中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

松田龍平 西島秀俊 / 蟹工船

地獄大使
ワケもなく地獄大使


『蟹工船』

《あらすじ》
カムチャッカ沖で蟹を捕り、船上で加工缶詰を作る蟹工船の博光丸。 そこで働く労働者
は、監督・浅川(西島秀俊)の暴力と酷使に耐えながら、低賃金で重労働に従事していた。 
そんなある日、新庄(松田龍平)をはじめとする労働者たちは一斉に蜂起し、支配する者
に立ち向かおうとするが…。 原作・小林多喜二、監督&脚本・SABU


《極私的見解》

プロレタリア文学の旗手、小林多喜二の代表作=『蟹工船』が、およそ80年の時を
経てスクリーンに甦った!ってカンジの今作。 つうかプロレタリア文学とかって超懐か
しいですよね。 自分、高校ン時に地歴公民の中から日本史を選択してたモンですから、
なんか必死になってこの単語を丸暗記した記憶がございます。 その程度の認識ですか
ら勿論原作は未読。 ただ単に谷村美月ちゃんが出てるからっつう浅はかな理由でこの
たび鑑賞に至ったワケですが…うーん、どうなんだろ。  全然つまんなくはないけど、全
然胸を打つものも無かったというか。 うむむ。

・ 過酷な労働を強いる現場監督・浅川役に西島秀俊。 目の下辺りに特殊メイクで傷痕
をつけたりするのはちょっと演出過多なんじゃないの? などと思いながらも、妙に西島
秀俊
にしっくり来る役ではありましたね。西島秀俊の目はね、ありゃサディストの目です
よ。  あの死んだ魚のような目つきで『テメェ等にはクソ場の紙ほどの価値もねぇんだよ
!』とか非道いセリフをバンバン吐くんだもん。 マゾっ気のある女性とかにしてみれば、
コタエラレナイものがあるんじゃないでしょうかね。 フフ。

・ そんな暴君・西島秀俊の腰巾着的なポジションでキャンキャンとわめき散らしている
ヤクザ役に、大人計画皆川猿時。 つうかアレですよね、皆川猿時と 今作の主役
である松田龍平の組み合わせって、どっかで観た事あるなぁとか思ったら、『恋の門
で共演してたんでしたっけ。 恋の門…色んな意味でディープな作品でしたよね。 さら
に言っちゃえば松田龍平新井浩文っつう組み合わせも『青い春』のコンビだったりし
て、何だか妙に既視感めいたキャスティングではありました。

柄本時生TKO、そして山本浩司 などなど、いかにもって感じの“ブルーカラー顔”
がズラリとガン首を揃える中にあって、高良健吾の見目麗しさが段違いで際立ってお
りました。 でもさ、高良健吾の妄想シーンの中にしか谷村美月たんが出てこなかっ
たのには正直ガックリ。 しかも総出演時間が1~2分程度の激チョイ役。 何だよもう。

・ 『人生を安売りする者に、人生はそれ以上の支払いはしない!』っつう松田龍平の一
言は、けだし名言だと思います。 で、こんな感じで労働者を巧妙にアジりながら、ストラ
イキ決行へと至るワケですが、こん時に労働者全員で同じシンボルマークを施したバン
ダナを巻いたのは いただけなかった。 なんだか販促用のグッズみたいで、途端に安っ
ぽく見えてしまいました。

SABU監督は『現代を生きる若者すべてに贈る』と鼻息を荒げていたそうですが、僕
もギリギリ現代を生きる若者なんスけど、どうにもこの映画は胸に響かなかったなあ。 
メッセージどうこうっつう以前に、上述した様々な要因(西島秀俊の大げさな目の下の
キズや、シンボルマーク入りのバンダナ等)が、物語からリアリティを殺いでしまってい
るように思えたのです。 それと、劇中の労働者達は、超過酷とはいえ仕事にありつけ
ているワケで、働きたくても働き口の無い、超就職氷河期の真っ只中を往く現代の若
者が抱える苦悩とは、根本的に種類が違いますよね。 だからイマイチ共感できなか
ったのかもしんない。 まぁでも、西島秀俊に大声で怒鳴られたり蹴飛ばされたりした
いっつうイビツな願望を抱いた女性の方々には激しくオススメの一本でございます♪ 


続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/07/12(月) 01:28:57|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:13
  4. | コメント:0

