中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

阿部寛 夏川結衣 樹木希林 / 歩いても歩いても

おじいちゃん
ワケもなくバンザイ


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの高城剛担当、ブロッケンです。


是枝裕和脚本・監督の映画『歩いても 歩いても』を観ました。  傑作です。

15年前、不慮の事故で命を落とした兄の命日に、横山良多(阿部寛)は、妻・ゆかり(夏川
結衣
)とゆかりの連れ子である息子・あつし(田中祥平)と共に、神奈川の実家に帰省する
という、シンプル極まりないあらすじ。

この『歩いても 歩いても』という題名は、劇中で樹木希林が口ずさむ、いしだあゆみ
ブルーライト・ヨコハマ』の一節から取られているんですね。 …あの、のっけからいきな
り余談なんスけど、若い頃のいしだあゆみってすんごい綺麗なんですよねぇ。 それとボク、
この曲が大好きなんですよ。 憂いを帯びたメロディーがタマンナイというか、さすが日本歌
謡界のドン・筒美京平氏の作品でございます。

大切な何かを喪失する瞬間を描いた作品って、沢山あると思うんですよね。 また、喪失の
哀しみから徐々に立ち直っていく過程を描いた作品も、同様に沢山あると思います。しかし、
今作で描かれているのは、“喪失も、そこからの再生も、はるか昔に済んでしまっている家
族”なのです。 なので、今作には大きな事件や、ドラマティックな展開は皆無。 取るに足
らない家族間のダイアローグを基軸に、物語はどこまでも淡々と進んで行きます。 つうか
そんな映画のどこが面白いんだと思われる方もいらっしゃる事でしょうが、ところがどっこい、
面白かったんですよこれが。

気心の知れた者同士が交わす何気ない会話の途中で、ふと何かの拍子に思い出したくな
い過去であったり、触れてはいけない事情だったりといった、いわゆる“地雷”を踏んでしま
い、途端に場の空気が凍りつくといった瞬間は、誰にでも身に覚えのある経験かと思います
が、この映画はそんな『地雷を踏んだ瞬間』の描写が非常にウマいんですよね。 で、この
家族にとっての“地雷”とは、15年前、海で溺れていた少年を助けようとして、反対に自分が
溺れ死んでしまった長男・ジュンペイの存在、というワケです。 

ジュンペイの命日には、彼によって命を救われたかつての少年もやって来るのですが、そい
つがまたツマラナイ人間に成長しくさってるワケですよ。 こんな男の為にウチの大事な長男
が死んだのかと嘆く父・原田芳雄のキモチも痛いほど良く分かります。

と同時に、誰かの犠牲の上に自らの生が成り立っているという負い目を生涯にわたって背負
い続けなければいけないってのも、あるイミ生き地獄だと思うんですよね。 そこら辺の事情
を汲んで、“彼も辛そうだし、もう彼を命日に呼ぶのは止めたらどうか? ”と提案する阿部寛
に対し、『だから呼んでるんじゃない。 10年やそこらで忘れてもらっちゃ困るのよ。』と真顔
で返した時の樹木希林のおそろしさといったら!   歳月は人の哀しみをやわらげこそすれ、
決して消し去りまではしないんだなァと痛感させられる場面です。
 
それにしても、先述した『ブルーライト・ヨコハマ』も、樹木希林が若かりし頃、原田芳雄
の浮気現場を目撃した際にかかっていた“思い出の曲”で、以来、現在に至るまで時折レコ
ードを引っ張り出して聴いてるってんですから、つくづく人間の、そして女の怨念は怖いです
ね。  オバケなんかよりもよっぽど怖い(*´▽`*)

また、かつては開業医として付近の住民からの信頼を得ていた原田芳雄が、向かいの家で
暮らす老婆の容態が急変した際に、何の力になってやる事も出来ず、ボンヤリと救急車を見
送る場面も非常に印象的でした。 15年という歳月は、家族の哀しみをゆっくりとやわらげな
がら、同時にゆっくりと“老い”を、そしてその先にある“死”をたぐり寄せていたという事実が
とても上手に表現されたシーンだと思います。 

おそろしく地味な映画ですが、これほどまでに人間の本性や悲哀を丁寧に、そして精確に描
いた作品って、そうそう無いと思います。 オススメ。 ゴンチチの劇伴も心地良かったなあ。


続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/04/30(金) 14:27:37|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:27
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。