中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

榮倉奈々 谷村美月 柄本佑 / 檸檬のころ

ガンダム
ワケもなく機動戦士


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの新撰組リアン担当、ブロッケンです。

榮倉奈々谷村美月主演の映画『檸檬のころ』を観ました。 素晴らしかった。

成績優秀、容姿端麗で学校のアイドル的存在の秋元加代子(榮倉奈々)と、音楽が大好き
で、いつか音楽ライターになるのが夢なんだけど、同じクラスには共通の話題で盛り上がれ
る友人もなく、いつも孤立しがちな白田 恵(谷村美月)。 2人の高校生活、最後の1年の間
に訪れた出逢いと別れ、そして喜びとせつなさを丁寧に描いた、直球ド真ん中の青春群像劇。


まず何と言っても白田恵役の谷村美月ちゃんがべらぼうに可愛い! これは声を大にして
言っておきたいですね。 ボク、前から谷村美月ちゃんのファンだったんですけど、イマイチ
作品に恵まれてないというか、彼女の瑞々しい魅力が活かされた作品ってないモンかなァと
内心歯痒い思いをしていたんスよ。 でもこの作品はストライク。 キラキラしてます。 

そんな美月ちゃんがほのかな思いを寄せる軽音楽部の辻本君を演じたのが平川地一丁目
林直次郎。 彼の演技がまた圧倒的にぎこちないんだ。 美月ちゃんの演技がとてもナチュラ
ルで達者なだけに、その朴訥ぶりがより一層際立っちゃうんでしょうかね。 確か彼、『グーグ
ーだって猫である
』にも出てたんですけど、そん時も微妙だったんだよなァ。でも今回の役どこ
ろは高校生って事で、この朴訥さが逆にリアル。 個人的にはナイスな人選だったんじゃない
かな、と。 アレですかね、ケガの功名ってヤツですかね。 違うか。

榮倉奈々の彼氏役の柄本佑(佑と書いて“たすく”と読むんですって)がまたイイ味出してるんで
すよね。絵に描いたような“童貞顔”ってんですか。 どのクラスにも一人や二人いそうな、そん
な既視感を誘う顔と存在感が秀逸。 常にクチ半開きなトコロもポイント高し。

えっと、このテの青春映画って、往々にして猛り狂うリビドーに苛まれたり、そうでなけりゃ、
部活動に完全燃焼したりするのがセオリーだと思うんですけど、この『檸檬のころ』はそういう
んじゃないんですよね。 もっと淡々としてるというか。 フツーに出逢った男女がフツーに悩ん
で、フツーに傷ついて、そしてフツーに離ればなれになっていくって感じで。 でも、そういった
“フツー”を作品に昇華して最後まで飽きさせずに観せるのって、すごく難しい事だと思います。
でもこの作品はそんな難題をごくごく自然にクリアー出来てるんですよね。

西陽に染まった教室、クラスの喧噪を避ける様にして駆け上った屋上、ヤル気があるんだか無
いんだか分からない学校の近所のひなびた商店、女子の溜まり場と化した保健室、人気の少
ない帰りの通学列車…いずれも劇中で度々出てくる場面なんですけど、これらの場面の雰囲
気って、フライング・キッズの曲に出てきそうだよなァ、ありふれてるんだけど、何かキュンと
来るなァなんて思いながら観ていたら、何とクラスの担任教師役にフライング・キッズ浜崎
貴司
が。 ニクイね。

ここ最近観た映画の中では、イチバン好きかも。  つうかコレ、DVD欲しいです。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/11/14(土) 11:49:03|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

市原隼人 井上真央 / チェケラッチョ!!

鳩山由紀夫
ワケもなく鳩山由紀夫&幸


毎度です。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの八ッ場ダム担当、ブロッケンです。

市原隼人井上真央主演の映画『チェケラッチョ!!』を観ました。

舞台は常夏の島・沖縄。 ナンパ目的で観に行った『ワーカホリック』というバンドの
ライヴに触発された透(市原隼人)、哲雄(平岡祐太)、暁(柄本 佑)の3人は、自分達も
バンドをやろう!と一念発起。 そしてトントン拍子で決まった『ワーカホリック』の前座。
しかし、ライヴ当日まで残された期間はあとわずか…。 果たして透たちは、ライヴを
成功させる事が出来るのか!?―というあらすじ。