谷村美月 須賀健太 城田優 / 死にぞこないの青

宇宙人
ワケもなく異星人


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの安田美沙子担当、ブロッケンです。

乙一原作の映画『死にぞこないの青』を観ました。

マサオ(須賀健太)の通う小学校に赴任してきた新米教師の羽田(城田優)は、何故か
マサオにだけ厳しい態度を取る。そればかりか、他の生徒がマサオの事を嫌いになる
ように仕向けるのであった。 羽田の思惑通り、マサオは徐々に孤立していき、とうとう
いじめの標的にされてしまう。 やがてマサオの心の闇は、凶暴で冷酷な分身―アオ
(谷村美月)を作り出してしまう…というあらすじ。

須賀健太クン演じるマサオの心に芽生えた闇が作り上げた分身、アオ。 全身傷だら
けで身動きのとれない彼女の姿は、まさしくマサオの置かれている状況そのものです。
で、この映画はそんなアオが存分に暴れ回るホラー作品なのかなと思っていたら大間
違い。 マサオが理不尽ないじめに立ち向かう為の強さと賢さを獲得していく過程を描
いた、ちょっぴりホラーテイストの成長譚だったんですね。 身の毛もよだつような恐怖
展開を期待していただけに、少し拍子抜け。


アオ役を演じるのは谷村美月。 片目が潰れて髪もボサボサ、おまけに大きく裂けた
口元といった具合に、醜い顔立ちをしたアオが初めて画面に姿を現した時、『どうして
この役を谷村美月が…?』という巨大なクエスチョンマークが頭上に踊りました。 仕
事を選ばないその姿勢には好感が持てますが、選ばないにも程があるんじゃねえの
?って思いましたよね、正直。 マサオが少しずつ勇気を振り絞っていじめに立ち向か
うようになるにつれ、アオの体をがんじがらめに縛っていた拘束具が消え、顔の傷も
徐々に薄らいで行くんですけど、アオの潰れた片目がしっかりと開かれた時点で、よ
うやくボクの大好きな美月ちゃんが戻って来たなって感じました。  エヘヘ。

で、マサオをいじめにいじめ抜く新米教師・羽田役が城田優なんですけど、こいつが
また陰湿な、イヤ~な奴なんだよなぁ。 そのくせ趣味はアウトドアって。子供をいじ
めるような人間が大自然を満喫してんじゃねえよってカンジですけど。 映画のラスト
で、どうして羽田がマサオを目の敵にしていたか、その理由が明らかになるのですが、
その理由ってのがまた噴飯モノでして。 よくもまァ そんな浅はかな理由で、ここまで
ヒドい仕打ちが出来たもんだと、逆に恐ろしくなりましたよ、ええ。 

結局、この羽田という人物の“底の浅さ”が、そのまま作品自体の含蓄の無さ、そし
て中途半端さに直結していったように感じます。 いかにもホラー的なテイストの作品
であるにもかかわらず、あえてそういった方向に世界観を広げていかないというので
あれば、“恐怖”の代わりに観る者の心に残るサムシングが欲しかったなぁと、予定
調和のお手本の様な結末を観ながらしみじみ感じた次第です。 

でも一点だけ、マサオとアオが自転車を二人乗りするシーンでアオがふと垣間見せ
た、憂いとも微笑ともつかぬ表情がとても素晴らしかった。  映画自体は、残念なが
ら傑作と呼べる内容のものではありませんでしたが、谷村美月のこの一瞬の表情
だけは、ファンならずともグッと来るんじゃないかな、と。

続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/04/12(月) 01:39:25|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

木村佳乃 中越典子 谷村美月 / おろち

ベイダー
ワケもなくダース・ベイダー


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのチキン・ジョージ担当、ブロッケンです。

楳図かずお原作の映画『おろち』を観ました。

何百年も昔から、人々の運命を見つめ続けてきた謎の少女・おろち(谷村美月)。 とある
嵐の夜、大女優・門前葵(木村佳乃)の洋館を訪れたおろちは、仲睦まじい二人の姉妹に
出逢う。 出来の悪い姉の一草と、歌の才能に秀でた妹の理沙(中越典子)、そして、年を
とる事を極度に恐れる母・葵…。 門前家の人間に興味を抱いたおろちは、メイドとして働
きながら、この家の人間の運命を見守って行く事を決意する…というあらすじ。

これ、文句ナシに傑作だと思います。 ホラー映画としてではなく、純粋に一つの映画作品
として抜群に面白かったですね。なんてったってアナタ、怪奇マンガ界のゴッド・ファーザ
ーこと楳図かずお御大の名作コミックが原作ですよ? 中途半端に映画化しようもんなら、
熱狂的な楳図シンパから総スカンを喰らう事間違いナシ。 しかし、そんなプレッシャーを
はねのけ、見事に今作は楳図ワールドの映像化と娯楽作品としての面白さの両立という
離れ業をやってのけたのでした。 グワシッ!

