中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リリー・フランキー 木村多江 / ぐるりのこと。

阿波踊り
ワケもなくお祭り騒ぎ


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのちあきなおみ担当、ブロッケンです。

橋口亮輔脚本・監督の映画『ぐるりのこと。』を観ました。 傑作です。

うだつのあがらない法廷画家の夫・カナオ(リリー・フランキー)としっかり者で几帳面な妻・
翔子(木村多江)。平凡な夫婦に突如訪れた危機と再生を、90年代という時代背景を通じ
て淡々と描いた大人のラブ・ストーリー。

愛する我が子を生まれてすぐに病気で亡くし、深い哀しみと喪失感、周囲の無理解に対す
る幻滅、そして“もっとちゃんとやれる筈だったのに”という強い自責の念から、次第に心を
病んでいく妻・翔子役の木村多江の演技はただただ素晴らしいの一言。 書店の中で突如
感情の抑制が効かなくなり、本で顔を覆い隠しながらその場にしゃがみ込んで泣く場面など
は、特に胸に迫るものがありました。

そんな木村多江を、静かに見守り続ける夫・カナオ役のリリー・フランキーの演技がこれ
また素晴らしい。 大の男のくたびれた哀愁と諦念とある種の無責任さ、そして口に出さず
とも滲み出る妻への愛を、実に自然に体現しております。 リリー・フランキーって、ミラク
ルタイプ
の頃からイイ味出してンなぁとは思っていましたが、まさかここまでとは。 

そんなリリー・フランキーが法廷画家として携わっていく様々な事件は、全て90年代に実
際に起きた事件がモデルとなっており、中でも“宮崎勤”をモデルにしたと思われる幼女
誘拐殺人犯(加瀬亮)のインパクトたるや絶大。弁護士の問いかけに対して『♪どっちでも
い~い~』と歌う様に、しかし真顔で答える場面などは、恐怖と狂気と憎悪と無邪気さが
渾然一体となって強烈な印象を観る者に残します。やるじゃん加瀬亮。 ちなみにこの時の
弁護士役が光石研なんですけど、どこにでも出て来ますね、このヒト。

と、ここで気づくのが、今作におけるリリー・フランキーが、一貫して“見守る”という行為に
徹しているという点。 壊れ行く妻を、そして数々の凶悪事件を、そして変わり行く時代の
流れを、肯定も否定もせず、ただ寄り添う様に見守り続ける彼の姿に、無力さと頼りなさと、
そしてある種の誠実さを感じ取る事が出来ます。  

“鬱の時代”とも言うべき現代に生きる我々の四方を、文字通り“ぐるり”と取り囲む悪意や
不幸や無理解や哀しみの数々。 それらに翻弄されながらも、人生から逃げ出す事なく
歩んでいく夫婦の、10年間の軌跡を描ききった絶望と希望の140分。  断固支持です。 
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/01/23(土) 18:23:03|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:11
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。