中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

蒼井 優 森山未來 / 百万円と苦虫女

合掌
ワケもなく藤岡 弘


毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの辻井伸行担当、ブロッケンです。

タナダユキ脚本・監督の映画『百万円と苦虫女』を観ました。 や、これは面白かった。

資格なし、特技なし、友達なしのフリーター・佐藤鈴子(蒼井優)。ある事件をきっかけに
実家に居づらくなってしまった彼女は、百万円の貯金を元手に実家を出て行く事を決意す
る。自分の事を誰も知らない場所を探し求めて、鈴子は海へ、山へ、そして地方都市へと
移り住んでいく…というあらすじ。

“自分探しの旅”という言葉はよく耳にしますが、今作のテーマはそれとは真逆の“自分
を探さない旅”。 人間、生きていたらイヤでもしがらみの一つや二つあるワケで、そう
いった面倒臭いアレコレを全部放り出して、見知らぬ土地へと行ってしまいたい…という
逃避願望って、誰にでも少なからずありますよね。で、実際にそれをやっちゃうのがこの
百万円と苦虫女』ってなワケです。

『苦虫女』とタイトルにある通り、人と接するのが苦手な鈴子がしばしば見せる戸惑いの
表情が何とも言えずキュート! どこにでも居そうで、実はどこにも居ない…そんな蒼井優
の個性が存分に発揮された役どころと言えましょう。

“自分を探さない旅”の途上で、鈴子は様々な人々に出逢うワケですが、中でも“山編”で
出逢う果樹園の跡取り息子役のピエール瀧の朴訥とした存在感たるや、いよいよ唯我独尊の
域に達しつつあると言っても過言ではないでしょう。あまりにもオイシ過ぎる佇まい。しか
も、ほとんどの作品において一言二言のセリフや、時にはセリフ無し(リンダリンダリンダ他)
の出演であるのに対して、今作の瀧がキッチリと演技している点にも注目。しかもすごくイイ
人(!)っつう設定で、あるイミ新境地なんじゃないかな、と。

続く“地方都市編”で、鈴子は同い年のバイト仲間・中島(森山未來)に恋をするんですな。初
めての恋。ウヒョー。つうか森山未來が蒼井優に告白する場面なんか、観てるこっちまで緊張
しまくりでしたよ。 そして、晴れて恋人同士になる2人。ここに来てようやく、鈴子の旅も
終わりを迎えるのかと思いきや…おっと、この先はここでツルッと話してしまうのが勿体ない
位せつない展開が待ち受けておりますので、是非とも直接本編を御覧下さい。ちなみにボクは
この映画のラスト、大好きですね。ちっともハッピー・エンドじゃないんだけど、ポジティブ
な余韻が観た後にじんわり残るというか、とにかく素敵な結末だと思います。

で、主題歌が、クラムボンのヴォーカリスト・原田郁子嬢による『やわらかくてきもちいい風
って曲なんですけど、これがまた素晴らしく『百万円と苦虫女』の内容にピッタリなんですよ。
この映画の為に書き下ろした曲だそうなので、当たり前っちゃ当たり前なのかもしれませんが、
映画を観終わった後に残るポジティヴな余韻をより一層押し広げてくれる様な、文字通りやわら
かくて、気持ちの良い佳曲。映画主題歌のあり方としては理想的なんじゃないかな、と。

つう事でキャスト良し、内容良し、主題歌良しと三拍子揃った今作。 オススメですよ、奥さん。

bannermono.gif
 
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/12/18(金) 18:04:42|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

永作博美 松山ケンイチ / 人のセックスを笑うな

阿波踊り
ワケもなく阿波踊り


どうも。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの潜入捜査担当、ブロッケンです。

山崎ナオコーラ原作の映画『人のセックスを笑うな』を観ました。 すごい題名ですな。

しかし、肝心の内容は、そのインパクト大なタイトルとは裏腹に、非常に淡々としていると
いうかなんというか…あの、単刀直入に申し上げて、あんまし惹き込まれなかったんです。


思いっきり乱暴にかいつまんでしまえば、19歳の美大生・ミルメ(松山ケンイチ)と、39歳の
リトグラフ講師・ユリ(永作博美)、年の差20歳の2人が恋に落ちて、愛し合い、やがて、
はなればなれになるってだけのストーリー。 乱暴にかいつまんだらね。

年上の魅力的な女性にたぶらかされたいとも、(当たり前ですが)年下の可愛い純情BOYを
たぶらかしたいとも思った事のない私が、イマイチ感情移入しきれなかったのは、当然っちゃ
当然なのかも。それよかむしろ、松山ケンイチに密かな恋心を寄せているのに、どんどん永作
の色香に溺れていく松ケンの姿を、傍らでヤキモキしながら眺めている事しかできない同級生・
えんちゃん(蒼井 優)のキモチの方が分かる!って感じでした。 基本、負け犬目線なモンで。

その蒼井優が、永作に『亭主が居ながら、彼に近付くのはどうして!?』ってカンジで詰めよる
場面があるのですが、そこで永作が一言『だって…さわってみたかったんだも~ん』だって。
このセリフ、ゴリンゴリンの童貞中学生から発せられたら、途端に不潔(?)で侘びしいムード
が漂い始めるクセに、永作のクチから発せられるとアラ不思議。いやらしさ皆無。 何故だっ。

あと、余談ですけど、もうひとりの同級生役の忍成修吾クンが着ているナイロンジャケットが
ヘンテコな色合い(オレンジとグレーと黄色)で、本編と無関係に、もんのすごく目立ってました。
わざわざそんなミクロな部分に言及しなくたってイイじゃんと、自分でも思うんスけど、無性に
印象に残るんだもん。 多分この映画を観た人のほとんどが『ヘンテコな色合いだなァ』って
感じたに違いないとニラんでるんスけど、どうでしょう?  どうでしょう?って言われてもね。 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/09/15(火) 11:25:19|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

蒼井優

蒼井優
蒼井優って言ったら蒼井優

・漫画サイトもやっております。→コチラ

テーマ:女性タレント - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2009/08/19(水) 13:38:55|
  2. 似顔絵(女性)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。