まず特筆すべきは、キャスト陣の鬼気迫る怪演!これなくして本作の成功はなかったで
しょう。 特に門前葵と娘の一草の二役を演じた木村佳乃の弾けっぷりたるや、原作に一
歩も譲ってはおりません。中越典子演じる妹の理沙に対し、執拗なまでの折檻を加える
辺りなんかもう最高ですね。 恐怖と笑いが実は表裏一体であるという楳図ワールドの本
質を、実に良く理解した上での壊れっぷりに、爆笑を越えて感動すら覚えた次第です。
映画『全然大丈夫』の時にチラリとよぎった、“木村佳乃って実は意外と何でもアリの人
なのかも”という予感が、僕の中で揺るぎない確信に変わったのは言うまでもありません。

木村佳乃が“動”ならば、谷村美月演じる“おろち”は、“静”の演技で、じわじわと観る者
を魅了して行きます。“演技”を感じさせない自然な佇まいこそが、女優・谷村美月の大き
な魅力ではありますが、今作ではそんなナチュナルさをかなぐり捨て、楳図ワールドの住
人になりきっております。『こ…これは…』だとか『なんて立派なお屋敷…』みたいな、いか
にも漫画チックなセリフ回しの数々を、変にアレンジせずに、そっくりそのまま映画に持ち
込む事によって、逆に原作の持つ“イイ意味での不自然さ”が、上手く表現されていたん
じゃないかな、と。 

それから“おろち”を演じている最中の谷村美月ちゃんって、実は一度もまばたきしてない
んですよね。 これは、“この世ならざる者”としての印象を強めると同時に、クライマックス
に待ち受ける“トリック”を読み解く上でも、少なからず重要な意味を持つ演出であるので、
これから今作を御覧になる方は、是非とも彼女の目の動きに着目して鑑賞される事をオス
スメいたします。

それにしても、“29歳になると、美貌が崩壊していく”という今作の設定しかり、漫画『14歳
しかり、楳図氏の作品には“時限式”の設定がしばしば見受けられます。 確かに、一気に
押し寄せる恐怖よりも、ジワジワとXデーめがけて忍び寄って来る恐怖の方が、ある種の
深みと情緒がありますもんね。 情緒…イイ言葉だなァ(*´▽`*)


続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/02/23(火) 12:24:09|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:13
  4. | コメント:0

谷村美月 佐津川愛美 / 海と夕陽と彼女の涙 ストロベリーフィールズ

マッポの手先
ワケもなくスケバン刑事


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのハーゲンダッツ担当、ブロッケンです。

太田隆文脚本・監督の映画『海と夕陽と彼女の涙 ストロベリーフィールズ』を観ました。  

いじめられっこで“8ミリ”を撮るのが趣味の夏美(佐津川愛美)、男勝りの柔道少女・マキ
(谷村美月)、優等生のクラス委員・美香(東亜優)、そしていじめっこの理沙(芳賀優里亜)。
互いに友達でも何でもない、ただのクラスメイトという間柄の4人を乗せた車がトラックと
正面衝突、夏美以外の3人の少女は、あえなく命を落としてしまう。 深い悲しみに暮れる
夏美。そんな彼女の元に、何故か死んだ筈の3人が帰って来た…というあらすじ。 

いやぁ、来ましたよコレは。 久しぶりに超ド級のダメ映画に巡り逢えたって感じですわ。
ここまで色んな意味で“総毛立った”映画って、それこそ『笑う大天使』以来じゃねえのか
な?…つうかさ、今フッと気付いて愕然としたんだけど、佐津川愛美谷村美月って、今
作と『笑う~』の両方に出演しちゃってんのね。つまり、二人仲良くダメ映画・二階級制覇
ってワケですか。 運命もなかなかオツな事をしてくれますな。

“トホホ”と云う名のガン細胞が作品全体に転移しちゃってて、どこからメスを入れて良い
ものやら、正直途方に暮れまくりなのですが、それでもどうにか自らを奮い立たせ、この
映画が如何にダラシの無い代物かって事を、血のインクをもって後世の為に記さなくては
ならない。 そんな“使命感”だけが、今の私の原動力なのです。  メロスは激怒したが、
俺だって相当頭にキてんだよ。

