中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

松本潤 榮倉奈々 / 僕は妹に恋をする

ジョンレノン
ワケもなくジョン・レノン


どうも。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの霊感商法担当、ブロッケンです。

青木琴美原作の映画『僕は妹に恋をする』を観ました。
何でも出来る兄・頼(より)と、何にも出来ない妹・郁(いく)が、許されぬ恋と知りながら、
互いに惹かれあって行く…というタイトルのまんまの近親相姦劇でございます。

マツジュンが思い詰めた表情で榮倉奈々に『俺…もう限界なんだ…』と、にじり寄って
来たり、『俺の事が好きなら、郁からキスして…』と、無茶ぶりしてみたり、誰もいない
理科実験室で息を殺してイチャイチャしたり…と、松本潤大好きっ娘のいたいけな妄想
を片っ端から具現化したような、ファンにはたまらないシーンが目白押し。 ウヒョー。

しかし、♂の視点でこの映画を観た場合、いまひとつグッと来るものがありませんでした。

そもそも榮倉奈々自体に、『妹感』が希薄というか、『こんな妹が兄貴である俺を慕って
くれたら最高じゃん』というトホホな妄想を抱かせる様なキャラじゃないと思うんです。
まぁ、原作が少女漫画ですから、ターゲットの重心がコチラ(男性)側に置かれていない
事は明白ですが…でもなぁ…。 たとえば妹役を吉高由里子が演じていれば、より
いっそう、背徳感っつうか、イケナイ事してる感が増したと思うんスけど。  ウフフ。

…えーとですね、この『僕は妹に恋をする』、率直に言ってとても退屈な映画でした。

セリフとセリフの『間』が、あまりにもゆったり取られていて、しかもその『間』に、微塵も
必然性を感じないので、ただただ冗長な印象だけが残りました。加えて、各登場人物の
セリフのトーンも起伏に乏しいため、観ていると強烈な睡魔に襲われる事必至です。 
この映画の尺はおよそ120分。 ですが、余分な箇所をカットして、もっとテンポ良く編集
すれば、冗談抜きで60分弱の尺にまとめる事が出来たんじゃないかな、と。  

マツジュンが大好き!マツジュンみたいなお兄ちゃんに愛されたい!マツジュンと同じ
2段ベッドで眠りたい!…日頃からそう願っている様な、気合の入ったファン以外の方が
御覧になる場合は、十分に休息をとってから鑑賞される事を 強くお奨めいたします。


出演 : 松本潤 榮倉奈々 平岡祐太 小松彩夏 浅野ゆう子 ほか

◆◆オーラル学園 更新情報◆◆
・アシッドちゃん - 321  ・のらネコミック - 174
  

スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2009/06/30(火) 12:51:46|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

松本潤・小雪 / きみはペット

にゃんこ
ワケもなく仔猫

毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのお色気担当、ブロッケンでございます。

松本潤小雪主演、『きみはペット』を観ました。

高身長・高学歴・高収入の三拍子揃ったスーパー・キャリアウーマンの小雪演じる巌谷スミレ
の家の前に行き倒れていた謎の美少年(松本潤)。何か知らないけど、その美少年が妙に小雪
になついちゃって、『どんな事でもするから、スミレちゃんの部屋に置いて』的なお願いをするんです。
で、ここで小雪は、事もあろうに『私のペットになるなら、飼ってやってもいい』とか言い出すんですわ。 
うひゃあ。 居丈高にも程があるんじゃないスか。 さらには、その美少年に、昔飼ってた
犬の名前と同じ『モモ』と命名。 愛玩美少年との奇妙な同棲生活が始まるワケです。

よく、『作品は時代を写し出す鏡である』などと申しますが、このドラマ『きみはペット』は、
渇ききった現代社会でくらす『働く女』たちにとっての『時代とニーズ』を、実に鮮明に写し出した
鏡のようなドラマであります。 彼女たちのニーズとは何か?それは、ざっくり言ってしまえば

・ (大前提として)年下の美少年に癒された~い!

・ でも、仕事やライフスタイルに口出しされるのはイヤ!


…この2点に集約されるんじゃないかな、と。 モチロンこれは、僕個人の勝手な見解ですが。

で、この2つの条件(ニーズ)を満たそうと思ったら、このドラマのようにイケメンのジャニーズを
拾ってきてペット化するより手立てはないんじゃないスか。 でも実際問題、ニンゲンのオスを
ペット化って、そんなん無理っしょ。もし実現したとしても、多分にただれた性のオイニーがする、
インモラルな世界に突入してしまう事でしょう。『美少年・監禁調教!』みたいな。 うへぇ~。

しかしこのドラマには、そういった性にまつわる情念めいたムードはほとんど皆無です。
つうかモモ、飼い主とのキスやエッチは固く禁じられちゃってるんですよ。 まさに飼い殺し。

キスもエッチもNGならば、じゃあ一体何して過ごすのかと言えば、モモの髪を洗ってあげたり、
大好物のオムライスを作って食わせてやったり、スニーカーを買い与えてやったり。
え?それって、ペットっつうかヒモと違います?って感じの日々を送るワケです、ハイ。

でも、例えばモモが寺島進兄ィとかだったら単なるヒモ状態ですが、相手は今をときめく
スーパースター『』の松本潤ですからね。 またマツジュンが犬顔なんだよなァ。

それにしても、マツジュンを飼育って。 しかもキスもエッチもおあずけって。
なんとまあエグい設定なんでしょう。 女子を萌え死にさせる気マンマンですよね。

…現在、4話まで観終わったんですけど、はたらくオンナでも何でもない僕には、正直かなり
しんどいです。 面白いし、良く出来てるんだけど、しんどい。 伝われッ!このニュアンス。
だって、ご主人様が帰宅する度にマツジュンが飛びついてきて『お帰り!スミレちゃん!』とか
言いながら小雪の顔をペロッと舐めたりするんですよ? 男子的にはしんどいっスよ、そりゃ。

これが例えば男女逆の設定で、谷村美月ちゃんをこっそりアパートで飼う的な内容だったなら、
相当萌え上がるんスけどね。谷村美月も、負けじと犬顔ですし。 テヘヘ。 

でも、そんな事ではカッサカサの現代女性のハートは潤わない、と。  ああもう。   

◆◆オーラル学園 更新情報◆◆
・のらネコミック - 162   ・ほいっぷ☆くりぃむ - 29

テーマ:松本潤 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2009/05/16(土) 13:17:21|
  2. 不明なファイル
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。