中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

渡辺大和 臼田あさ美 / 色即ぜねれいしょん

チンチンポンポン
ワケもなくチンチンポンポン


どうもです。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのジェフ・べック担当、ブロッケンです。

みうらじゅん原作、田口トモロヲ監督の映画『色即ぜねれいしょん』を観て来ました。

舞台は1974年の京都。 仏教系の男子高校に通う乾純(渡辺大和)は、ボブ・ディランの
様な『ロックな生き方』に憧れを抱いているんだけど、学校ではヤンキーと体育会系の陰に
隠れて全然パッとしないし、家では両親が優し過ぎるしで、まるっきりロックとはほど遠い、
平凡な日々を送っていた…というあらすじ。

みうらじゅん原作×田口トモロヲ監督という組み合わせは前作『アイデン&ティティ』に
引き続き2作目。 『アイデン&ティティ』は、当時人気絶頂だったバンド『ゴーイング・ス
テディ
』を解散させたばかりの峯田和伸が主演に大抜擢され、話題を呼びましたが、今作
においても約2000人の候補者の中から、現役高校生にしてバンド『黒猫チェルシー』の
ヴォーカリストでもある渡辺大和君が選ばれております。今回が初めてとは思えないほど、
のびやかで情感豊かな演技は、ただただ素晴らしいの一言。 そんでまた、彼の顔が若い
頃のみうらじゅん御大にどことなく似てるってトコも何気にポイント高し、です。

他にも前述した峯田和伸(銀杏BOYZ)や、これまた演技初挑戦の岸田 繁(くるり)など、
役者畑以外からの大胆な起用が目立ちます。 峯田の演技力、というかスクリーンの中に
おける圧倒的な存在感は、すでに数々の作品で立証済みですが、それよりも驚かされたの
は、くるり・岸田のナチュラルかつルーズな演技! ネイティヴな京都弁も相まって、胡散臭
い家庭教師=ヒッピーを見事に演じきっておりました。 岸田、もっともっと映画に出るべき
だと思う。

そして、隠岐島で出会う『白ビキニ』の美少女・オリーブ役を演じる臼田あさ美のカラダの張り
っぷりには、爆笑を飛び越えて、感動すら覚えます。 ゲロかけられたり、ノーブラで乳首立た
せたり、ヒワイな単語を大声で叫んだり、しまいには陰毛スケスケの水着で渚を駆けたりする
事をいとわない女優が、今、この国にどれだけ居るというのでしょうか?  や、たくさん居たら
それはそれで嫌なモノがありますけど。 とにかく臼田あさ美は、この作品で女優として確実に
ネクスト・レベルに突入した事は間違いありません。  

ケンカに明け暮れるでもなく、スポーツに打ち込むでもなく、女にモテるワケでもない、平凡な
文化系男子=『イヌ』。 劣等感や焦燥感に衝き動かされながら、少しづつ自分自身を発見して
いく彼の姿は、滑稽でブザマで、だからこそ感動的なのだと思います。 この映画を観て泣くか
笑うかは、人として、というか、『男子』として、大きな分水嶺。 不覚にも泣いちゃった人の青春
時代って、きっと超イケてない、モッサリとした季節だったんでしょうね。 でもボクは、そういう人
とこそ、濃く深く付き合っていきたいんだっ。 だって…ボクも泣いちゃった側の人間なんだもん! 続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/09/12(土) 12:04:22|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:6
  4. | コメント:4

新垣結衣・三浦春馬 / 恋空

合格発表
ワケもなくサクラサク

こんにちは。 

ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーいけない!ルナ先生担当、ブロッケンでおま!
鶴光でおま!って事でしてね、懲りもせずに再びやってまいりました。

『ドキッ! 野郎だらけのお門違い映画祭』 第2弾でございます。

前回のひぐらしのなく頃にから一転、今回はひとりで観たら悶死しちゃうような、
直球ド真ん中のラブ・ロマンスものでイこうっつう事になりまして。 イヒヒ。

つう事で選んだ映画が、日本中が涙した感動のケータイ小説『恋空』の劇場版。
相手にとって不足なし、といった趣でございます。

…ん? ちょっと待てよ。 ガッキーこと新垣結衣演じる地味で平凡な女子高生『美嘉』って、
原作者の名前と一緒じゃないスか。 スゲェなあ。 何がスゴイのか良く分かんないけど。

しかし、肝心の内容の方はさらに輪をかけてスゴかったです、ハイ。
レイプ・妊娠・流産・闘病・死別…と、ありとあらゆる不幸に翻弄され、流されまくる
美嘉とヒロ(三浦春馬)。 お願い、早く誰かタオルを投げ込んであげてってカンジです。

…特に印象深かったのが、2人揃って授業を中抜けして、図書館でせっせと交尾してる
内に、美嘉がニンシンしちゃう辺りのくだりですね。

普通、10代で彼女を孕ませちゃったりした日にゃ、かなりブルー入るじゃないスか。
そんな極度のエマージェンシー状態にもかかわらず、ヒロは、実にあっけらかんと、
『図書館で出来た子供だから、名前には“本”って字を入れようぜ』
ですって。 …スゲエよ、ヒロ。 俺にもその覚悟と余裕を分けてくれっ。

他にも、『美嘉の父親役が高橋ジョージってのは果たして正解なのか』だったり、
『ヒロの姉貴(元ヤンキーで、美嘉と同じく被レイプ経験アリ)に香里奈って…』 だったり、
小出恵介って、よく見ると相当な顔面力の持ち主だよね』だったりと、本編とは
関係ない部分で色々と考えさせられる点の多い映画でした。 あくまでも僕的に、ですが。

でも、ヒロの元カノ役が臼田あさ美っつうチョイスは、ジャストだと思います。
臼田あさ美って、安野モヨコとか岡崎京子とかのマンガからそのまま飛び出て来たような、
ダイソー調に言うなれば『THE・ガーリー』ってな趣の顔ですよね。 くちびるの感じとか。

…あ。 全然関係ないけど、もうすぐフジファブリックの新譜が出るじゃん。 マスト・バイ!

◆◆ オーラル学園 更新情報 ◆◆
・アワビさん ‐ 241

テーマ:ケータイ小説 - ジャンル:携帯電話・PHS

  1. 2009/05/08(金) 13:32:54|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。