まず『海と夕陽と彼女の涙 ストロベリーフィールズ』ってタイトル。長すぎる。まるで観
る者の記憶に残る事を拒絶するかの如き冗長さです。しかも、こんだけ字数を稼いでお
きながら、作品の本質を射抜いてないってんだから恐れ入る。ま、そもそもこの作品に本
質なんて無いんだけど。 ちなみに、俺だったらこの映画に『クラスメイトは地縛霊』って
タイトルを冠するけどね。

海と山に囲まれた熊野古道の町、和歌山県は田辺市の自然情緒豊かな景色や古式ゆか
しい武家屋敷の街並などは、なるほど確かに息を呑むほど素晴らしいロケーション。 それ
なのに、安くてペラい深夜ドラマみたいな画質のせいで感動もバキッと半減。大体、オープ
ニングのタイトルロゴからしてインディーズのAVみたいな“やっつけクオリティ”で、その時
点からイヤな予感はしてたんだよなぁ。 とにかく、画面全体からほとばしるこの“安さ”は、
ある意味特筆モノですぞ。  

そんな“安さ”に拍車をかけるのが、キャスト陣のトホホなセリフ&演技の数々。つうか谷村
美月
佐津川愛美もれっきとした実力派…のハズなのに、どういうワケか今作だけ、呪いに
でもかかったかの様にぎごちないってのはどういう了見か。 おポンチの極みの様なシナリ
オと不自然極まりないセリフ、そして、熱やこだわりというものを微塵も感じさせない、太田監
督の残念なディレクションが三位一体となって、かように無惨な結果を招いたのでしょうなぁ。
いくら美月ちゃんが男勝りな設定だからって、夕陽に向かって『バカヤロー!』って叫んだり、
クラスメイトの襟首つかんで『テメェ…気に食わねぇな』とかって凄んだりはせんだろフツー。
本宮ひろ志の漫画じゃねェんだからさ。

物語の序盤、死の淵からよみがえった三人の前に黒いフードをかぶった死神が現れて、砂
時計をよこすんですよ。死神いわく、この世に居られるタイムリミットはあと48時間。 で、時
間になったら容赦なく迎えに来ますよ的な、いわば“ルール説明”を、テレパシーか何かで
もって、わざわざ少女達の口から語らせる場面が、とにかく不自然でマヌケなんだぁ。 ここ
まで説明的なやりとりって、生まれて初めて観ました。 噴飯モノですわ。

そんで、三人とも死んだ時刻が微妙にズレてるから、“タイムリミット”もちょっとずつ違うの
ね。 で、こっからそれぞれが思い出の場所や何かを巡る、セリフの一切無い、イメージ・シ
ーンがダラダラと8分位続くんスよ。セリフ無しで8分って。 ウルトラマンだったら余裕で怪
獣と2回半もバトル出来るじゃん。タイトル同様、長すぎるっつうの。

で、ボサボサしてても時間の無駄だから、お迎えが来る前に、やり残した事をやろうぜって
話になるんですよ。 まず最初に優等生役の東亜優が、死ぬ前に大好きなケーキをたらふ
く喰おうとするんです。 でも幽霊だから(!)、ケーキを味わう事はおろか、手で掴む事も出
来ないの。 仕方ないってんで、唯一の生存者である佐津川愛美が代わりに喰って、感想を
東亜優に聞かせるという珍企画に急遽変更するっていうね。 ええ、死ぬほど笑いましたよ。

そうこうしてる内に、死神が少女を一人連れ去り、二人連れ去りして、いよいよ残るは谷村
美月
だけになるんです。どんな夜にも必ず夜明けが訪れるように、どんな駄目な映画にだ
ってクライマックスはやって来るんです。 この、海と夕陽と何たらとか云う映画だって例外
ではござんせん。終わり良ければ全て良し。ここで一発、眠気も覚める様な感動でも、ドン
デン返しでも、とにかく何でもイイから俺のハートに揺さぶりをかけてくれ。そうすれば笑顔
でお別れ出来るじゃないか!太田隆文監督、どうか一つ! …しかし、そんな祈りも虚しく、
死神は今までと同様、事務的に美月ちゃんをあの世にさらって行っただけ。  ザケんな☆
友達(?)を一人も守れなかった佐津川愛美は、失意に暮れながら別の街へと転校する…
で、そのまま映画終了。 …あまりにもお粗末なラストに、思わず『…おお…』っつう妙な
溜息が漏れましたよ。 駄作ッ!駄作ッ!

