中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

伊勢谷友介 菊地凛子 松尾スズキ / 図鑑に載ってない虫

野村
ワケもなくノムさん


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのおせち料理担当、ブロッケンです。


三木聡脚本・監督の映画『図鑑に載ってない虫』を観ました。 

雑誌編集者の俺(伊勢谷友介)は、死語の世界がどんなものなのか、実際に一度死んで
取材して来いというメチャクチャな依頼を受け、知り合いのアル中・エンドー(松尾スズキ)と
リスカ癖のある元SM嬢・小夜子(菊地凛子)と共に“死にモドキ”という虫を探し始める。
死にモドキをじわじわと水で溺れさせ、その時に発する体液を飲めば、一度完全に心臓が
停止した後、再び蘇生するらしいのだが…というあらすじ。

よく“随所に小ネタを散りばめた”なんて表現を耳にする事がありますが、この『図鑑に
載ってない虫
』は“小ネタを散りばめた映画”ではなく、ズバリ“小ネタばっかの映画”
です。核心よりも周辺、幹よりも枝葉に強い執着を見せるのが三木聡監督の芸風であり、
彼の全作品に通底する、いわば哲学と言えるのですが、その中でも今作は飛び抜けて
蛇足指数の高い一本。ストーリーを展開させる上で必要な情報と本筋に無関係な情報の
割合がおよそ3:7ってトコロでしょうか。タランティーノだってそこまでやんねぇだろって
位に無駄・無意味・無益のオン・パレード。 “床にブチ撒けた塩辛がニコラス・ケイジ
顔に見える”だの“電話ボックスにビッシリ貼られた風俗のチラシがモナリザの顔に見え
る”だのといった、狂人の寝言スレスレの小ネタを絶え間なく浴びている内に、感性のネ
ジがバカになって行く様な、ダラシの無い快感がひしひしとこみあげて来ます。

また“脇役のキャラがあまりにも濃すぎて、主役の存在感が薄れてしまう”というのが三
木作品の特徴ですが、今作もその例外ではありません。松尾スズキ岩松了ふせえり
松重豊村松利史森下能幸笹野高史といった超・個性派キャスト陣の怪演に、
伊勢谷友介、思いっきり喰われちゃってます。 

さらに“乞食の巣”だとか“菊地凛子の手首のリスカの痕を利用してワサビをすりおろす”
といった、極めてダークかつ不謹慎なネタを、他のしょうもない脱力ネタの中にしれっと
織り交ぜてくるのが今作の最大のポイント。 つうかボク、ためらい傷をネタにして笑いを
取りに来る映画なんて、生まれて初めて観ましたよ。 他にも松重豊がカンボジアで出逢
った恋人が、意味もなく浜辺で地雷を踏んで爆死(!)したり、美人編集長役の水野美紀
屁をこいた拍子にウンコを漏らしたりと、もう何でもアリ状態。 カンボジア=地雷=爆死と
いう極めて安直な発想を躊躇する事なくギャグに転化してしまう、その無邪気な感性がた
まりません。

ちゃんとした映画を“作れない”のではなく“作りたくない”三木監督の心意気と執念が
炸裂した最高にデタラメな一本。 決して万人受けするユーモア感覚だとは思いませんが、
ボクは断固支持です。 ガッテンガッテン!
 
最後に余談なんですけど、ウィキペディアによれば松尾スズキ演じるアル中の男・エンドー
って、実はドラマ『時効警察』にもさりげなくゲスト出演しているんですって。 マジかよ。
早速今から録り貯めといた『時効警察』をチェックしてみよっと。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/12/31(木) 17:48:09|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

上野樹里 関めぐみ 平愛梨 / 笑う大天使

無罪
ワケもなく無罪


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのローラ・チャン担当、ブロッケンです。

川原泉原作の映画『笑う大天使』を観ました。大天使と書いてミカエルって読むんですって。

えーっとね、うん。 結論から申し上げまして、これァダメだ。 キッパリ駄作だと思う。

主役の上野樹里をはじめ、関めぐみ佐津川愛美、『20世紀少年』のカンナ役で一気に
ブレイクした平愛梨菊地凛子谷村美月と、ここまで豪華なキャストを揃えといて駄作っ
て。もったいないなァ…。 便所ブラシの柄の部分を純金でこしらえる位もったいないですよ。 

禁断の百合要素をふんだんに散りばめた痛快!学園コメディーなのかなと思って観ていたら、
いつの間にか、本当にいつの間にか主役の3人(上野樹里・関めぐみ・平愛梨)に超人的な
能力が備わっちゃってんの。 何それ? ボクを置いてかないでよ~って感じ。

やがて物語は学園モノの範疇からドンドン逸脱していって、気が付いたら船の甲板みたいな
場所で誘拐犯の一味だか何だか、とにかく素性の知れない連中と、チャーリーズ・エンジェル
ばりのド派手なアクションをカマしちゃってるんスよ。 

で、こっからがスゴイのな。 最終的にどうやって戦いに決着が着いたかっつうと、これまた
何の伏線も無く、唐突に上野樹里が巨大化(!)すんの。 で、誘拐犯のボスが乗ってるヘリを、
あたかもゴジラの如くムンズと握りしめて、そいつを空の彼方にポーンて放り投げたら、一番星
みたいに“キラーン”ってまたたいて、バトル終了。 ナメんなって感じッス。

他にも、ダミアンっつう名前のドーベルマン(CG)が、本筋(ま、スジなんか元々皆無なんスけど)
とは無関係に、絶えず視界の片隅でウロウロしてるのが、何だかとってもジャマ臭いんです。

一応このダミアンが、物語の狂言回し的なポジションで、ところどころでト書きめいたナレーション
を挟んで来るんですけど、この声が広川太一郎氏なんですよね。 や、それは全然構わないん
です。構わないんですけど、上野樹里達が時折カマす中途半端なボケに対して、広川太一郎
氏の例の調子でやんわりとツッコミが入るんだけど、その“間”が絶妙に悪くってさ。 ただでさえ
悪い物語のリズムがさらに悪くなっちゃって、後に残るのは違和感と虚しさだけ。 せつねー。

ああもうッ! 書いてる内に段々ハラが立って来ました。 他にも指摘したい部分は星の数ほど
あるんですけど、全て網羅してたらとんでもないテキスト量になっちゃいそうなので、この辺で
止しときます。 つうかさ、ここまで来たら逆に是非ともみなさんに観て頂きたいですよ、ええ。
いわゆるひとつの“不幸の手紙”方式ゆうんですか? 自分だけこんな思いすんのもシャクだし、
他に怒り(そう、観終わった後、真っ先にこみあげて来た感情は“怒り”でした)のやり場もないし、
ならばいっそ、他の人間も巻き添えにしちゃるけん!…といった、半ば自爆テロ的なニュアンスを
多分に含みつつ、逆に強烈にプッシュしときます。 フフ。 『逆に』のイミが分かんないっつうのな。 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/10/13(火) 11:26:24|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。