中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

奥菜恵 犬山イヌコ 池谷のぶえ / おいしい殺し方

尺八おじさん
ワケもなく尺八

毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの谷桃子担当、ブロッケンです。

ケラリーノ・サンドロヴィッチ脚本・監督の映画『おいしい殺し方』を観ました。

テレビでおなじみのイケメン料理研究家・東大寺ハルキが謎の投身自殺を遂げた。ハル
キが経営する料理学校の生徒で、殺人的に料理が下手な教師・消崎ユカ(奥菜恵)は、
彼の死に疑問を抱き、同じく料理が下手な主婦・白石カナエ(犬山イヌコ)とその友人の山
内清美(池谷のぶえ)等と共に東大寺ハルキの死の真相に迫る…というあらすじ。

いわゆる“サスペンスもの”と呼ばれるジャンルにおいて何が最も重要視されるかと言えば、
取りも直さず“誰が犯人であるか?”そして“犯行に如何なるトリックを用いたか?”であると
いう事に異論を挟む余地などありませんが、本作はそんな当然のシステムに真っ向から異
論を挟みまくる、型破りな内容。

世にサスペンス映画は星の数ほどあれど、この『おいしい殺し方』ほど誰が犯人で、どんな
トリックを用いたのかという事実が物語の隅っこへと追いやられている作品を、私は他に知
りません。 つまるところ本作は“サスペンス映画の皮をかぶったシュールなコメディ映画”
であり、強烈な個性を持つキャラクター同士のかけあいの妙や、ツッコミどころ満載の設定
こそが本作のキモなんですね。

物語の本質よりも周辺、つまり“蛇足”や“余談”の部分を積極的にクローズ・アップして、そ
こから生まれるニッチな笑いを積み重ねて作品の流れを形成していくというスタイルの監督
ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督の他にも、三木聡(転々)や吉田恵輔(机のなかみ)、
そして佐藤佐吉(平凡ポンチ)などが挙げられるかと思いますが、彼等が手がけた諸作品、
またケラさんの歴代の監督作と比較しても、この『おいしい殺し方』の(笑えるか否かという意
味での)面白さは群を抜いていると思います。 

殺人的に料理が下手で自惚れ屋の女教師・消崎ユカを演じるのは奥菜恵。 デビュー当初
は正統派美少女アイドルとして、広末涼子と人気を二分していた奥菜恵ですが、今やすっか
りすっかり個性派女優のくくりで語られる機会が増えてきました。 そんな彼女の確かな演技
力を、ケラ監督がキッチリとおかしな方向へ導く事により、新たなる魅力が一気に開花、堂々
たるコメディエンヌぶりを披露しております。 ケラリーノ監督作品には欠かせない名脇役・
山イヌコ
との呼吸もピッタリで、まるで長きにわたって上演されて来た芝居でも観ているかの
ような安定感すら漂っておりますが、実はこの作品の撮影日程は極めてタイトだったってん
だから驚き。 時間をかけなくたってイイ作品は出来るという好例ですね。

そして特筆すべきは、空気の読めない主婦・山内清美を演じる池谷のぶえの怪演! これこ
そが、本作の成功に大きく貢献していると言っても決して過言では無いと思います。 一人息
子を事故だか病気だかで亡くし、その代わりとして飼い始めたおしゃべりオウムとのズレた会
話、そして顔面白塗りで踊り狂う前衛劇の辺りはマジでヤバい。  殺されるんじゃないかって
位に大爆笑しましたね。  恐るべし、池谷のぶえ

他にも、奥菜恵の後ろの席に座っている料理学校の生徒が、実は“恋のから騒ぎ”に出演し
ていたキャイ~ンの天野君似の彼女(府中文江)だったり、待ち合わせの目印として奥菜
が手に持っているモグラのぬいぐるみが、チェコの国民的アニメ『クルテク』のモグラだっ
たりといった小ネタも超満載。 しかし、個人的にはサザンのCD(海のYeah!)を床に叩きつ
けて粉々にする辺りに、単なる小ネタでは片付けられない反骨精神みたいなものを感じ取っ
てしまったんですよね。 サザン=定番・王道の象徴なワケで、それを粉々にするという行為、
これすなわち“メジャーに対する宣戦布告”なんじゃないかなぁ、なんて。…考え過ぎ? いや
いや、ケラさんと言えば80年代サブカルチャーの梁山泊・ナゴムレコードの総帥ですぞ。骨
の髄までアンチ・メジャーが染み込んだリアル・パンクな御仁ですから、きっとサザンのCDを
破壊したのにも、何かメッセージが隠されてると思うんだぁ。 …でも僕、サザンも大好きなん
ですけどね。  うーん、困った(*´▽`*)  

続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/03/27(土) 14:33:02|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0

浅野忠信 佐津川愛美 北村一輝 / 鈍獣

軍団
ワケもなく飲み会


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの別れさせ屋担当、ブロッケンです。

宮藤官九郎原作・脚本の映画『鈍獣』を観ました。

失踪した人気作家・凸川隆二(浅野忠信)の消息を辿るべく、彼の生まれ故郷・ときわ町に
やって来た雑誌編集者・静(真木よう子)。そこで彼女を待ち受けていたのは、ホストの江田
(北村一輝)と警官の岡本(ユースケ・サンタマリア)だった。連載している小説の中で、次
々と江田と岡本の過去の悪行を暴いていく凸川。 彼のペンにより、ある重大な秘密が漏れ
る事を恐れた二人は、とうとう凸川の殺害を決意する…というあらすじ。

