中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

多部未華子 濱田岳 森山未來 / フィッシュストーリー

ufo.jpg
ワケもなく未確認飛行物体


毎度です。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの関根麻里担当、ブロッケンです。

伊坂幸太郎原作の映画『フィッシュストーリー』を観ました。 メッチャクチャ面白かった。
 
1975年、セックス・ピストルズよりも一年早くリリースされたパンク・ソング『フィッシュストー
リー
』が2012年に世界を救うという、何とも荒唐無稽なストーリー。 『アヒルと鴨~』の時も
しみじみ感じましたけど、この伊坂幸太郎という人の頭の中は一体どうなっているのでしょう?
どうしてこんな天才的なストーリー展開が思いつくのか、皆目見当もつきません。それにしても、
『一枚のレコードが世界を救う』って。字面だけ追ったらこれほど陳腐なコピーもなかなか無い
んじゃないかな、と。 今作には他にも『正義の味方』、『世界の終わり』、『呪いのレコード』と
いった陳腐極まりないキーワードが頻繁に登場します。

正義の味方なんてこの世にゃ居ないし、世界の終わりなんか来ない。呪いのレコードの噂
だってどうせ誰かのデッチ上げ…そんな風に鼻で笑い飛ばしてハイおしまいって感じの、
いわば使い古されたモチーフを、まるでパッチワークのように繋ぎ合わせて、独創的な物語に
仕上げるその手腕はただただ圧巻の一言。しかもその物語が観念的にも虚無的にもならずに、
ポジティヴな余韻だけを残すという点が素晴らしい。 

この神懸かり的なストーリーに、出演キャストも素晴らしい演技で応えています。 濱田 岳
伊藤淳史多部未華子森山未來大森南朋波岡一喜といった、華はないけど(失礼)
実力派のキャストがズラリ勢揃いといった趣ですね。
『アヒルと鴨~』に引き続き伊坂作品に再度登場の濱田 岳、相変わらず力みのない自然な
演技でグーでした。それに『正義の味方』役の森山未來もジャッキー・チェンばりのアクション
で魅せてくれます。これがまたカッコいいんだ。今まで森山未來がカッコ良く見えた事なんて
一度もないのに。 それと、宇宙服に身を包んだ多部未華子ちゃんがヨタヨタと歩くシーンが
相当ツボでしたね。『どうしよっかなぁ』みたいな、何とも言えない微妙な表情で歩くんですけど、
その表情がたまらなくキュートなんです。

とにかく、目からウロコがバリバリ剥がれ落ちる事間違いナシ、問答無用でオススメの一本です。 
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/11/20(金) 19:13:57|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:0

瑛太 濱田岳 関めぐみ / アヒルと鴨のコインロッカー

ストロング金剛
ワケもなくキラーカーン


どうも。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの赤い羽根募金担当、ブロッケンです。

伊坂幸太郎原作『アヒルと鴨のコインロッカー』を観ました。 
以前からずっと『妙ちきりんなタイトルだなァ』と、気になってはいたのですが、これが
非常に面白かった。 チキショウ、もっと早く観とけば良かったッス。

ボブ・ディラン』、『ブータン』、『HIV』、『動物虐待』、そして『アヒルと鴨』。
てんでばらばらなこれらのキーワードが、やがてひとつの物語に収瞼していくシナリオは
ただただ素晴らしいの一言。 一体どうやったらこんなストーリーが思いつくんでしょう?

上に挙げたキーワードの中でも、とりわけ『ボブ・ディラン』、そして彼の曲『風に吹かれて』が、
非常に重要な役割を果たします。 ディランの曲が日本映画の主題歌として使用されるのは
みうらじゅん原作/田口トモロヲ監督による『アイデン&ティティ』に続き、二回目ですね。

アイデン&ティティ』と、この『アヒルと鴨のコインロッカー』のいずれの作品においても、
ディランは『神様』として登場するというのは、なんとも奇妙な、けれど納得のいく偶然です。
なんてったって、あのビートルズ、とりわけジョン・レノンにすら多大な影響を与えちゃうヒト
ですからね。 僕的にはロックの神様っつうよりも、ゴッド・ファーザーっつうイメージですが。