他にも引っかかる点は、それこそ綺羅星の如くあるんですけど、それら全部にツッコミを入
れてたら世紀末になっちまうので、この辺で止しときます。冗長、散漫、不自然、稚拙etc…
いかなる言葉をもってしても到底物足りない、ダメ映画のサンプルの様な作品です。いかに
オススメ出来ないかって事を、是非ともその目で確かめて欲しい…そんな気分(*´▽`*)

続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/02/13(土) 20:04:17|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

市原隼人 谷村美月 / 神様のパズル

?
ワケもなく不審者

どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのペ・ドゥナ担当、ブロッケンです。

三池崇史監督の映画『神様のパズル』を観ました。

ロックをこよなく愛する寿司屋見習いの綿貫基一(市原隼人)は、急遽タイに留学して
しまった双子の弟・喜一に大学で代返をして欲しいと頼まれる。 しかし、担当教授の
鳩村(石田ゆり子)から、不登校の天才少女・穂瑞サラカ(谷村美月)をゼミに参加させ
て欲しいと頼まれた基一はしぶしぶサラカの家に行く事に。そこで、基一が不意に発し
た“宇宙をつくる事ができるのか?”という問いに興味を示したサラカ。果たして基
一とサラカは、本当に宇宙を作り出す事が出来るのだろうか…?というあらすじ。

この映画には『対称性のやぶれ』、『ひも理論』、『反物質』といった、宇宙創造にまつ
わる超難解な概念が沢山出てきますが、はっきし言ってボクにはちんぷんかんぷ
んでした。で、市原隼人演じる綿貫基一も我々と同じくちんぷんかんぷん状態。それ
に対し、天才少女・サラカ(谷村美月)や、黄川田将也石田ゆり子等ゼミの面々が分
かり易く説明してくれるので、ちんぷんかんぷんでも一安心。つうか今作のポイント
は宇宙科学の理論が云々って事よりも、人工授精により生まれ、父親の顔を知らずに
育ったサラカの閉ざされた心の闇が、徐々に狂気を帯びて行くという点にあるので、
ぶっちゃけ理論とかってのは、しっかりと理解できずとも、十分にこの映画を楽しむ
事が出来るんじゃないかな、と。

それはさておき、谷村美月演じるサラカの衣装なんですけど、これがまたそこはかと
なく無防備というかエロいというか。水色地のアディダスのジャージ上下という、体
育の授業みたいな装いなんですけど、ジャージ上の胸元のチャックは思いきりはだけ
ており、その下は胸の谷間が強調されたチューブトップ。エローい。で、ジャージ下
もホットパンツかっつう位にまくり上げていて、スラリとした美脚を惜しげもなく披
露しております。鼻血ブーですわ。その上自分の事を“ボク”とか呼んじゃうんだも
んなぁ。たまらんぜよ~って感じですわ。つうかこんな下世話なトコにばっか目がい
っちゃう俺ってどうなのって感じなんですけど、三池崇史監督も“意図的にエロく
撮った”みたいな事をどっかでおっしゃっていたので、すっかり三池監督の掌(てのひ
ら)の上で踊らされてるってワケですね、ボク(゚ω゚)

この『神様のパズル』、原作小説の方は未読なんですけど、読まずとも“ああ、ここ
は絶対に映画オリジナルなんだろうなァ”っていう場面が多々ありました。何てった
って、鬼才・三池崇史ですからね。あの『DEAD OR ALIVE』を撮ったお方
ですよ。そりゃもう何が起きてもヘンじゃない(確かミスチルでこんな曲があったよう
な)ってな具合に、心の準備は出来ていた…ハズなのに。いやぁ、やられた。谷村
美月
を救いに来た市原隼人が、背中にしょっていたギターをおもむろにかき鳴らし、
ベートーヴェンの『喜びの歌』をロック風に歌い始めた際、何故か都合よくその場に
マイクスタンドが設置してあったのにもビックリしましたが、問題はその後ですよぉ。
これはもう是非とも実際にその眼で確認して頂きたいので、あえてここでつまびらか
には致しませんが、ヒントは“寿司”とだけ言っておきましょう。 ボクはここで大爆
笑しましたが、多分、置いてかれる人続出なんじゃないかな、と。“なんでここで寿
司が出る?”って感じ。例えるならば、戦場に赴いて、支給された武器がビニール傘
だった時のような違和感。色んな意味でタマラナイですね。この脚本を手渡された時、
市原隼人谷村美月はどんな顔したんでしょう?そこら辺に想いを馳せるだけで、
激しく胸が高鳴ります。

この驚愕(?)のクライマックスと、谷村美月の、あどけなさと妖艶さが交差した肢体
が観れるというだけで、最早十分に価値のある今作。 決して名画などではありませ
んが、それがなんだってんだいってな気持ちにさせてくれる一本です。

テーマ:谷村美月 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2010/01/09(土) 12:35:43|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:22
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。