中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

市原隼人 井上真央 / チェケラッチョ!!

鳩山由紀夫
ワケもなく鳩山由紀夫&幸


毎度です。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの八ッ場ダム担当、ブロッケンです。

市原隼人井上真央主演の映画『チェケラッチョ!!』を観ました。

舞台は常夏の島・沖縄。 ナンパ目的で観に行った『ワーカホリック』というバンドの
ライヴに触発された透(市原隼人)、哲雄(平岡祐太)、暁(柄本 佑)の3人は、自分達も
バンドをやろう!と一念発起。 そしてトントン拍子で決まった『ワーカホリック』の前座。
しかし、ライヴ当日まで残された期間はあとわずか…。 果たして透たちは、ライヴを
成功させる事が出来るのか!?―というあらすじ。

うーん。 どうなんでしょ。 キャストも旬だし、このテの打ち込み系青春映画もすごく
好きなジャンルなのに…どうにもこうにもウソっぽいというか。 ま、映画ってそもそも
ウソの集積なんだから、それをいっちゃあオシマイよ!って感じなんですけどね。

この、そこはかとなく漂う“ウソ臭さ”の原因の一つとして挙げられるのが、市原隼人
はじめとする主要キャストが話す沖縄弁。 コレが明らかに“練習しました”って感じで、
ちっともネイティヴっぽくない、と。 他にも、劇中歌のほとんどをオレンジレンジが担当
してたり、ガレッジセールをチョイ役に起用したりするなどして、必死に『沖縄らしさ』を
強調しようとしてるんですけど…アレ?そもそもこの映画の舞台が沖縄である必然性って、
実はそんなにないのでは…?という事実に途中から気付いちゃってションボリ(゚ω゚)

また、玉山鉄二率いるバンド『ワーカホリック』の音楽スタイルというのが、ラウドなバンド・
サウンドに乗せてライムを繰り出す、いわゆる『ミクスチャー・ロック』と呼ばれるジャンル
なんですけど、これがまるで、ラッパ我リヤとコラボしてた頃のドラゴンアッシュのパチモン
みたいなサウンド。『あれ?この映画って、実は結構昔の映画だったかしら?』と、慌てて
調べてみたら公開は2006年。 意外と最近じゃん!っていうね。 ここらへんのセンスも
絶妙にウソっぽいというか、血が通ってないというか。 トホホ。

他にも、玉山鉄二の元カノ・渚(伊藤 歩)の声が何故か終始ガラガラだったり、市原隼人
達の組んだバンドの名前が『098』(=沖縄の市外局番。 ダサッ!)だったり、元・横綱の
KONISHIKIが、唐突にラップを披露したりするなど、萎えるポイントは多々ありますが、
何が一番ガッカリだったかって、劇中に登場する他のどのラッパーよりも、KONISHIKI
ラップの方が流暢でイケてたっつう事ですわな。 ダメでしょ、KONISHIKIに喰われちゃ。


スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/09/26(土) 11:19:34|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山田孝之 玉山鉄二 沢尻エリカ / 手紙

にゃんこ5
ワケもなく仔猫

こんにちは。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシー鈴木来海担当、ブロッケンです。

東野圭吾原作の映画『手紙』を観ました。

兄・剛志(玉山鉄二)は、弟・直貴(山田孝之)を大学に通わせる為に、資産家の家へ
空き巣に入り、その際にあやまって殺人を犯してしまう。 単調な刑務所の生活の中にあって、
直貴との『手紙』のやりとりだけが、剛志の心の拠り所となっていく。
かたや塀の外では『人殺しの弟』という偏見と差別の眼差しが直貴に容赦なく注がれ、
夢や仕事、そして愛する人を次々と失っていく。  その理不尽な苦しみから、次第に
兄との『手紙』のやりとりも少なくなっていく…というあらすじ。

『親の因果が子に報い』ということわざがありますが、この物語の場合は『兄の因果が
弟に報い』て、ありとあらゆる局面で暗い影を落とし続けます。
しかも、玉山鉄二は自分の為に罪を犯したワケで、単純に憎んで済む問題ではない、と。
弟・直貴役の山田孝之は『白夜行』に続き、二度目の東野圭吾作品への出演。
こういう、モヤモヤと割り切れない感情を抱えた役が、本当に良く合います。 そういえば、
ドラマ『恋がしたい 恋がしたい 恋がしたい』でも、イイ感じにモヤモヤしてましたっけ。

その山田孝之に、想いを寄せる女・由美子役に沢尻エリカ。 
世間ではすっかり『エリカ様』のイメージが定着してしまった感のある彼女ですが、
この映画を観ても分かる通り、実は非常にしっかりとした演技力の持ち主なんですよね。
微笑むと口元からチラリとのぞく八重歯がなんともキュートでございます。

映画自体も、ズッシリと見応えのある素晴らしい作品だったと思います。
しかし、作品自体が十分に感動的なので、ラストで、追い討ちをかけるように
流れてくる小田和正の『言葉にできない』は、やや蛇足というか演出過多に思えました。
  
…いや、フツーに泣いた事は泣いたんスけどね。

◆◆オーラル学園 更新情報◆◆
・アワビさん - 247  ・のらネコミック - 178

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/07/18(土) 12:04:37|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。