中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

金城武 小西真奈美 石田卓也 / Sweet Rain 死神の精度

麻呂
ワケもなく公家


毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの激走!GT担当、ブロッケンです。

伊坂幸太郎原作の映画『Sweet Rain 死神の精度』を観ました。

…あの、『ALWAYS 三丁目の夕日』の時も思ったんスけど、この“ALWAYS”とか“SWEET
-RAIN”とかって横文字、果たして本当に必要なんですかね? それとも『これは原作とは別
物である』という事を暗に強調する為の、云わば予防線の様なモノなのでしょうか? 何に
せよ、蛇足感は否めませんが。

ミュージックをこよなく愛するクールな死神・千葉(金城武)が、一週間の調査の後、対象者
に死を“実行”するか“見送り”にするかを見極める…というあらすじの本作。

こういう原作付きの映画に関して、原作との相違点や共通点をいちいち取り沙汰するのはあ
まり意味が無い事だとボクなんかは思うんですね。 原作がどうあれ、映画として真っ当に
面白ければそれでイイじゃないかっていう。で、結論から言えば、この『死神の精度』も映画
として真っ当に面白かったです、ハイ。

その事実を踏まえた上で今回は、原作との相違点やら何やらについてアレコレ言及して行こ
うかな、と。 フフ。 意味が無いってついさっき言ったばかりなのにやるのかよって?やるん
ですよ。 その辺のブレ具合こそが人生の醍醐味(?)ってなモンなんです。

まずこの映画版『死神の精度』と原作の共通点として、真っ先に挙げられるのは、“オムニ
バス形式を取りつつ、一つの連続した流れがある”という点でしょう。 具体的に言えば、映
画版は、原作小説の表題作“死神の精度”と“死神と藤田”、そして“死神対老女”という
三つのエピソードを基に構成されています。“死神の精度”編では、千葉は悪質なクレーマー
に悩まされる27才のOL・藤木一恵(小西真奈美)に、続く“死神と藤田”編では、タイトル
通り義侠心溢れるヤクザの藤田(光石研)に、最後の“死神対老女”編では、高台から海を見
下ろせる美容院で働く老女(富司純子)に一週間付き添い、彼等に死を“実行”するか“見送
り”にするかを見極めようとします。

この一風変わった死神・千葉を演じるのが金城武なんですけど、冷徹さと親しみやすさとい
う相反する要素を兼ね備えつつ、良くも悪くもどこか掴みどころの無い雰囲気を持つ金城武
をこの役に抜擢したのは、実に正しい人選だったと思います。 それ以上に原作のイメージに
ピッタリだと感じたのが、藤木一恵役の小西真奈美ですね。このエピソードでは、藤木一恵
の“声”が非常に重要なキーワードになって来るのですが、小西真奈美の、あたかも鈴の音
色の様な儚さと芯の強さを併せ持つ声は、まさしくうってつけだと思います。ただ、藤木一恵
名義で映画の主題歌まで歌っちゃうという、メディアミックス的な打ち出し方については、少々
やり過ぎな印象も受けましたが。

小西真奈美とは逆に、ヤクザの藤田役を演じるのが光石研というのが、原作のイメージと照
らし合わせた時に、一瞬違和感の様なものがよぎりましたが、まァこれはこれでアリなんじゃ
ないかな、と。つうか光石研といい、彼の舎弟役の石田卓也といい、今、役の大小を問わず
に、ありとあらゆる映画に出まくってますよね。 ちょっと気を許すとすぐ登場するってカンジ。
特に光石研。 最近の邦画を10本観たら、その内の5本には光石研が出ているんじゃないか
って程にエンカウント率高し、です。 

で、今度は原作との相違点についてなんですけど、ここをぶっちゃけてしまうとネタバレ直結
になってしまうので、具体的な言及は控えさせて頂きますが、あえて言うなれば、富司純子
演じる“老女”のエピソードと、別のエピソードとの“繋がり方”が、原作と映画とで最も異なる
点でしょう。

その“原作と違う”という事が良いのか悪いのかはさておき、ボク的には映画版の“繋がり方”
も十分に楽しめたというか、むしろ映画版の“繋がり方”の方が、より伊坂幸太郎的だとすら
感じたのですが。 何にせよ、原作を経由してから映画に臨む方も、その逆の方にも楽しめ
る結末になっている事は確かなんじゃないかな、と。 

bannermono.gif
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/01/17(日) 18:12:38|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:18
  4. | コメント:0

