中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

役所広司 葉月里緒奈 小西真奈美 / 叫

ハローキティ
ワケもなくサンリオ

どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの篠崎愛担当、ブロッケンです。

黒沢清脚本・監督の映画『』を観ました。 

東京湾近郊で赤い服を着た女の死体が発見される。犯行現場に駆けつけた刑事・吉岡
(役所広司)は、そこで何故か“自分のコートのボタン”を発見する。その後も同様の手口
による殺人事件が相次ぎ、その都度身に覚えの無い“自分の痕跡”を見つけ、困惑する
吉岡。 そんな彼の目の前に、突如赤い服を着た女の幽霊(葉月里緒奈)が現れる…と
いうあらすじ。

日本ホラー映画界のクロサワと云えば、取りも直さず黒沢清監督の名前が挙がる程に、
世界的にも評価の高い氏の、2006年の作品。今作のパッケージには、でかでかと“Jホ
ラー史上最恐”のコピーが踊っておりましたが、そこまで声高に喧伝するほど怖くは無か
ったというのが正直な感想です。 単純に怖さだけで比較するなら『呪怨』の方がヤバい
と思う。 

そもそも、葉月里緒奈演じる“赤い服の女”からして、あんまり怨霊っぽくないんですよね。
普通に会話出来るし、触れられるし、律儀にドアから帰るし(これには笑った)、おまけにス
ーパーマンよろしく両腕を前に突き出して空まで飛んじゃうんだもん。 “怖い”っつうよりも
“新しい”とか“オイシイ”って表現の方が適切なんじゃないかな、と。

そんな“赤い服の女”に翻弄される刑事・吉岡を演じるのは、黒沢清作品の常連・役所広司
どうでもいいけど役所広司って、極端に顔がデカイっスよね。恋人(?)役の小西真奈美
顔がまた極端に小さいから、余計にそのデカさが際立つのかも。 そんな役所広司小西
真奈美
の膝まくらの上で頭をなでなでされるシーンが、妙におかしかったと同時に羨ましく
もありました。 俺もコニタンになでなでされたいッス。 

この『』という映画、先述した様にそれほど怖くは無かったんですけど、“面白い”か“面白
くない”かで言えば、断然面白かったです。 謎が謎を呼ぶストーリー展開と実力派キャスト
陣の好演により、最後まで緊張感が途切れる事なく作品の世界に没入する事が出来ました。

しかし!幾重にもはり巡らした伏線の数々が、ほとんど回収されないままスタッフロールに
突入した時は、思わず『ギャフン!』って叫びそうになりましたね。 なんでもこの映画、セル
DVD版の特典として“アナザー・エンディング”なるものが用意されてるそうじゃないスか。
何だよソレ。その“アナザー・エンディング”を観る事によって、初めて全ての謎が解き明かさ
れるとかってハナシなの? だとしたらすごく哀しい。 そんなら最初っからそっちを本編の結
末に据えればイイじゃんって思うし、 逆に“アナザー・エンディング”を観ても何一つ謎が解
明されないのだとしたら、それは単なる蛇足って事でしょ?つまり、どっちに転がっても残念
な結果しか待ってないと思うんですよね。  こんな後出しジャンケンみたいなお茶の濁し方、
して欲しくなかったなあ。  勿体無いなあ。

続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/02/04(木) 17:24:02|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:7
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。