中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

岡田将生 加瀬亮 渡部篤郎 / 重力ピエロ

コンピューターおばあちゃん
ワケもなくコンピューターおばあちゃん


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの坂本龍一担当、ブロッケンです。

伊坂幸太郎
原作の映画『重力ピエロ』を観ました。

遺伝子研究を専攻する大学院生の兄・泉水(加瀬亮)と、芸術的な才能を持つ弟・春(岡田
将生
)は、平凡な公務員の父と三人で平穏に暮らしていた。  そんな彼らが暮らす仙台の
街で連続放火事件が起こる。 犯行現場の近くには、必ず謎めいたグラフィティが描かれて
いた…というあらすじ。

うーん…フツーに面白かったんですけどぉ、伊坂作品にしては珍しく先の展開がちょっと読
めてしまったというか、『アヒルと鴨の~』や『フィッシュストーリー』の劇場版を観終わった時
ほどコーフンしなかったというのが正直な感想です。 とは言え、やはり伊坂ブランドにハズ
レ無し。 弟・春の出生にまつわる哀しい過去と“グラフィティ・アート”、そして“遺伝子”といっ
た、一見無関係に思える要素を違和感なくひとつの物語、そしてひとつの真相に収斂させて
いくその手腕は、今作においても遺憾なく発揮されております。 

家族全員で観に行ったサーカス。  空中ブランコに挑むピエロをハラハラしながら見守る子
供たちに対して、鈴木京香演じる母親が言った『大丈夫。 あんなに楽しそうな顔をしていれ
ば、地球の重力だって消えちゃうわ』という一言が『重力ピエロ』という印象的なタイトルの由
来なのですが、このタイトルに関して、もう少しヒネリの効いたエピソードが用意されているの
だろうと考えていた僕としては、ちょっと拍子抜けしてしまいました。…うーん、“伊坂幸太郎
が原作”ってだけで、何かと期待しすぎなのかもしれませんね。 

えっと、本作の具体的な内容について、アレコレと言弁を弄するのはあまりにも野暮なので、
こっから先は本編とあんまし関係ないような点ばっかクローズ・アップして行きましょう(´∀`)

まずアレだ、回想シーンに登場する、加瀬亮演じる“泉水”と岡田将生演じる“春”の少年時
代のコ達が、二人とも本人にソックリで驚きましたね。 特に加瀬亮の方は、タイムマシンで
過去から連れて来たんじゃねえのって位に酷似してました。 つうか、“泉水”も“春”も、英語
に訳したら“スプリング”っていう命名センス、ニクいですよねぇ。 他にも、春につきまとうスト
ーカー少女に対して、“春を追いかけるから”という理由で“夏子さん”と呼んでしまうセンスも
実に小粋だなァ、と。

それとさ、渡部篤郎演じる葛城っつう男が、あまりにも渡部篤郎にピッタリな役どころ過ぎて
逆にツマンないっつうかね。  ええ、完璧に言いがかりですけど。  渡部篤郎がセクシーで、
どこか危険な香りがする役が似合う俳優なのはもう分かったと。 だから逆にさ、生まれてこ
のかた一歩もウチから出た事がないひきこもり(42歳・童貞)みたいな役を渡部篤郎がやった
らメチャクチャ面白いと思うんだけどなぁ。 他には…そうだなァ、大野クンのかわりに渡部篤
怪物くんを演じたらどうなるのか、ちょっと観てみたいッス(*´▽`*) =3ハァハァ 


続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/05/04(火) 13:34:26|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:33
  4. | コメント:0

夏帆 岡田将生 / 天然コケッコー

レッサーパンダ
ワケもなくレッサーパンダ


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの田中哲司担当、ブロッケンです。

くらもちふさこ原作の映画『天然コケッコー』を観ました。 

島根県の田舎にある全校生徒たった6人の分校に通う中学2年生の右田そよ(夏帆)。
ある日東京からそよと同い年のイケメン男子・大沢広海(岡田将生)が転校して来る。
つっけんどんな態度の広海に最初は戸惑うそよだが、やがて2人は徐々に親密な
関係になっていく…というあらすじ。

夏帆岡田将生と言えば取りも直さず『オトメン』コンビな訳ですが、それよりも以前に
共演を果たしていたんですね。 まだあどけなさの残る夏帆ちゃんが死ぬ程カワイイ!

この映画の音楽を担当しているのはレイ・ハラカミ。 彼の紡ぎ出す温もり溢れる電子
サウンドが、この映画のゆったりとした雰囲気にジャスト・フィットしていて、とにかく心地
良かったです。 さらに、主題歌がくるりの『言葉はさんかく こころは四角』ってのも
素晴らしい選曲だと思います。 思えばくるりレイ・ハラカミも京都出身なんですよね。
京都出身のミュージシャンって、“情緒”ってものが何たるかを知り尽くしている人が多い
様な気がします。 キセルも京都出身だし。

えっと、ボクなんかが中学2年生ぐらいの頃には既にゴリンゴリンのヤリたい盛りに突入
しちゃってまして、未だにこうしてその頃を振り返るだけでダークな気持ちになる程なん
ですけど、この映画における夏帆岡田将生はあまりにもピュア。どこまでもイノセント。
たとえば岡田将生のお気に入りのコートをもらう代わりに、夏帆が岡田クンにキスさせて
あげるという場面があるんですよ。しかも神社で。 フツーだったら(何がフツーかも良く
分かんないッスけど)絶対にキスだけじゃ済まないっしょ。そのままA→B→Cって感じで、
オトナの階段を一気に駆け上がるっしょ。 しかし、この映画はそういったリビドー方面には
目もくれずに、ひたすら“淡い恋心”を丁寧に描くのみ。

…観ていると、いかに自分が薄汚れた人間に成り下がったのかを再発見できるといった
意味において、この『天然コケッコー』は、一種の自己啓発ムービーと呼べるのかも。
フフ。  呼べねえっつうのな。

あと、劇中で子供たちが『行ってきます』的な意味合いで使用する『行って帰ります』っつう
方言、すごくイイ響きですよね。 行ったら帰る。 当たり前だけどコレ、すっごく大切な事
ですから。ボクも夏帆のマネして、出かける時は『行って帰りま~す』とか言おうかしら。

bannermono.gif

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/12/04(金) 18:06:16|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。