多部未華子 石田卓也 貫地谷しほり / 夜のピクニック

夜のピクニック
ワケもなくほのぼの

毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの皆既日食担当、ブロッケンです。

映画『夜のピクニック』を観ました。 全校生徒で80キロの道のりを一昼夜かけて歩く行事
『歩行祭』のスタートからゴールまでを追った、文字通りのロード・ムーヴィーなのですが、
これが実に面白かった。 もっと早くチェックしとけば良かったなァ…。

というのも最初、劇場でこの映画の予告編を見た時に『なんて地味なキャストなんだ』と驚いて、
以来、観るのが後回し後回しになっていたのです。しかし、今こうして改めて出演陣の顔ぶれを
見ると、主演の多部未華子石田卓也をはじめ、貫地谷しほり加藤ローサ高部あい
柄本佑 など、昨今ブレイクを果たした旬の若手俳優がズラリ。 おお~。

この『夜のピクニック』、ともすればどこまでも一本調子な内容になってしまいそうな危険を
孕んだ設定ですよね。 だって、ただただゴール目指して一日中歩くだけなんですから。
にも関わらずこの映画がとても面白いのは、個性豊かな登場キャラクター…昼間は死んだ
ように静かなのに、夜になると元気になるロック大好き少年(柄本佑)、他の生徒にこっそり
まぎれて歩くオバケ(?)、付き合うと必ず不幸が訪れる超打算的な女(高部あい)…による
部分が非常に大きいと思います。

主役の甲田貴子(多部未華子)と西脇融(石田卓也)は、強く互いを意識し合いながらも、
なかなか心を開けずにいるのですが、ゴールが近づくにつれて、その理由が徐々に明らか
になって来る構成も非常に丁寧で秀逸。 

それにしても、多部未華子石田卓也の『どこにでも居そうなのに、明らかに目立つ』感じ
というのは、特筆に価すると思います。 凄くポジティヴな意味で『使い勝手がいい』というか。
違和感なく作品に溶け込みつつも個性を失わないこの稀有な存在感は、これからもっともっと
様々な映画やドラマ等で発揮される事でしょう。 今後の活躍が非常に楽しみな2人です。

◆◆オーラル学園 更新情報◆◆
・アシッドちゃん - 331話

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/07/22(水) 12:22:28|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石田卓也 栗山千明 / GSワンダーランド

マラソン
ワケもなくフルマラソン

毎度です。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの情操教育担当、ブロッケンです。

映画『GSワンダーランド』を観ました。

時は1968年、GS(グループサウンズ)旋風が列島中に吹き荒れる中、レコード会社は
2匹目、3匹目のどじょう狙いで、新たなバンドを探していた。
そんな時、ビルの屋上でバンドの練習をしていたマサオ(石田卓也)、シュン(水嶋ヒロ)、
ケンタ(浅利陽介)の3人が芸能プロダクションの社長(武田真治)の目に留まる。
しかし、あらかじめレコード会社で用意してあったデビュー曲をプレイするにはどうしても
オルガン奏者が不可欠。 そこで、マサオ達と時を同じくして歌手を志して家出同然で上京
してきた女・ミク(栗山千明)を男装させ、強引に四人目のメンバーとして迎え入れる、と。
やがてバンドは(当たり前ですけど)ミク改め『ミック』の中性的なルックスとも相まって、
次第に熱狂的な人気を獲得していく…ってな感じのストーリーです。

何と言ってもこの映画、白タイツ+王子様ルックといったステージ衣装に身を包んだ
メンバー4名が、もう殺人的にカワイイ。 劇中ではミック(栗山千明)に女子人気が集中
しておりましたが、ドラム担当のシュン(水嶋ヒロ)も、かなり眩しい王子様オーラを放って
おりました。 絵本の中から飛び出てきたかのような麗しさに激しく嫉妬(*゚∀゚)=3ハァハァ

加えて、水嶋ヒロのドラム・プレイがフツーに素晴らしくてビックリ。 チャーリー・ワッツ
様に、左手のスティックを逆さに構えたスタイルで、ワイルドなリズムを聴かせてくれます。

日本歌謡界のドン・筒美京平御大がこの映画の為に書き下ろした『海岸線のホテル』も
素晴らしかったです。尾崎紀世彦の大ヒット曲『また逢う日まで』(同じく筒美京平:作曲)
のイントロを彷彿とさせるオルガンのフレーズが何ともニクイ!


