中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小泉今日子 浅野忠信 相米慎二 / 風花

釣り
ワケもなくフィッシング


毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの堂島孝平担当、ブロッケンです。

相米慎二監督の映画『風花』を観ました。

故郷に子供を置き去りにしてきたピンサロ嬢のレモン(小泉今日子)と、性格も酒グセも
最悪のエリート官僚の廉司(浅野忠信)。 自分の居場所を失った二人が出会い、成り
行きまかせでレモンのふるさと・北海道を旅する、せつない大人のロード・ムービーです。

1980年の『翔んだカップル』で映画監督としてのキャリアをスタートさせた相米慎二
が、2001年に他界するまでに世に送り出した作品の数は全部で13作。そしてこの『風花
は、その内の13作目、つまり遺作にあたる作品です。

風花”とは、冬から春へと向かう晴れた日に、まだ雪の残る山肌を撫でて飛んでくる細雪
(ささめゆき)の事なんだとか。 それと同時に『風に舞う花びら』といった、字面通りのイメー
ジも喚起させる、イイ言葉ですよね。 事実この物語も、桜舞い散る夜明けの公園からスタ
ートして、最終的に北海道の雪原に辿り着くワケで、“花”と“雪”のイメージを併せ持つ“
”という言葉は、まさに本作にピッタリなんじゃないかな、と。

酒にまつわるスキャンダルのせいで失脚したエリート官僚・廉司を演じるのは浅野忠信。な
んでも浅野忠信氏は、実生活では滅多にお酒を飲まないらしいのですが、そんな事など微
塵も感じさせないほど見事な(?)ヨッパライぶりを披露しておりました。役者だなぁ。  で、こ
の廉司ってのがまた心底ダメダメな男でして、上述した通り性格も酒グセも最低最悪、おま
けにインポテンツだってんだからもう大変。そんな彼の愚息を元気づけるべく、麻生久美子
浅野忠信の目の前で自慰に耽るシーンがあるんですけど、ここはマジでコーフンしました
ね(*゚∀゚)=3ハァハァ  …結局、浅野氏のアレは勃ちませんでしたが、おかげさまで僕の愚息
はビンビン。 やだもう(*´▽`*)

人生に疲れた風俗嬢・レモンを演じるのは小泉今日子。 キョンキョンって、その快活なパ
ブリック・イメージとは裏腹に、どこか闇や疲弊感をひきずった役柄に抜擢される事が多い
ですよね。『トウキョウソナタ』もそうでしたし、『グーグーだって猫である』も、さりげなく“死”
について考えさせられる内容でした。

そんな二人が、ピンク色のレンタカーで北海道をあてどもなく旅するワケですが、雄大で解
放感に満ちた北の大地!的な浮き足立ったムードは皆無で、むしろ地方都市特有の閉塞
感や寂寥感の方がより際立っていました。 このドン詰まり感が、主役二人の寄る辺ない心
模様と絶妙にリンクしていたと思います。

相米慎二氏といえば、役者を極限まで追い込む演出方法や“ワンシーンワンカットの長廻
”といった数々の“伝説”とワンセットで語られる事の多い監督ですが、この“風花”は、そ
ういった大仰さとは一線を画したシンプルな味わいに仕上がっております。ただし、レモンが
雪山で自殺を図る直前に、やおらダンスを踊り始める場面の唐突さなどは、いかにも相米監
督らしい演出ですよね。 ここでいう“相米監督らしさ”とは、理屈やリアリティを飛び越えて直
接感情に訴えかけてくる演出―という意味で、その最たる例が『台風クラブ』における“オカリ
ナ”のシーンではないでしょうか。  

キョンキョンが雪原で舞い踊るシーンで使われる、印象的な音楽を担当したのが大友良英
氏。なんでもこの曲、笙(しょう)とベトナムの一弦琴に電気的な処理を施して完成させたもの
なんだとか。 ちなみに大友良英氏は、魚喃キリコ原作の映画『blue』の音楽も担当してお
り、そちらの方も実に素晴らしい内容でした。

それから、スタッフロールにちょこっとだけ登場するカエルの声が 実は笑福亭鶴瓶だったの
も、無闇に豪華で笑えました。 このカエルは、レモンが娘の元へ帰ってきたという意味の“帰
る”とかけた、相米監督なりのシャレだったのかな。  どうなんだろ?


続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2010/06/02(水) 18:55:01|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:2

浅野忠信 佐津川愛美 北村一輝 / 鈍獣

軍団
ワケもなく飲み会


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの別れさせ屋担当、ブロッケンです。

宮藤官九郎原作・脚本の映画『鈍獣』を観ました。

失踪した人気作家・凸川隆二(浅野忠信)の消息を辿るべく、彼の生まれ故郷・ときわ町に
やって来た雑誌編集者・静(真木よう子)。そこで彼女を待ち受けていたのは、ホストの江田
(北村一輝)と警官の岡本(ユースケ・サンタマリア)だった。連載している小説の中で、次
々と江田と岡本の過去の悪行を暴いていく凸川。 彼のペンにより、ある重大な秘密が漏れ
る事を恐れた二人は、とうとう凸川の殺害を決意する…というあらすじ。

うーん…どうなんでしょ? 『池袋ウエストゲートパーク』で初めてその存在を知って以来、
ほぼ全てのクドカン作品を網羅してきた、比較的熱心なクドカン・シンパを自称する僕では
ありますが、この『鈍獣』に関して言えば、手放しで絶賛出来ないってのが正直な感想です。

