中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

奥菜恵 犬山イヌコ 池谷のぶえ / おいしい殺し方

尺八おじさん
ワケもなく尺八

毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの谷桃子担当、ブロッケンです。

ケラリーノ・サンドロヴィッチ脚本・監督の映画『おいしい殺し方』を観ました。

テレビでおなじみのイケメン料理研究家・東大寺ハルキが謎の投身自殺を遂げた。ハル
キが経営する料理学校の生徒で、殺人的に料理が下手な教師・消崎ユカ(奥菜恵)は、
彼の死に疑問を抱き、同じく料理が下手な主婦・白石カナエ(犬山イヌコ)とその友人の山
内清美(池谷のぶえ)等と共に東大寺ハルキの死の真相に迫る…というあらすじ。

いわゆる“サスペンスもの”と呼ばれるジャンルにおいて何が最も重要視されるかと言えば、
取りも直さず“誰が犯人であるか?”そして“犯行に如何なるトリックを用いたか?”であると
いう事に異論を挟む余地などありませんが、本作はそんな当然のシステムに真っ向から異
論を挟みまくる、型破りな内容。

世にサスペンス映画は星の数ほどあれど、この『おいしい殺し方』ほど誰が犯人で、どんな
トリックを用いたのかという事実が物語の隅っこへと追いやられている作品を、私は他に知
りません。 つまるところ本作は“サスペンス映画の皮をかぶったシュールなコメディ映画”
であり、強烈な個性を持つキャラクター同士のかけあいの妙や、ツッコミどころ満載の設定
こそが本作のキモなんですね。

物語の本質よりも周辺、つまり“蛇足”や“余談”の部分を積極的にクローズ・アップして、そ
こから生まれるニッチな笑いを積み重ねて作品の流れを形成していくというスタイルの監督
ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督の他にも、三木聡(転々)や吉田恵輔(机のなかみ)、
そして佐藤佐吉(平凡ポンチ)などが挙げられるかと思いますが、彼等が手がけた諸作品、
またケラさんの歴代の監督作と比較しても、この『おいしい殺し方』の(笑えるか否かという意
味での)面白さは群を抜いていると思います。 

殺人的に料理が下手で自惚れ屋の女教師・消崎ユカを演じるのは奥菜恵。 デビュー当初
は正統派美少女アイドルとして、広末涼子と人気を二分していた奥菜恵ですが、今やすっか
りすっかり個性派女優のくくりで語られる機会が増えてきました。 そんな彼女の確かな演技
力を、ケラ監督がキッチリとおかしな方向へ導く事により、新たなる魅力が一気に開花、堂々
たるコメディエンヌぶりを披露しております。 ケラリーノ監督作品には欠かせない名脇役・
山イヌコ
との呼吸もピッタリで、まるで長きにわたって上演されて来た芝居でも観ているかの
ような安定感すら漂っておりますが、実はこの作品の撮影日程は極めてタイトだったってん
だから驚き。 時間をかけなくたってイイ作品は出来るという好例ですね。

そして特筆すべきは、空気の読めない主婦・山内清美を演じる池谷のぶえの怪演! これこ
そが、本作の成功に大きく貢献していると言っても決して過言では無いと思います。 一人息
子を事故だか病気だかで亡くし、その代わりとして飼い始めたおしゃべりオウムとのズレた会
話、そして顔面白塗りで踊り狂う前衛劇の辺りはマジでヤバい。  殺されるんじゃないかって
位に大爆笑しましたね。  恐るべし、池谷のぶえ

