中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

成海璃子 永山絢斗 / 罪とか罰とか

にゃんこ6
ワケもなく仔猫


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの武者修行担当、ブロッケンです。

ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督の映画『罪とか罰とか』を観ました。 いい加減なタイトル
タイトルですよねぇ、『罪とか罰とか』って。 でも、肝心の内容はその100倍いい加減(´∀`)

売れないグラビアアイドル・円城寺アヤメ(成海璃子)は、自分の載っている雑誌を万引き
して、捕まってしまう。 その罪を帳消しにする代わりに警察署の一日署長をやらされる事
になってしまったアヤメ。 そこで彼女は元カレである春樹(永山絢斗)に再会する。 
しかし、春樹には誰にも言えない恐ろしい秘密があって…ってなカンジのストーリー。

観終わってから知ったんですけど、春樹役の永山絢斗って瑛太の弟なんですってね。
言われてみればドコとなく面影があるような…ないような。 ま、どうでもイイんスけど。

佐藤江梨子市川由衣麻生久美子といった、余裕で主演を張れちゃうクラスの女優陣を
贅沢にチョイ役使いしているのが、この映画の大きな魅力(?)のひとつです。

特に麻生久美子のトランスっぷりは必見。 今まで積み重ねてきた華々しいキャリアを
一切省みないその姿勢に、ある種のパンク・スピリットを感じました。

主演の成海璃子は、この映画でコメディ初挑戦だそうですが、 初体験でケラリーノ作品って、
酷すぎるんじゃ?と、ちょっと心配だったんですけど、実に堂々としたコメディエンヌぶりを披露
しておりました。 個人的にはもっとブッ壊れてても良かったかな、とは思いますけど。
ま、その分他のキャラが余計に壊れちゃってるから、ちょうどいいバランスなのかも。

全編通して、これでもかとばかりにちりばめられたダークかつナンセンスなギャグの印象が
勝ってしまいがちな今作。 だけど、意外とストーリーの方も緻密に練られているんです。 

何の意味もなく、ぞんざいに配置されている様に見えた各キャラクターが、物語が進むにつれて
少しづつ絡み合い、ひとつの大きな流れに収束していくさまは、実に見事。 しかし、そんな中で
ただひとり、麻生久美子だけは一切本編に無関係で、ひたすらナンセンスのみを体現している
のが素晴らしい。 あるイミ、この映画で一番オイシイ役どころと言えましょう。


カッチリしてる様に見せかけといて、実はいい加減な作りの映画って、意外と多いです。

そんな中にあって、この『罪とか罰とか』のように、一見いい加減なのにスジは通ってて、
その上観客もキッチリ楽しませてくれる映画って、すごく貴重だと思うし、こういう作り手が
コンスタントに作品を発表出来ている事自体に、とても勇気づけられる思いです。 

ケラさん! これからもメチャクチャな映画を、心のままに作り続けていって下さい!
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/09/20(日) 11:37:04|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

瑛太 濱田岳 関めぐみ / アヒルと鴨のコインロッカー

ストロング金剛
ワケもなくキラーカーン


どうも。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの赤い羽根募金担当、ブロッケンです。

伊坂幸太郎原作『アヒルと鴨のコインロッカー』を観ました。 
以前からずっと『妙ちきりんなタイトルだなァ』と、気になってはいたのですが、これが
非常に面白かった。 チキショウ、もっと早く観とけば良かったッス。

ボブ・ディラン』、『ブータン』、『HIV』、『動物虐待』、そして『アヒルと鴨』。
てんでばらばらなこれらのキーワードが、やがてひとつの物語に収瞼していくシナリオは
ただただ素晴らしいの一言。 一体どうやったらこんなストーリーが思いつくんでしょう?

上に挙げたキーワードの中でも、とりわけ『ボブ・ディラン』、そして彼の曲『風に吹かれて』が、
非常に重要な役割を果たします。 ディランの曲が日本映画の主題歌として使用されるのは
みうらじゅん原作/田口トモロヲ監督による『アイデン&ティティ』に続き、二回目ですね。

アイデン&ティティ』と、この『アヒルと鴨のコインロッカー』のいずれの作品においても、
ディランは『神様』として登場するというのは、なんとも奇妙な、けれど納得のいく偶然です。
なんてったって、あのビートルズ、とりわけジョン・レノンにすら多大な影響を与えちゃうヒト
ですからね。 僕的にはロックの神様っつうよりも、ゴッド・ファーザーっつうイメージですが。

主演は濱田 岳瑛太、そして関めぐみ濱田 岳の演技って、『プロポーズ大作戦』の頃から
思ってたんですけど、すっごい自然ですよね。 演じてる感が全然無くって。 
それに対して瑛太の演技は、何だかぎこちなくて、朴訥すぎるよなァなんて思いながら
観ていたんですけど、実はそれすらも物語の伏線だったんですね。 いやはや、ハット・オフ。

とにかく、こんなに良く出来た映画、なかなか無いと思います。  超オススメって事で。

◆◆オーラル学園 更新情報◆◆
・アワビさん - 248 ・アシッドちゃん - 334 ・のらネコミック - 182

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/08/01(土) 11:42:01|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:24
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。