、
して欲しくなかったなあ。  勿体無いなあ。

続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/02/04(木) 17:24:02|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:7
  4. | コメント:0

金城武 小西真奈美 石田卓也 / Sweet Rain 死神の精度

麻呂
ワケもなく公家


毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの激走!GT担当、ブロッケンです。

伊坂幸太郎原作の映画『Sweet Rain 死神の精度』を観ました。

…あの、『ALWAYS 三丁目の夕日』の時も思ったんスけど、この“ALWAYS”とか“SWEET
-RAIN”とかって横文字、果たして本当に必要なんですかね? それとも『これは原作とは別
物である』という事を暗に強調する為の、云わば予防線の様なモノなのでしょうか? 何に
せよ、蛇足感は否めませんが。

ミュージックをこよなく愛するクールな死神・千葉(金城武)が、一週間の調査の後、対象者
に死を“実行”するか“見送り”にするかを見極める…というあらすじの本作。

こういう原作付きの映画に関して、原作との相違点や共通点をいちいち取り沙汰するのはあ
まり意味が無い事だとボクなんかは思うんですね。 原作がどうあれ、映画として真っ当に
面白ければそれでイイじゃないかっていう。で、結論から言えば、この『死神の精度』も映画
として真っ当に面白かったです、ハイ。

その事実を踏まえた上で今回は、原作との相違点やら何やらについてアレコレ言及して行こ
うかな、と。 フフ。 意味が無いってついさっき言ったばかりなのにやるのかよって?やるん
ですよ。 その辺のブレ具合こそが人生の醍醐味(?)ってなモンなんです。

まずこの映画版『死神の精度』と原作の共通点として、真っ先に挙げられるのは、“オムニ
バス形式を取りつつ、一つの連続した流れがある”という点でしょう。 具体的に言えば、映
画版は、原作小説の表題作“死神の精度”と“死神と藤田”、そして“死神対老女”という
三つのエピソードを基に構成されています。“死神の精度”編では、千葉は悪質なクレーマー
に悩まされる27才のOL・藤木一恵(小西真奈美)に、続く“死神と藤田”編では、タイトル
通り義侠心溢れるヤクザの藤田(光石研)に、最後の“死神対老女”編では、高台から海を見
下ろせる美容院で働く老女(富司純子)に一週間付き添い、彼等に死を“実行”するか“見送
り”にするかを見極めようとします。

この一風変わった死神・千葉を演じるのが金城武なんですけど、冷徹さと親しみやすさとい
う相反する要素を兼ね備えつつ、良くも悪くもどこか掴みどころの無い雰囲気を持つ金城武
をこの役に抜擢したのは、実に正しい人選だったと思います。 それ以上に原作のイメージに
ピッタリだと感じたのが、藤木一恵役の小西真奈美ですね。このエピソードでは、藤木一恵
の“声”が非常に重要なキーワードになって来るのですが、小西真奈美の、あたかも鈴の音
色の様な儚さと芯の強さを併せ持つ声は、まさしくうってつけだと思います。ただ、藤木一恵
名義で映画の主題歌まで歌っちゃうという、メディアミックス的な打ち出し方については、少々
やり過ぎな印象も受けましたが。

小西真奈美とは逆に、ヤクザの藤田役を演じるのが光石研というのが、原作のイメージと照
らし合わせた時に、一瞬違和感の様なものがよぎりましたが、まァこれはこれでアリなんじゃ
ないかな、と。つうか光石研といい、彼の舎弟役の石田卓也といい、今、役の大小を問わず
に、ありとあらゆる映画に出まくってますよね。 ちょっと気を許すとすぐ登場するってカンジ。
特に光石研。 最近の邦画を10本観たら、その内の5本には光石研が出ているんじゃないか
って程にエンカウント率高し、です。 

で、今度は原作との相違点についてなんですけど、ここをぶっちゃけてしまうとネタバレ直結
になってしまうので、具体的な言及は控えさせて頂きますが、あえて言うなれば、富司純子
演じる“老女”のエピソードと、別のエピソードとの“繋がり方”が、原作と映画とで最も異なる
点でしょう。

その“原作と違う”という事が良いのか悪いのかはさておき、ボク的には映画版の“繋がり方”
も十分に楽しめたというか、むしろ映画版の“繋がり方”の方が、より伊坂幸太郎的だとすら
感じたのですが。 何にせよ、原作を経由してから映画に臨む方も、その逆の方にも楽しめ
る結末になっている事は確かなんじゃないかな、と。 

bannermono.gif

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/01/17(日) 18:12:38|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:18
  4. | コメント:0

市川実日子 小西真奈美 / blue

仏像
ワケもなく阿修羅


どうも。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのキラーカーン担当、ブロッケンでございます。

魚喃キリコ原作の映画『blue』を観ました。
最初この『なななん』っつう苗字が全然読めなくてねぇ。 そういや昔、『ナナナイン』って
ロックバンドが居ましたっけね。 のっけから余談全開で申し訳ないスけど。

高校三年の桐島(市川実日子)は、クラスメイトで目立たない存在の遠藤(小西真奈美)と
仲良くなる。 自分の知らないセザンヌの絵や外国の音楽を次々に教えてくれる遠藤に、
いつしか桐島は強い憧れを抱くようになり、やがてその思いは淡い恋心へと変わっていく。
しかし、遠藤の好きな絵や音楽が、彼女が以前付き合っていた男の影響である事を
知り、桐島の憧れに幻滅と嫉妬が複雑に入り混じって行く…というあらすじ。

…この辺りの桐島の感情の推移、もう痛いほどよ~く分かります。 ええ、分かりますとも。
私も高校ン時、大好きだったコ(女子ですよ念のため)になんとか近づきたくて、彼女の
好きな音楽を熱心に聴いたりしてたんスけど、ある日その音楽が、彼女の好きな男子が
愛聴していた音楽だったという事を知るに至りまして。 大袈裟なんかじゃなく、あん時は
マジで絶望しましたよね。 文字通り『blue』ッスわ。 フフ。(遠い目)

同性愛や妊娠~中絶という、ショッキングな題材を扱っているにもかかわらず、昨今の
ケータイ小説にありがちな『愛と感動』方面に安易に帰結しないストーリー展開のおかげで、
作品の世界観に思いきり没頭する事ができました。
加えて市川実日子の演技というか存在感そのものが非常に素晴らしかった。
彼女が目を伏せて、物憂げに頬杖をつくその仕草は、他のいかなる言葉よりも的確に、
10代の女のコが抱えているであろう『blue』を射抜いているんじゃないかな、と。

『blue』という言葉から連想されるイメージ―『海』、『空』、『不安』、『憂鬱』そして『未熟さ』の
すべてを静かに、そして正確に描いた、青春映画の佳作だと思います。

最後に一点。 遠藤(小西真奈美)が桐島(市川実日子)に薦める外国の音楽というのが、
アズテック・カメラの『ハイ・ランド、ハード・レイン』っつうアルバムなんですけど、ここで
ネオアコをレコメンドする感覚も、すっごく『blue』ですよねぇ。  ウォーク・アウト・トゥ・ウィンター!

◆◆オーラル学園 漫画紹介◆◆
・エマニエル変人

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/08/11(火) 14:37:46|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。