中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

榮倉奈々 勝地涼 / 阿波DANCE

toshiのフィギュア
ワケもなくTOSHI


毎度です。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの小森純担当、ブロッケンです。

榮倉奈々勝地涼主演の映画『阿波DANCE』を観ました。 轟沈ですわ。

ヒップホップダンスに夢中の女子高生・川村茜(榮倉奈々)は、親の都合で徳島県は
鳴門へと越して来る事に。 そこで彼女は、阿波踊りを愛し、阿波踊りの歴史と伝
統を守らんとする造り酒屋の息子・コウジ(勝地涼)と出逢う。 最初は反発し合い、
互いの踊りを理解しようともしなかった二人だが、コウジの同級生・ユッキー(北条
隆博
)の一言がきっかけで“ヒップホップ”と“阿波踊り”を融合した全く新しいダンス
スタイル、その名も“阿波DANCE”を模索し始める…というあらすじ。

…まず大前提としてこの映画、徳島県でヒップホップダンスをやってる方達に超失礼
ですよね。 『こんな田舎じゃダンス出来ない~』とかって榮倉奈々が物語の序盤で
ブーたれるんですけど、もし仮にボクが徳島県在住のヒップホップダンサーだったら、
“フザけんじゃねえぞ”ってな感じで怒り狂っちゃうな☆

そんでさ、“ヒップホップ”と“阿波踊り”を、鳴門のうずしおになぞらえてグルグル混ぜ
合わせて、全く新しい、俺達だけのダンスを生み出そうぜ!っつうその気概というか、
ミクスチャー感覚ってんですか?その着想自体は非常に面白いと思うんですよ。でも、
面白かったのはその着想だけで、肝心の“阿波DANCE”が激しくビミョーな代物でさぁ。
その時点でこの映画の命運は尽きたって感じ。 ダサい、ってのとはちょっと違うんで
すよ。何つうのかな、イメージとしては、“ビーフシチューとクリームシチューを融合さ
せて、全く新しいシチューを模索したものの、味もインパクトもどっちつかず。こんな事
なら最初っからビーフシチューとクリームシチュー、分けて食っとくべきだった…”って
モヤモヤと悔恨する様なテイスト、とでも申しましょうか。 おお、我ながらイイ例え。

阿波DANCE”のビミョーさに呼応する様にして、ストーリー自体も、バカ方面にも青
春方面にも振り切れない、中途半端な印象が残ります。 おまけに目新しさも無いって
いう、まさにだめだこりゃ状態。 物語のラスト、榮倉奈々が東京行きの電車の窓から
外を眺めると、爆チャリ(自転車を全力で漕ぐ事)しながら勝地涼が追いかけてくるんス
よ。 ベッタベタでしょ。 で、榮倉奈々と大声で何やら言葉を交わし合い、最後に一言、
ジーンと来るようなセリフでも吐いてくれるのかと思いきや、カン高い声で『フォオーッ!』
って絶叫したのにはトホホ&大爆失笑。  マイケル・ジャクソンかお前は。

とまぁ、ここまで散々コキ下ろして参りましたが、あえて無理矢理に良かったポイント
なんぞを挙げるとすれば、榮倉奈々のしなやかな脚線美と、勝地涼の父親役である
高橋克実が、満面の笑みを浮かべながら踊り狂ってた場面…ぐらいかなぁ。 やっぱ、
阿波踊りみたいな土着的なグルーヴには、高橋克実みたいな土着的な“イイ顔”が
しっくり来ると思うんだぁ、ボク(´∀`)
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/01/25(月) 17:12:04|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:0

榮倉奈々 谷村美月 柄本佑 / 檸檬のころ

ガンダム
ワケもなく機動戦士


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの新撰組リアン担当、ブロッケンです。

榮倉奈々谷村美月主演の映画『檸檬のころ』を観ました。 素晴らしかった。

成績優秀、容姿端麗で学校のアイドル的存在の秋元加代子(榮倉奈々)と、音楽が大好き
で、いつか音楽ライターになるのが夢なんだけど、同じクラスには共通の話題で盛り上がれ
る友人もなく、いつも孤立しがちな白田 恵(谷村美月)。 2人の高校生活、最後の1年の間
に訪れた出逢いと別れ、そして喜びとせつなさを丁寧に描いた、直球ド真ん中の青春群像劇。


まず何と言っても白田恵役の谷村美月ちゃんがべらぼうに可愛い! これは声を大にして
言っておきたいですね。 ボク、前から谷村美月ちゃんのファンだったんですけど、イマイチ
作品に恵まれてないというか、彼女の瑞々しい魅力が活かされた作品ってないモンかなァと
内心歯痒い思いをしていたんスよ。 でもこの作品はストライク。 キラキラしてます。 