もちろん、クドカン特有のアッパーなギャグ・センスは今作においても遺憾なく発揮されてお
りましたし、豪華キャスト陣によるブッ飛んだ怪演の数々も文句ナシに面白い。北村一輝
じる都落ちした場末のホスト・江田っちなんて最高でしたね。ベッドの上で“殺す”と“ポロす”
の違いを南野陽子に説明するトコロなんか大爆笑でした。

佐津川愛美演じるブリッ子(死語?)ホステス・ノラも反則級の愛くるしさ。『ラブ★コン』風に
言うなれば、キュン死に寸前ってトコですか。でも、個人的には『腑抜けども、悲しみの愛
を見せろ
』における、おどおどした感じの佐津川愛美の方が断然ツボなんスけどね。 フフ。

そして今作の主役であり、ケタ外れの鈍感力の持ち主・凸川隆二を演じるのは浅野忠信
“自然体”や“朴訥”といった枕詞で語られる事の多い浅野忠信ですが、これほどまでに
(イイ意味で)不自然な彼の姿を観るのは初めて。『東京ゾンビ』もイイ線いってましたけど、
今作はさらに輪をかけてハジけちゃってます。 ノラと一緒にスーパーで買い物してる時に
垣間見せたハイテンションなバカ顔は、あるイミ新境地なんじゃないでしょうか。

しかし、異様に力の入った枝葉(ギャグ)の部分に比べ、肝心のストーリーがどうにも貧困と
いうか、あと一つ練られていない様に感じたんですよね。 どうして凸川は江田と岡本の過去
をネタにして小説を書き続けたのか?どんな手段を使って殺害しても、生き返って来るのは
何故か? そもそも凸川は、いつ小説を書いているのか? これらの疑問に対する明確な答
えが、とうとう最後まで出されずじまいだったのにはガッカリでした。 後に残されたのは、誰
が犯人なのかが書かれていない推理小説を読んだみたいな残尿感と徒労感のみ。 こうな
ると、面白かった筈のギャグの部分すら、何やら空虚に思えて来るんだから、不思議なモン
ですね。 “終わり良ければ全て良し”ならぬ、“終わり良くないから全て微妙”ってカンジ。

そもそもクドカンのユーモア・センス自体、入り組んだストーリーと相性が良いとは言い難い
ので、ある程度投げっぱなし、やりっぱなしの部分が残るであろう事は予測していたのです
が、ここまで中途半端だと、さすがにちょっとツライなぁ。

最後に余談ですが、 今作が劇場公開してた当時、オニツカタイガーのショップ内にこの
鈍獣』のポスターが大々的に貼られていたのが微妙に謎だったんですけど、劇中で浅野
忠信
が履いてるスニーカーがオニツカタイガーだったからなんですね。 うーん、謎が解
けてスッキリ。  …どうせなら本編でもスッキリしたかったですけどね、ええ(゚ω゚)

続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/03/09(火) 19:55:26|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:13
  4. | コメント:0

哀川翔 浅野忠信 / 東京ゾンビ

鉄砲
ワケもなく鉄砲

どうも。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのレモン牛乳担当、ブロッケンでございます。

花くまゆうさく原作の映画『東京ゾンビ』を観ました。 東京ゾンビ! このタイトルを耳にした
だけで、ザ・ブルーハーツ・ファンの血がたぎって来るってなモンです。 この同名曲が収録
されているアルバム『HIGH KICKS』はマジ名盤! 死ぬ程聴き倒しましたよ、ええ。

舞台はちょっとだけ未来の東京。 ハゲのミツオ(哀川 翔)と、アフロのフジオ(浅野忠信)は、
消火器工場で働くかたわら、日々柔術の特訓に励んでいた。 一方その頃、“黒富士”と
呼ばれる産業廃棄物の山に埋められた死体がゾンビとなってよみがえり、人々を襲うという
事件が頻発するようになっていた…というあらすじ。

なんといってもこの映画の魅力(?)は、ツルッパゲ頭の哀川 翔兄ィのヴィジュアル・ショック、
これに尽きると思います。 ハゲヅラかぶってるってだけでも十分に眼福に値するってのに、
しまいにはゾンビ化しますからね、翔兄ィ。 もう最高です。 よっくぞ引き受けてくれました。

強烈すぎる主役2名の視覚イメージのせいで、最初からB級である事を宿命づけられている
感のあるこの映画。 なるほど確かにこの映画は、名作の資格など一切有しておりません。
 
しかし!ハナっから名作である事を放棄して、せいぜいメチャクチャやってやるわい!と、腹を
くくったB級映画だけが放つ事の出来るパンキッシュな輝きが、この映画にはあります。
 
ケラリーノ・サンドロヴィッチタランティーノの諸作品にも通底する、粗雑でアッパーな
このセンスは、観る人によって大きく賛否の分かれるトコロでしょうが、少なくともボクは、
“極限までビルド・アップした文化祭の出しもの”みたいなこの映画が、大好きです。 

あ、ちなみにこの映画、谷村美月ちゃんもチョイ役で出演しています。 なんか、ゾンビに襲われて
ゴミ捨て場に突っ伏しているトコロを、通りがかりのジジイに発見され、どさくさに紛れてスカートを
覗かれるってだけの、しょうもない役なんスけど。 そういえば彼女、『リアル鬼ごっこ』の時も、
柄本 明演じるエロ医者にセクハラされてましたっけね。  実にけしからん話です。 

…まァ、実際に谷村美月がゴミ捨て場に倒れてたら、きっとボクもフツーに覗いちゃうと思います、
スカート。 で、キッチリ覗いてから110番通報します。  最低だけど律儀でしょ(´∀`) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/09/26(土) 13:55:31|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。