うーん…どうなんでしょ? 『池袋ウエストゲートパーク』で初めてその存在を知って以来、
ほぼ全てのクドカン作品を網羅してきた、比較的熱心なクドカン・シンパを自称する僕では
ありますが、この『鈍獣』に関して言えば、手放しで絶賛出来ないってのが正直な感想です。

もちろん、クドカン特有のアッパーなギャグ・センスは今作においても遺憾なく発揮されてお
りましたし、豪華キャスト陣によるブッ飛んだ怪演の数々も文句ナシに面白い。北村一輝
じる都落ちした場末のホスト・江田っちなんて最高でしたね。ベッドの上で“殺す”と“ポロす”
の違いを南野陽子に説明するトコロなんか大爆笑でした。

佐津川愛美演じるブリッ子(死語?)ホステス・ノラも反則級の愛くるしさ。『ラブ★コン』風に
言うなれば、キュン死に寸前ってトコですか。でも、個人的には『腑抜けども、悲しみの愛
を見せろ
』における、おどおどした感じの佐津川愛美の方が断然ツボなんスけどね。 フフ。

そして今作の主役であり、ケタ外れの鈍感力の持ち主・凸川隆二を演じるのは浅野忠信
“自然体”や“朴訥”といった枕詞で語られる事の多い浅野忠信ですが、これほどまでに
(イイ意味で)不自然な彼の姿を観るのは初めて。『東京ゾンビ』もイイ線いってましたけど、
今作はさらに輪をかけてハジけちゃってます。 ノラと一緒にスーパーで買い物してる時に
垣間見せたハイテンションなバカ顔は、あるイミ新境地なんじゃないでしょうか。

しかし、異様に力の入った枝葉(ギャグ)の部分に比べ、肝心のストーリーがどうにも貧困と
いうか、あと一つ練られていない様に感じたんですよね。 どうして凸川は江田と岡本の過去
をネタにして小説を書き続けたのか?どんな手段を使って殺害しても、生き返って来るのは
何故か? そもそも凸川は、いつ小説を書いているのか? これらの疑問に対する明確な答
えが、とうとう最後まで出されずじまいだったのにはガッカリでした。 後に残されたのは、誰
が犯人なのかが書かれていない推理小説を読んだみたいな残尿感と徒労感のみ。 こうな
ると、面白かった筈のギャグの部分すら、何やら空虚に思えて来るんだから、不思議なモン
ですね。 “終わり良ければ全て良し”ならぬ、“終わり良くないから全て微妙”ってカンジ。

そもそもクドカンのユーモア・センス自体、入り組んだストーリーと相性が良いとは言い難い
ので、ある程度投げっぱなし、やりっぱなしの部分が残るであろう事は予測していたのです
が、ここまで中途半端だと、さすがにちょっとツライなぁ。

最後に余談ですが、 今作が劇場公開してた当時、オニツカタイガーのショップ内にこの
鈍獣』のポスターが大々的に貼られていたのが微妙に謎だったんですけど、劇中で浅野
忠信
が履いてるスニーカーがオニツカタイガーだったからなんですね。 うーん、謎が解
けてスッキリ。  …どうせなら本編でもスッキリしたかったですけどね、ええ(゚ω゚)

続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/03/09(火) 19:55:26|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:13
  4. | コメント:0

オダギリジョー 香川照之 / ゆれる

パーマン
ワケもなくパチモン


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの電動コケシ担当、ブロッケンです。

西川美和監督・脚本による映画『ゆれる』を観ました。 素晴らしかった。

東京でカメラマンとして活躍する早川猛(オダギリジョー)が、母親の法事の為、久しぶりに
山梨の実家に帰省する。 その夜、猛は、兄・稔(香川照之)の経営するガソリンスタンドで働
いていた昔の恋人・智恵子(真木よう子)と再会、そのまま一夜を共にする。
あくる日、猛と智恵子と稔はドライブがてら渓谷へと向かう。 猛がひとり、写真を撮っている
時、智恵子がゆれる吊り橋から転落して死んでしまう。 その時、智恵子の隣りに居たのは
稔だけだった。 果たして、吊り橋の上で何が起こったのか…?というあらすじ。

この『ゆれる』というタイトル、『ゆれる吊り橋』にかかっているのはいうまでもなく、『裁判が
進むにつれて微妙にゆらいでいく、猛と稔の心模様』にもかかっているんですね。

退屈な田舎町を飛び出して、東京でカメラマンとして成功を収め、カネにも女にも何ら不自由
しない、『イケてる男』のサンプルの様な弟・オダギリジョーと、田舎のガソリンスタンドで働く、
誠実さだけが取り柄のような冴えない兄・香川照之のコントラストがあまりにもリアルで残酷。

智恵子の死後、稔が心の奥底に押し込めて、表に出さないようにしてきたルサンチマンが
一気に爆発するシーンがあるんですけど、稔のキモチ、分かるなァって感じです、ボク。

真面目にコツコツやってる人間が必ずしも報われないのが、世の悲しい常ですが、その不条
理から解き放たれて、束の間の夢や希望を垣間見せ、観客にカタルシスをもたらすのが、映
画の役割のひとつだと思います。  しかし、この『ゆれる』にはそういったカタルシスは皆無。

にもかかわらず、この作品が多くの観客に賛辞をもって迎え入れられたのは、人間の弱く儚い
絆のゆらぎが、誰にも身に覚えのある痛みとして、共感を喚起したからではないでしょうか。

…話がいささか観念的になってまいりましたので、ここら辺でやめときますが、この『ゆれる
は、予定調和のハッピーエンドに向かって収瞼していく娯楽映画では味わえない、ズッシリと
した感慨を得る事の出来る、数少ない傑作だと思います。  ぜひとも。


続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/09/05(土) 11:30:09|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。