そんな美月ちゃんがほのかな思いを寄せる軽音楽部の辻本君を演じたのが平川地一丁目
林直次郎。 彼の演技がまた圧倒的にぎこちないんだ。 美月ちゃんの演技がとてもナチュラ
ルで達者なだけに、その朴訥ぶりがより一層際立っちゃうんでしょうかね。 確か彼、『グーグ
ーだって猫である
』にも出てたんですけど、そん時も微妙だったんだよなァ。でも今回の役どこ
ろは高校生って事で、この朴訥さが逆にリアル。 個人的にはナイスな人選だったんじゃない
かな、と。 アレですかね、ケガの功名ってヤツですかね。 違うか。

榮倉奈々の彼氏役の柄本佑(佑と書いて“たすく”と読むんですって)がまたイイ味出してるんで
すよね。絵に描いたような“童貞顔”ってんですか。 どのクラスにも一人や二人いそうな、そん
な既視感を誘う顔と存在感が秀逸。 常にクチ半開きなトコロもポイント高し。

えっと、このテの青春映画って、往々にして猛り狂うリビドーに苛まれたり、そうでなけりゃ、
部活動に完全燃焼したりするのがセオリーだと思うんですけど、この『檸檬のころ』はそういう
んじゃないんですよね。 もっと淡々としてるというか。 フツーに出逢った男女がフツーに悩ん
で、フツーに傷ついて、そしてフツーに離ればなれになっていくって感じで。 でも、そういった
“フツー”を作品に昇華して最後まで飽きさせずに観せるのって、すごく難しい事だと思います。
でもこの作品はそんな難題をごくごく自然にクリアー出来てるんですよね。

西陽に染まった教室、クラスの喧噪を避ける様にして駆け上った屋上、ヤル気があるんだか無
いんだか分からない学校の近所のひなびた商店、女子の溜まり場と化した保健室、人気の少
ない帰りの通学列車…いずれも劇中で度々出てくる場面なんですけど、これらの場面の雰囲
気って、フライング・キッズの曲に出てきそうだよなァ、ありふれてるんだけど、何かキュンと
来るなァなんて思いながら観ていたら、何とクラスの担任教師役にフライング・キッズ浜崎
貴司
が。 ニクイね。

ここ最近観た映画の中では、イチバン好きかも。  つうかコレ、DVD欲しいです。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/11/14(土) 11:49:03|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

松本潤 榮倉奈々 / 僕は妹に恋をする

ジョンレノン
ワケもなくジョン・レノン


どうも。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの霊感商法担当、ブロッケンです。

青木琴美原作の映画『僕は妹に恋をする』を観ました。
何でも出来る兄・頼(より)と、何にも出来ない妹・郁(いく)が、許されぬ恋と知りながら、
互いに惹かれあって行く…というタイトルのまんまの近親相姦劇でございます。

マツジュンが思い詰めた表情で榮倉奈々に『俺…もう限界なんだ…』と、にじり寄って
来たり、『俺の事が好きなら、郁からキスして…』と、無茶ぶりしてみたり、誰もいない
理科実験室で息を殺してイチャイチャしたり…と、松本潤大好きっ娘のいたいけな妄想
を片っ端から具現化したような、ファンにはたまらないシーンが目白押し。 ウヒョー。

しかし、♂の視点でこの映画を観た場合、いまひとつグッと来るものがありませんでした。

そもそも榮倉奈々自体に、『妹感』が希薄というか、『こんな妹が兄貴である俺を慕って
くれたら最高じゃん』というトホホな妄想を抱かせる様なキャラじゃないと思うんです。
まぁ、原作が少女漫画ですから、ターゲットの重心がコチラ(男性)側に置かれていない
事は明白ですが…でもなぁ…。 たとえば妹役を吉高由里子が演じていれば、より
いっそう、背徳感っつうか、イケナイ事してる感が増したと思うんスけど。  ウフフ。

…えーとですね、この『僕は妹に恋をする』、率直に言ってとても退屈な映画でした。

セリフとセリフの『間』が、あまりにもゆったり取られていて、しかもその『間』に、微塵も
必然性を感じないので、ただただ冗長な印象だけが残りました。加えて、各登場人物の
セリフのトーンも起伏に乏しいため、観ていると強烈な睡魔に襲われる事必至です。 
この映画の尺はおよそ120分。 ですが、余分な箇所をカットして、もっとテンポ良く編集
すれば、冗談抜きで60分弱の尺にまとめる事が出来たんじゃないかな、と。  

マツジュンが大好き!マツジュンみたいなお兄ちゃんに愛されたい!マツジュンと同じ
2段ベッドで眠りたい!…日頃からそう願っている様な、気合の入ったファン以外の方が
御覧になる場合は、十分に休息をとってから鑑賞される事を 強くお奨めいたします。


出演 : 松本潤 榮倉奈々 平岡祐太 小松彩夏 浅野ゆう子 ほか

◆◆オーラル学園 更新情報◆◆
・アシッドちゃん - 321  ・のらネコミック - 174
  

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2009/06/30(火) 12:51:46|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。