主演は濱田 岳瑛太、そして関めぐみ濱田 岳の演技って、『プロポーズ大作戦』の頃から
思ってたんですけど、すっごい自然ですよね。 演じてる感が全然無くって。 
それに対して瑛太の演技は、何だかぎこちなくて、朴訥すぎるよなァなんて思いながら
観ていたんですけど、実はそれすらも物語の伏線だったんですね。 いやはや、ハット・オフ。

とにかく、こんなに良く出来た映画、なかなか無いと思います。  超オススメって事で。

◆◆オーラル学園 更新情報◆◆
・アワビさん - 248 ・アシッドちゃん - 334 ・のらネコミック - 182

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/08/01(土) 11:42:01|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:24
  4. | コメント:0

水嶋ヒロ 黒川智花 谷村美月 / 彼女との正しい遊び方

梶芽衣子
ワケもなく梶芽衣子

毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの猟奇犯罪担当、ブロッケンです。

水嶋ヒロ黒川智花主演のドラマ『彼女との正しい遊び方』を観ました。

幼なじみである藤木恭史(水嶋ヒロ)と日村優奈(黒川智花)は、小学生の時に
とあるゲームを思いつきます。そのゲームの内容とは―

① 優奈が『姫』になり、恭史が彼女の『家来』になる。
② 学校では単なる同級生のフリをして過ごす。
③ 誰かにバレたらゲームオーバー。
④ 姫の命令は、絶対。

この秘密のゲームは誰にも知られることなく続き、いつしか2人は高校3年生に。
進学・受験の問題に加えて、2人の関係を怪しむクラスメイトも現れ、秘密のゲームにも
少しづつ翳りが見え始めて来る…といったストーリーです。

美少年を支配し、かしづかせて振り回したいという『プリンセス願望』の矛先って、
すぐ水嶋ヒロに向けられちゃうんですね…。 何かっていったら『執事』とか『家来』に
されちゃって、かわいそうなヒロ君。 でも、そういうオーラが出てんだよなァ、水嶋ヒロ

対する『姫』役が黒川智花というのも、実に見事なキャスティング。 学校では成績優秀で
スポーツ万能、おまけに容姿端麗と、クラスのアイドル的存在なんだけど、水嶋ヒロ
前でだけは、傲慢な『姫』になる―このコミカルな二面性を、実に見事に演じ分けています。
でもこれって、『姫』が黒川智花だからこそ奇跡的に成立してるゲームですよねぇ。 
もし仮に、『姫』役がブッサイクな女とかだったりしたら、速攻で下克上っしょ。 秒殺っしょ。

主役の2人の他にも、恭史に密かな思いを寄せる内気なゲイボーイ役に濱田 岳
アッタマ悪そうなギャルに変貌を遂げていたかつての恭史の同級生役に谷村美月
出演していたりと、脇を固めるキャストも地味に豪華。 美月ちゃんなんかチョイ役すぎて
笑っちゃうほどですけど。 でも、カワイイんだよなァ。 好きだなァ、ボク。

…えー、このドラマ、尺がおよそ50分とコンパクトながらも、非常に良くまとまった佳作だと
思います。さすが、テレビ朝日新人シナリオ大賞に選ばれた作品ですね。 
脚本のコンセプト自体が明瞭で、すごく魅力的なので、映画か連ドラ、いずれかにリメイク
したとしても、きっと面白い作品になるんじゃないでしょうか。ってゆうか、連ドラになったら、
もんのすごい当たる気がするんだけどなぁ。 やってくんねぇかなあ、テレ朝。

でも一点だけ、あえて苦言を呈するとすれば、『彼女との正しい遊び方』ってタイトル。
これがどうにもキャッチーじゃない。 なんかもっとグッと来るタイトルがあるんじゃないかな、と。

◆◆オーラル学園 漫画紹介◆◆
・テイルズ オブ デストロイ
 

テーマ:谷村美月 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2009/07/13(月) 01:30:40|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。