うーん。 どうなんでしょ。 キャストも旬だし、このテの打ち込み系青春映画もすごく
好きなジャンルなのに…どうにもこうにもウソっぽいというか。 ま、映画ってそもそも
ウソの集積なんだから、それをいっちゃあオシマイよ!って感じなんですけどね。

この、そこはかとなく漂う“ウソ臭さ”の原因の一つとして挙げられるのが、市原隼人
はじめとする主要キャストが話す沖縄弁。 コレが明らかに“練習しました”って感じで、
ちっともネイティヴっぽくない、と。 他にも、劇中歌のほとんどをオレンジレンジが担当
してたり、ガレッジセールをチョイ役に起用したりするなどして、必死に『沖縄らしさ』を
強調しようとしてるんですけど…アレ?そもそもこの映画の舞台が沖縄である必然性って、
実はそんなにないのでは…?という事実に途中から気付いちゃってションボリ(゚ω゚)

また、玉山鉄二率いるバンド『ワーカホリック』の音楽スタイルというのが、ラウドなバンド・
サウンドに乗せてライムを繰り出す、いわゆる『ミクスチャー・ロック』と呼ばれるジャンル
なんですけど、これがまるで、ラッパ我リヤとコラボしてた頃のドラゴンアッシュのパチモン
みたいなサウンド。『あれ?この映画って、実は結構昔の映画だったかしら?』と、慌てて
調べてみたら公開は2006年。 意外と最近じゃん!っていうね。 ここらへんのセンスも
絶妙にウソっぽいというか、血が通ってないというか。 トホホ。

他にも、玉山鉄二の元カノ・渚(伊藤 歩)の声が何故か終始ガラガラだったり、市原隼人
達の組んだバンドの名前が『098』(=沖縄の市外局番。 ダサッ!)だったり、元・横綱の
KONISHIKIが、唐突にラップを披露したりするなど、萎えるポイントは多々ありますが、
何が一番ガッカリだったかって、劇中に登場する他のどのラッパーよりも、KONISHIKI
ラップの方が流暢でイケてたっつう事ですわな。 ダメでしょ、KONISHIKIに喰われちゃ。


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/09/26(土) 11:19:34|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

多部未華子 石田卓也 貫地谷しほり / 夜のピクニック

夜のピクニック
ワケもなくほのぼの

毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの皆既日食担当、ブロッケンです。

映画『夜のピクニック』を観ました。 全校生徒で80キロの道のりを一昼夜かけて歩く行事
『歩行祭』のスタートからゴールまでを追った、文字通りのロード・ムーヴィーなのですが、
これが実に面白かった。 もっと早くチェックしとけば良かったなァ…。

というのも最初、劇場でこの映画の予告編を見た時に『なんて地味なキャストなんだ』と驚いて、
以来、観るのが後回し後回しになっていたのです。しかし、今こうして改めて出演陣の顔ぶれを
見ると、主演の多部未華子石田卓也をはじめ、貫地谷しほり加藤ローサ高部あい
柄本佑 など、昨今ブレイクを果たした旬の若手俳優がズラリ。 おお~。

この『夜のピクニック』、ともすればどこまでも一本調子な内容になってしまいそうな危険を
孕んだ設定ですよね。 だって、ただただゴール目指して一日中歩くだけなんですから。
にも関わらずこの映画がとても面白いのは、個性豊かな登場キャラクター…昼間は死んだ
ように静かなのに、夜になると元気になるロック大好き少年(柄本佑)、他の生徒にこっそり
まぎれて歩くオバケ(?)、付き合うと必ず不幸が訪れる超打算的な女(高部あい)…による
部分が非常に大きいと思います。

主役の甲田貴子(多部未華子)と西脇融(石田卓也)は、強く互いを意識し合いながらも、
なかなか心を開けずにいるのですが、ゴールが近づくにつれて、その理由が徐々に明らか
になって来る構成も非常に丁寧で秀逸。 

それにしても、多部未華子石田卓也の『どこにでも居そうなのに、明らかに目立つ』感じ
というのは、特筆に価すると思います。 凄くポジティヴな意味で『使い勝手がいい』というか。
違和感なく作品に溶け込みつつも個性を失わないこの稀有な存在感は、これからもっともっと
様々な映画やドラマ等で発揮される事でしょう。 今後の活躍が非常に楽しみな2人です。

◆◆オーラル学園 更新情報◆◆
・アシッドちゃん - 331話

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/07/22(水) 12:22:28|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。