中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

永作博美 松山ケンイチ / 人のセックスを笑うな

阿波踊り
ワケもなく阿波踊り


どうも。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの潜入捜査担当、ブロッケンです。

山崎ナオコーラ原作の映画『人のセックスを笑うな』を観ました。 すごい題名ですな。

しかし、肝心の内容は、そのインパクト大なタイトルとは裏腹に、非常に淡々としていると
いうかなんというか…あの、単刀直入に申し上げて、あんまし惹き込まれなかったんです。


思いっきり乱暴にかいつまんでしまえば、19歳の美大生・ミルメ(松山ケンイチ)と、39歳の
リトグラフ講師・ユリ(永作博美)、年の差20歳の2人が恋に落ちて、愛し合い、やがて、
はなればなれになるってだけのストーリー。 乱暴にかいつまんだらね。

年上の魅力的な女性にたぶらかされたいとも、(当たり前ですが)年下の可愛い純情BOYを
たぶらかしたいとも思った事のない私が、イマイチ感情移入しきれなかったのは、当然っちゃ
当然なのかも。それよかむしろ、松山ケンイチに密かな恋心を寄せているのに、どんどん永作
の色香に溺れていく松ケンの姿を、傍らでヤキモキしながら眺めている事しかできない同級生・
えんちゃん(蒼井 優)のキモチの方が分かる!って感じでした。 基本、負け犬目線なモンで。

その蒼井優が、永作に『亭主が居ながら、彼に近付くのはどうして!?』ってカンジで詰めよる
場面があるのですが、そこで永作が一言『だって…さわってみたかったんだも~ん』だって。
このセリフ、ゴリンゴリンの童貞中学生から発せられたら、途端に不潔(?)で侘びしいムード
が漂い始めるクセに、永作のクチから発せられるとアラ不思議。いやらしさ皆無。 何故だっ。

あと、余談ですけど、もうひとりの同級生役の忍成修吾クンが着ているナイロンジャケットが
ヘンテコな色合い(オレンジとグレーと黄色)で、本編と無関係に、もんのすごく目立ってました。
わざわざそんなミクロな部分に言及しなくたってイイじゃんと、自分でも思うんスけど、無性に
印象に残るんだもん。 多分この映画を観た人のほとんどが『ヘンテコな色合いだなァ』って
感じたに違いないとニラんでるんスけど、どうでしょう?  どうでしょう?って言われてもね。 
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/09/15(火) 11:25:19|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。