中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

浅野忠信 佐津川愛美 北村一輝 / 鈍獣

軍団
ワケもなく飲み会


どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの別れさせ屋担当、ブロッケンです。

宮藤官九郎原作・脚本の映画『鈍獣』を観ました。

失踪した人気作家・凸川隆二(浅野忠信)の消息を辿るべく、彼の生まれ故郷・ときわ町に
やって来た雑誌編集者・静(真木よう子)。そこで彼女を待ち受けていたのは、ホストの江田
(北村一輝)と警官の岡本(ユースケ・サンタマリア)だった。連載している小説の中で、次
々と江田と岡本の過去の悪行を暴いていく凸川。 彼のペンにより、ある重大な秘密が漏れ
る事を恐れた二人は、とうとう凸川の殺害を決意する…というあらすじ。

うーん…どうなんでしょ? 『池袋ウエストゲートパーク』で初めてその存在を知って以来、
ほぼ全てのクドカン作品を網羅してきた、比較的熱心なクドカン・シンパを自称する僕では
ありますが、この『鈍獣』に関して言えば、手放しで絶賛出来ないってのが正直な感想です。

もちろん、クドカン特有のアッパーなギャグ・センスは今作においても遺憾なく発揮されてお
りましたし、豪華キャスト陣によるブッ飛んだ怪演の数々も文句ナシに面白い。北村一輝
じる都落ちした場末のホスト・江田っちなんて最高でしたね。ベッドの上で“殺す”と“ポロす”
の違いを南野陽子に説明するトコロなんか大爆笑でした。

佐津川愛美演じるブリッ子(死語?)ホステス・ノラも反則級の愛くるしさ。『ラブ★コン』風に
言うなれば、キュン死に寸前ってトコですか。でも、個人的には『腑抜けども、悲しみの愛
を見せろ
』における、おどおどした感じの佐津川愛美の方が断然ツボなんスけどね。 フフ。

そして今作の主役であり、ケタ外れの鈍感力の持ち主・凸川隆二を演じるのは浅野忠信
“自然体”や“朴訥”といった枕詞で語られる事の多い浅野忠信ですが、これほどまでに
(イイ意味で)不自然な彼の姿を観るのは初めて。『東京ゾンビ』もイイ線いってましたけど、
今作はさらに輪をかけてハジけちゃってます。 ノラと一緒にスーパーで買い物してる時に
垣間見せたハイテンションなバカ顔は、あるイミ新境地なんじゃないでしょうか。

しかし、異様に力の入った枝葉(ギャグ)の部分に比べ、肝心のストーリーがどうにも貧困と
いうか、あと一つ練られていない様に感じたんですよね。 どうして凸川は江田と岡本の過去
をネタにして小説を書き続けたのか?どんな手段を使って殺害しても、生き返って来るのは
何故か? そもそも凸川は、いつ小説を書いているのか? これらの疑問に対する明確な答
えが、とうとう最後まで出されずじまいだったのにはガッカリでした。 後に残されたのは、誰
が犯人なのかが書かれていない推理小説を読んだみたいな残尿感と徒労感のみ。 こうな
ると、面白かった筈のギャグの部分すら、何やら空虚に思えて来るんだから、不思議なモン
ですね。 “終わり良ければ全て良し”ならぬ、“終わり良くないから全て微妙”ってカンジ。

そもそもクドカンのユーモア・センス自体、入り組んだストーリーと相性が良いとは言い難い
ので、ある程度投げっぱなし、やりっぱなしの部分が残るであろう事は予測していたのです
が、ここまで中途半端だと、さすがにちょっとツライなぁ。

最後に余談ですが、 今作が劇場公開してた当時、オニツカタイガーのショップ内にこの
鈍獣』のポスターが大々的に貼られていたのが微妙に謎だったんですけど、劇中で浅野
忠信
が履いてるスニーカーがオニツカタイガーだったからなんですね。 うーん、謎が解
けてスッキリ。  …どうせなら本編でもスッキリしたかったですけどね、ええ(゚ω゚)

続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/03/09(火) 19:55:26|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:13
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。