中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

草剛 加瀬亮 黒川芽以 / 山のあなた ~徳市の恋~

しわざ
ワケもなく矢追純一


押忍。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのやくしまるえつこ担当、ブロッケンです。

石井克人監督の映画『山のあなた ~徳市の恋~』を観ました。

山あいの温泉場を舞台に、盲目の按摩師・徳市(草剛)の淡い恋心を描いた本
作は、清水宏監督が1938年に公開した映画『按摩と女』を、『鮫肌男と桃尻女
や『PARTY7』で知られる石井克人監督がリメイクしたもの。 『按摩と女』を観た
事がない為、オリジナルと比較して論じる事は出来ませんが、清涼感溢れる素晴
らしい作品だったと思います。 とは言え、石井克人監督の持ち味である、ブッ飛
んだギャグ・センスやモダンな映像感覚がたまらなく好き!という旧来のファンに
とっては、少々もの足りなさが残る内容であった事も事実。 ともあれ、前作『茶の
』を境に、石井監督の関心が“和テイスト”な方向へと傾きつつある事は確かで、
これは実に興味深い変化であると言えましょう。

まず何と言っても草剛演じる徳市のコミカルかつ飄々とした振る舞いに、思わ
ずニヤリとさせられます。 目あき(目が見える人間)の旅行者を後ろから追い抜
くのが密かな楽しみという徳市の姿からは、重いハンデを背負いながら生きると
いった悲壮さは微塵も感じられず、むしろその状況をどこか楽しんでいる様にす
ら見えて来るから不思議です。

徳市の相棒で、やはり盲目の按摩師である福市(加瀬亮)も、とぼけた味わいを
醸し出しておりました。 女学生(野村佑香ほか)に取り囲まれて、困ったように
身をよじる場面なんかは、非常に“加瀬亮らしい”一幕でしたね。 そう言えば映
画『69 sixty nine』で、妻夫木聡の口車に乗せられてバター犬(股間にバタ
ーを塗布して、犬に舐めさせる行為)の実験台になる場面も、非常に加瀬亮らし
かったなあ。 つうか“加瀬亮らしさ”って何なのよっつうハナシなんですけど、な
んとなくニュアンスで察知して下さいとだけ言っておきます。 フフフ。

徳市らが出入りしている温泉宿・鯨屋の女中役として、さりげなく黒川芽以が出
演してるんですけど、あまりに落ち着き払った雰囲気ゆえ、しばらくは黒川芽以
だと気づかなかったほどでした。 彼女も演じる役によって、ガラッと雰囲気の変
わる女優ですが、個人的には『問題のない私たち』で見せた様な、サドっ気全開
の女子高生みたいな役柄が、彼女に一番マッチしていると思います。 そんなサ
ドモード全開の黒川芽以が、加瀬亮をいじめにいじめ抜くみたいな映画がもし
仮にあったとしたら、もう絶対に大ヒット間違いナシだと思うんだけどなあ。 黒川
芽以
の執拗ないじめ攻勢に、苦悶とも恍惚ともつかぬ表情を浮かべる加瀬亮
その瞬間、画面全体から溢れ出す“加瀬亮らしさ”に、日本全国のいじわるなお
姉様方も大喜び!  …だから“加瀬亮らしさ”って何なんだよっていうね。 


続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/04/09(金) 17:34:22|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:9
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。