他にも、奥菜恵の後ろの席に座っている料理学校の生徒が、実は“恋のから騒ぎ”に出演し
ていたキャイ~ンの天野君似の彼女(府中文江)だったり、待ち合わせの目印として奥菜
が手に持っているモグラのぬいぐるみが、チェコの国民的アニメ『クルテク』のモグラだっ
たりといった小ネタも超満載。 しかし、個人的にはサザンのCD(海のYeah!)を床に叩きつ
けて粉々にする辺りに、単なる小ネタでは片付けられない反骨精神みたいなものを感じ取っ
てしまったんですよね。 サザン=定番・王道の象徴なワケで、それを粉々にするという行為、
これすなわち“メジャーに対する宣戦布告”なんじゃないかなぁ、なんて。…考え過ぎ? いや
いや、ケラさんと言えば80年代サブカルチャーの梁山泊・ナゴムレコードの総帥ですぞ。骨
の髄までアンチ・メジャーが染み込んだリアル・パンクな御仁ですから、きっとサザンのCDを
破壊したのにも、何かメッセージが隠されてると思うんだぁ。 …でも僕、サザンも大好きなん
ですけどね。  うーん、困った(*´▽`*)  

続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/03/27(土) 14:33:02|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0

鈴木美生 あべこうじ / 机のなかみ

みうらじゅん
ワケもなくみうらじゅん


毎度です。ギャグ漫画ゲリラ、中川ホメオパシーの淫行条例担当、ブロッケンです。

あべこうじ鈴木美生主演の映画『机のなかみ』を観ました。

クラムボンが主題歌という事で、以前から気にはなっていたのですが、渋すぎるキャストが
ネックとなり、観るのを後回し後回しにしていたこの映画。  確か、『夜のピクニック』も
同様の理由で後回しにしていたような気が。
で、ようやく重い腰を上げて観たんですけど…いやぁ、すンごい良かった。
つうかアレですな、キャストとか監督とかで作品を判断しちゃイカンですな。

一言で言ってしまえば、大学受験を目前に控えた女子高生・望月望(鈴木美生)と、彼女に
すっかり魅了されてしまった家庭教師の馬場(あべこうじ)、それぞれの想いや秘密やカン違い
が錯綜するストーリーに『木更津キャッツアイ』方式というか『レザボア・ドッグス』方式を
導入したラブコメ映画、といった趣でしょうか。

前半は家庭教師(あべこうじ)の視点で物語が進んで行き、ある決定的なバッド・エンドを
迎えると同時に時間が巻き戻され、今度は望(鈴木美生)の視点で再び物語が進んで行く。
これにより、前半の段階では意味不明に思えた行動の理由が明らかになったり、それぞれ
無関係に配置されているように見えた登場人物の意外な繋がりが見えて来るなど、単なる
ラブコメでは味わえない、多面的な面白味がありました。

加えてあべこうじの粘っこいキャラと鈴木美生の初々しい可憐さのコントラストが、より一層
物語をコミカルに、そしてカオティックなものにしています。 つうかあべちゃん、ネタやってる時と
ほぼ一緒じゃないスか。 もうね、素直にキ・モ・イ。 しかし、このキモさとKY加減が絶妙に
活かされているシナリオだと思います。 ナイス適材適所。

それにしても、受験を目前に控えてるっつうのに、すぐベッド脇に腰掛けて望の手相をみたり
するあべこうじのエロ教師ぶりに、思わず我らが岡村靖幸ちゃんの歴史的傑作、タイトルも
ズバリ『家庭教師』を連想してしまいました。  宿題しなベイベー。

一方、望月望役の鈴木美生ちゃんがまたカワイイんだ。舌っ足らずなしゃべり方&クリクリと
した瞳で見つめられちゃあ、あべちゃんでなくともコロッとイカレちゃいますよ、ええ。
しかもッ!憧れの男子を思いながら、ボールペンの先端で自慰(!)に耽ったり、半ケツ見せたり、
鼻血まみれで夜の県道沿いを彷徨ったりと、およそ清純なイメージからは程遠い、体当たりの
演技に挑戦しております。 いやぁ、眼福眼福。

傑作!と声高に叫ぶほどではありませんが、ボク的にはかなり満足の1本。 オススメです。

◆◆オーラル学園 更新情報◆◆
・のらネコミック - 183 ・アワビさん - 249

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/08/08(土) 12:17:13|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。