中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

役所広司 小池栄子 妻夫木聡 / パコと魔法の絵本

舐め猫
ワケもなくペロペロ


毎度です。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの竹井みどり担当、ブロッケンです。

中島哲也監督の映画『パコと魔法の絵本』を観ました。


そう遠くはない昔、変わり者の患者だらけの病院に、人々から忘れ去られたがっている
偏屈ジジイ・大貫(役所広司)と、一日で何もかも忘れてしまう女のコ・パコ(アヤカ・ウィ
ルソン
)が入院していた。 最初はパコを疎ましく思っていた大貫であったが、彼女が大
切にしている絵本“ガマ王子対ザリガニ魔人”を読み聞かせてあげている内に、少しず
つ大貫の心に変化が見られるようになって来て…というあらすじ。

下妻物語』、『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督が贈る、感動の極彩色ファンタ
ジー。 いや、文句ナシに面白かったです。 一見して中島監督の作品と見て取れる
驚愕の映像美は今作においても健在どころか、より一層パワー・アップしており、最
ティム・バートン辺りと比較しても全く引けを取らないレベルに達しているんじゃな
いかな、と。 特に、実写もアニメもCGも全部ごちゃまぜになった様な、クライマック
スの演劇のシーンは圧巻。まさしく唯一無二、至高の映像体験だと思います。 

物語を彩る豪華キャスト陣も、映像に負けず劣らずアッパーかつハイテンションな演
技で応えております。主演の役所広司をはじめ、ほとんどのキャストが原型をとどめ
ぬ位に仮装(?)している中、唯一土屋アンナだけは、素のまんまで『パコと魔法の絵
』の世界に違和感なく馴染んでいたのはさすがでしたね。 妻夫木聡演じる元天才
子役の薬物中毒患者・室町のインパクトも強烈でした。 あんなイッちゃってる妻夫木
君の表情(かお)、初めて観たかも。

他にもオカマに扮した國村準や、小池栄子の恐(狂)妻っぷりなど、見所多数。 つう
か“狂気”を演じさせたら、間違いなく今、小池栄子の右に出る女優はいないと思いま
す。 もうね、本当に上手い。『接吻』の時の様な内に秘めたる狂気から、今作におけ
るコミカルな壊れっぷりまで、あらゆるシーンに対応できるそのレンジの広さに感動す
ら覚えます。 巨乳タレントとして売り出していた頃の彼女には、これといって将来性を
感じなかったのですが(失礼)、現在の小池栄子は断固支持でございます。

ド派手な映像&演技とは対照的に、物語の構造自体は極めてシンプル。 それどころ
か、老人と少女のふれあいを通じて生きる事の素晴らしさを描く的な、一歩間違えれば
どこまでも陳腐な内容になりかねないようなテーマなんですよね、実は。 でも、描き方
に微塵も湿っぽさが無いのと、前述した通り、徹頭徹尾ポップかつハイテンションな作
品のテイストのおかげで、途中で白ける事なく、最後まで楽しむ事ができました。

また、ガンダムエヴァンゲリヲン銀河鉄道999、果てはビート・クルセイダー
まで、作品のそこかしこにサブカル的アイテムが散りばめられているのも本作の大
きな魅力。 そう言われてみれば、役所広司の持っていた純金のライターもどことなく
往年の超合金ロボ『ゴールドライタン』っぽいカタチに見えなくもない様な…。 そうそ
う、こないだヴィレッジ・ヴァンガードに復刻版のゴールドライタンが置いてあって、超
テンション上がりました。カッコ良かったなあ。 やっぱ、男は黙って18金(メッキ)だぜ。


  続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/04/04(日) 16:43:03|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:26
  4. | コメント:0

豊川悦司 小池栄子 仲村トオル / 接吻

岡本太郎
ワケもなく岡本太郎 


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの戸田菜穂担当、ブロッケンです。

豊川悦司小池栄子主演の映画『接吻』を観ました。

閑静な住宅街で起こった殺人事件。 一家三人を金槌で惨殺した犯人・坂口秋生
(豊川悦司)がTVカメラに向けて見せた微笑みに魅せられたOL・京子(小池栄子)は、
弁護士の長谷川(仲村トオル)を通じ、徐々に坂口へと接近していく…というあらすじ。

誰からも必要とされず、“ひとりぼっちでいる事を仕方なく受け入れて来た”男女がめぐり
逢い、魂の深い部分で共鳴しあう…これはもう、男の方がたまたま(?)殺人犯だったって
事を除けば、れっきとした純愛映画なんじゃないかな、と。

坂口に惹かれていく陰気で冴えないOL・京子を演じたのは小池栄子堤幸彦監督による
映画“恋愛寫真”で見せたむき出しの狂気とはまた一味違った、“内に秘めたる狂気”を
見事に表現しております。 小池栄子って、セリフの無いシーンで垣間見せるさりげない
表情や目の演技が非常に上手いですよね。 とりわけ、報道陣に取り囲まれた彼女が、冷
ややかな視線をカメラに投げつける時の表情! ここで僕、背中がゾクッとしましたもん。

そんな小池栄子の一途なふるまいを心配する弁護士・長谷川(仲村トオル)も、いつの間
にか京子に好意を抱く様になり、やがて奇妙な三角関係(?)へと発展していくという展開
も、非常に倒錯していて面白かったですね。

自ら犯した罪に苛まれ、精神的に追い込まれていくトヨエツに対し、小池栄子は日を追う
毎に綺麗に、そして快活になっていくという、そのコントラストも印象的でした。 やはり、
実際に殺人を犯した者とそうでない者の間にどれだけ共感が芽生えたところで、完全に
同じ心境には立てないという事でしょうか。

そんな二人の埋め難い心の隔たりを飛び越えるべく、物語終盤、間仕切りの無い部屋で
坂口と面会する事を許された京子が、あるとんでもない行動に出ます。 この部分こそが
本作の最大のミステリーであり、“接吻”という表題の由縁でもあるのですが、理解を超え
た人間の行動ほど恐ろしいものは無いという事を痛感させられる、まさしく衝撃の結末だ
と思います。

この時、仲村トオルに対して小池栄子が吐き捨てる様に言った『私の事をどうにかしよう
なんて思わないで!放っといて!』というセリフですが、これは仲村トオルに対してだけ
ではなく、それまで彼女の事を無視して、軽んじて、好き勝手なレッテルを貼ってきた世間
に向けられた“断絶の言葉”にも受け取る事が出来るのではないでしょうか。

…それにしても、究極の純愛映画たる本作の主役の男女が、ついぞ一度も口づけを交わ
す事なく別れを迎えるとは。 それなのにタイトルは『接吻』。 うーん、考えれば考えるほど
謎は深まるばかりです。 ともあれ、今作の結末のインパクトたるや相当なもの。 頭で理
解は出来ずとも、必ずや胸に何かが突き刺さるんじゃないかな、と。

続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/03/03(水) 13:34:33|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:10
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。