中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

市原隼人 谷村美月 / 神様のパズル

?
ワケもなく不審者

どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのペ・ドゥナ担当、ブロッケンです。

三池崇史監督の映画『神様のパズル』を観ました。

ロックをこよなく愛する寿司屋見習いの綿貫基一(市原隼人)は、急遽タイに留学して
しまった双子の弟・喜一に大学で代返をして欲しいと頼まれる。 しかし、担当教授の
鳩村(石田ゆり子)から、不登校の天才少女・穂瑞サラカ(谷村美月)をゼミに参加させ
て欲しいと頼まれた基一はしぶしぶサラカの家に行く事に。そこで、基一が不意に発し
た“宇宙をつくる事ができるのか?”という問いに興味を示したサラカ。果たして基
一とサラカは、本当に宇宙を作り出す事が出来るのだろうか…?というあらすじ。

この映画には『対称性のやぶれ』、『ひも理論』、『反物質』といった、宇宙創造にまつ
わる超難解な概念が沢山出てきますが、はっきし言ってボクにはちんぷんかんぷ
んでした。で、市原隼人演じる綿貫基一も我々と同じくちんぷんかんぷん状態。それ
に対し、天才少女・サラカ(谷村美月)や、黄川田将也石田ゆり子等ゼミの面々が分
かり易く説明してくれるので、ちんぷんかんぷんでも一安心。つうか今作のポイント
は宇宙科学の理論が云々って事よりも、人工授精により生まれ、父親の顔を知らずに
育ったサラカの閉ざされた心の闇が、徐々に狂気を帯びて行くという点にあるので、
ぶっちゃけ理論とかってのは、しっかりと理解できずとも、十分にこの映画を楽しむ
事が出来るんじゃないかな、と。

それはさておき、谷村美月演じるサラカの衣装なんですけど、これがまたそこはかと
なく無防備というかエロいというか。水色地のアディダスのジャージ上下という、体
育の授業みたいな装いなんですけど、ジャージ上の胸元のチャックは思いきりはだけ
ており、その下は胸の谷間が強調されたチューブトップ。エローい。で、ジャージ下
もホットパンツかっつう位にまくり上げていて、スラリとした美脚を惜しげもなく披
露しております。鼻血ブーですわ。その上自分の事を“ボク”とか呼んじゃうんだも
んなぁ。たまらんぜよ~って感じですわ。つうかこんな下世話なトコにばっか目がい
っちゃう俺ってどうなのって感じなんですけど、三池崇史監督も“意図的にエロく
撮った”みたいな事をどっかでおっしゃっていたので、すっかり三池監督の掌(てのひ
ら)の上で踊らされてるってワケですね、ボク(゚ω゚)

この『神様のパズル』、原作小説の方は未読なんですけど、読まずとも“ああ、ここ
は絶対に映画オリジナルなんだろうなァ”っていう場面が多々ありました。何てった
って、鬼才・三池崇史ですからね。あの『DEAD OR ALIVE』を撮ったお方
ですよ。そりゃもう何が起きてもヘンじゃない(確かミスチルでこんな曲があったよう
な)ってな具合に、心の準備は出来ていた…ハズなのに。いやぁ、やられた。谷村
美月
を救いに来た市原隼人が、背中にしょっていたギターをおもむろにかき鳴らし、
ベートーヴェンの『喜びの歌』をロック風に歌い始めた際、何故か都合よくその場に
マイクスタンドが設置してあったのにもビックリしましたが、問題はその後ですよぉ。
これはもう是非とも実際にその眼で確認して頂きたいので、あえてここでつまびらか
には致しませんが、ヒントは“寿司”とだけ言っておきましょう。 ボクはここで大爆
笑しましたが、多分、置いてかれる人続出なんじゃないかな、と。“なんでここで寿
司が出る?”って感じ。例えるならば、戦場に赴いて、支給された武器がビニール傘
だった時のような違和感。色んな意味でタマラナイですね。この脚本を手渡された時、
市原隼人谷村美月はどんな顔したんでしょう?そこら辺に想いを馳せるだけで、
激しく胸が高鳴ります。

この驚愕(?)のクライマックスと、谷村美月の、あどけなさと妖艶さが交差した肢体
が観れるというだけで、最早十分に価値のある今作。 決して名画などではありませ
んが、それがなんだってんだいってな気持ちにさせてくれる一本です。
スポンサーサイト

テーマ:谷村美月 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2010/01/09(土) 12:35:43|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:22
  4. | コメント:2

北乃きい 勝地涼 / 幸福な食卓

梅宮辰夫ダイナマイトロック
ワケもなくダイナマイトロック


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの梅宮辰夫担当、ブロッケンです。

北乃きい勝地涼主演の映画『幸福な食卓』を観ました。 

中原佐和子(北乃きい)は中学三年生。 母親(石田ゆり子)は家を出て暮らし、秀才の兄
(平岡祐太)は進学を諦めて農業を始めた。 そしてある朝の食卓で、父親(羽場祐一)が
父親をやめると宣言する。 徐々に薄らいでゆく家族の絆に悩み、戸惑う佐和子。 
新学期早々、佐和子のクラスに、転校生の大浦勉学(勝地涼)がやって来る。 屈託の
ない勉学に少しずつ惹かれていく佐和子。 そして2人はそろって同じ高校を受験する事を
決意する…というあらすじ。

この映画の主題歌が、Mr.Childrenの『くるみ』なんですけど、 しみじみイイ曲ですよね。
で、この曲の一節に『どこかで掛け違えてきて 気が付けば一つ余ったボタン 同じように
して誰かが持て余したボタンホールに 出会う事で意味が出来たならいい』というラインが
あるんですけど、これってそのままこの映画の主題とイコールなんじゃないかな、と。

父親の自殺未遂、そして母親の別居と、少しづつ掛け違っていく家族のボタン。 それに
伴い、佐和子の心のボタンも少しずつちぐはぐになって行き、1つ、2つとボタンホールを
持て余していきます。 そんな折、目の前に現れた勉学は、佐和子にとって自らの心の
空白を埋めてくれる『ボタン』だったのでしょう。

…そんなかけがえのない『ボタン』も、ある日、何の前ぶれもなくこの世から永久に失われて
しまいます。 超不条理。 『くるみ』の歌詞になぞらえて言うなれば、『希望の数だけ失望は
増える』状態ですか。 仮にボクが劇中の北乃きいと同じメに遭ったら多分…っつうか絶対に
ココロが折れちゃうと思います。 ポキーンっつって。 で、そのまま廃人ね。  

しかし、『希望の数だけ失望は増える』の後に『それでも明日に胸は震える』と続くように、
沈みゆくばかりではないのが人生の常。 打ちひしがれた佐和子を守るため、再び家族が
しっかりと向き合い、本来の絆を取り戻していこうとする姿に、一抹の救いが残されています。

余談ですが、『幸福な食卓』で使用されている『くるみ』は、わざわざこの作品の為に編曲
し直されたヴァージョンなんですけど、正直言ってボク、原曲の方が断然好きですね。
櫻井氏のたたみかける様なヴォーカルと、ピアノ主体のアコースティックなアレンジが微妙に
噛み合ってないというか、ちぐはぐに感じるんです。 どうせなら原曲のままイッて欲しかった。

もう1コ余談なんスけど、大浦勉学役の勝地涼ね。 彼の顔って、風見しんごに超似てると
思うんですけど、いかがでしょう?などとワケの分からない問いかけをしつつ、今日の笑点、
この辺でお開きです。  山田君! 楽太郎さんの座布団、全部持ってって頂戴!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/10/24(土) 12:21:36|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。