日本音楽史に咲いたアダ花=GSムーヴメント。刹那的に華やいだその泡沫の季節を、
旬のキャストと小粋な音楽で描いた、とっても楽しい映画だと思います。

映画に意味や内容を求める方には正直軽すぎるかとは思いますが、この軽さというか、
底の浅さもまた、GSという音楽の持つ雰囲気にピッタリなんじゃないかと。

レイト60'sカルチャーが大好き!という方は、間違いなく楽しめる一本です。 

《監督》 本田隆一

《出演》 栗山千明 石田卓也 水嶋ヒロ 浅利陽介 温水洋一 三倉茉奈 三倉佳奈
      ケンドーコバヤシ 大杉漣 高岡蒼甫 武田真治 杉本哲太 岸部一徳 ほか

◆◆オーラル学園 更新情報◆◆
・のらネコミック - 171

テーマ:石田卓也 - ジャンル:映画

  1. 2009/06/16(火) 11:28:46|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石田卓也 谷村美月 / リアル鬼ごっこ

原生林
ワケもなく原生林

毎度です。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの泣き落とし担当、ブロッケンです。

石田卓也谷村美月主演『リアル鬼ごっこ』(原作:山田悠介)を観ました。

ひょんな事からパラレル・スリップしてしまった主人公の佐藤 翼(石田卓也)。
辿り着いた先は、彼と同じ『佐藤』という苗字の王様が統治する、日本に良く似た世界。
自分と同じ苗字の人間があまりにも沢山いる事に堪りかねた王様は、全国の『佐藤さん』を
対象にした、一週間の『鬼ごっこ』を実施し、捕まった人間を次々と抹殺して行く…。
はたして、翼は生き延びる事が出来るのか?とまぁ、大体こんなあらすじです。

題名にズバリ『鬼ごっこ』と冠されている通り、劇中の半分以上が追いかけられて、
逃げ回るシーンで占められています。
石田卓也谷村美月という、今が旬の若手俳優が、汗だくになって息を切らしながら
走る姿は、見方を変えれば、どことなくセクシャル…(*゚∀゚)=3ハァハァ
特にイケメン俳優・石田卓也クンが苦悶の表情を浮かべながら、逃げ惑う場面など、
ソッチ(男色)系の方面の方々から、意外と需要があったりして…などと、観ながらバカな
妄想に耽ってしまった自分にゲンナリ。 厳重注意ッス。

元の世界では、主人公の妹(谷村美月)は、ほとんど植物人間状態であるのに対して、
パラレル・ワールドでは、ごくフツーの女のコだったり、主人公の幼なじみ(ヤクザの息子
で不良)が、純情まっすぐクンだったりと、元の世界と、パラレル・ワールドでは、登場人物
の役割や性格が全く違うという設定も、トリッキーで面白かったです。

しかし、先ほども触れた通り、ただひたすら逃げ惑うシーンが延々と続くので、観ている
途中で、次第に飽きてきちゃうというか、全体的に冗長な印象は否めませんでした。

石田卓也クンも、鬼ごっこの時以外はほとんどキレ気味に怒鳴っているような、
抑揚の乏しい、一本調子な演技だったのも残念…。
グミ・チョコレート・パイン』でのイケてない童貞役から、『おっぱいバレー』での、こわ~い
ヤンキーの先輩役まで、演技のレンジはすごく広い役者さんだと思うだけに、
この点、実に惜しいとなぁ、と。

谷村美月ちゃんも、ボク、大好きなんですけど、この『リアル鬼ごっこ』に限って言えば、
彼女が演じる必然性をあまり感じなかった辺りも、重ねて残念なところです。

ただ、エロ医者役の柄本 明の怪演ぶりは、さすがの一言でした。
美月ちゃんをヒザの上に乗せて、ね~っとりとしたイヤラしい声色で、

『今日は何して遊ぼっか?チューしちゃおっか?』

と、真顔で語りかける場面は、もう大爆笑。 個人的には、ここがハイライトっスね(´∀`)

◆◆オーラル学園 更新情報◆◆
・のらネコミック - 167

テーマ:谷村美月 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2009/05/27(水) 23:02:45|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:11
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。