中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山田優 中別府葵 永田彬 / 劇場版 カンナさん大成功です!

伝説
ワケもなく江頭2:50


毎度です。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの草野仁担当、ブロッケンです。

鈴木由美子原作の映画『劇場版 カンナさん大成功です!』を観ました。

ひょんな事からアパレル業界の最前線に踊り出てしまった全身整形美人の神無月カンナ
(山田優)が、天然美人の隅田川菜々子(中別府葵)と愛嬌のあるブス・伊集院ありさ(
崎静代
南海キャンディーズ)と共に、恋や仕事に大ハリキリ!って感じのコメディー
映画でございますな。

白鳥麗子でございます!』でお馴染みの鈴木由美子氏の原作漫画がベースとなって
いる本作。“ブタゴリラ”の異名を取るブス女から一転、全身整形によって完璧な美貌を
手に入れた女・神無月カンナを、山田優がコミカルに演じております。 原作とは異な
り、映画版の舞台がアパレル業界という事もあって、山田優のカラフル(ビタミンカラー
ってんですか)でバリエーション豊かな衣装が今作の見所のひとつ。つうか山田優のあの
脚の長さ、ありゃもう憧れとかセクシーとかいう次元を越えて、最早脅威ですな。 顔の
各パーツもいちいちデカくて絢爛だし、何かもう眺めているだけで妙なプレッシャーを
感じる始末。

そんな整形美人・カンナさんが想いを寄せる相手が、同じ会社の蓮台寺浩介(永田彬)な
んですけど、あの、このヒトっていわゆるイケメンの部類に入るんスかね? つうか映
画の途中で“何かこのヒト、狩野英孝に似てんなァ”って気になりだしたが最後、永田
クンが画面に現れる度に例の“ラーメン・つけ麺…”が脳内でフラッシュ・バックし
ちゃって、うーん、あんまし集中出来なかったッス。 いや、完全に言いがかりの域に
達してる系の意見だってのは自分でも重々承知なんですけど、それでも“憧れのカレ”
という役割を全うするには、イマイチ説得力に欠ける顔面偏差値なんじゃないかな、と。
 や、ボクなんかに較べりゃ1000倍も2000倍もイケてるんですけどね、永田彬クン。

それから、映画版では山田優中別府葵が早々に意気投合してしまうせいか、原作ほど
“人工の美”と“天然の美”のコントラストが際立っていなかったのがやや残念でした。
もっともっと極端な対立図式の方が面白かったと思うんだけどな。

あとアレだ、浅野ゆう子演じる辣腕デザイナーの雰囲気が『プラダを着た悪魔』のメリ
ル・ストリープ
に酷似してましたが、やっぱ少なからず意識したんでしょうか? つうか
浅野ゆう子、物語の途中で突如銀髪から黒髪へと変わるんですけど、劇中の誰一人と
してその事に触れてくれないんだもんなぁ。アレって結局ウィッグだったの?それとも
染め直したの? …ま、どっちだっていいか。

bannermono.gif
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/01/22(金) 18:40:26|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。