中川ホメオパシー 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

宮崎あおい 佐藤浩市 勝地涼 / 少年メリケンサック

ラクガキ
ワケもなく壁にラクガキ


毎度です。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの橋田壽賀子担当、ブロッケンです。

宮藤官九郎監督・脚本の映画『少年メリケンサック』を観ました。 超面白かったッス。

ある日動画サイトで見つけたパンクバンド『少年メリケンサック』のライヴ映像にビビッと
来たレコード会社の新人発掘担当・栗田かんな(宮崎あおい)は、早速意気込んで契約
交渉に向かう。 しかし、かんなの前に現れたのは50歳の大台に乗った酔っ払いのオヤ
ジ(佐藤浩市)だった。かんなの見つけた動画は25年も前のものだったのだ。焦る彼女と
は裏腹に、ネット上で日々過熱して行く少年メリケンサックの人気。そうこうしている内に
全国ツアーも決定してしまう。 果たしてかんなと少年メリケンサックは、奇跡を呼び起こ
す事が出来るのか?…というストーリー。

まず何と言っても、冒頭の臨場感溢れまくりのライヴ・シーンから、いきなりこの『少年メリ
ケンサック
』の世界観にグッと引き込まれます。 若かりし頃のヴォーカル・ジミーを演じる
のが銀杏BOYZ峯田和伸。 金髪のマッシュルーム・ヘアを振り乱しながら客に噛みつ
く様に叫び散らすその姿は、全盛期のイギー・ポップかっつう程の大迫力。しかも、25年
後の、半ば廃人状態のジミーを、かつてパンクバンド『ばちかぶり』のヴォーカリストとして
活躍し、現在では個性派俳優としての地位を確固たるものとした田口トモロヲが演じてい
るのもニクイ!新旧パンク・ヒーロー揃い踏みといった趣でございます。

また、劇中で使用される楽曲のほとんどが作詞:宮藤官九郎 / 作曲:向井秀徳のタッグ
で製作されている点も見逃せません。楽曲のバリエーションも、アイドル歌謡、テクノポップ、
ダブ、エモ、へなちょこフォークと実に多彩。 ZAZEN BOYSとはまた違った向井氏のポ
ップな側面が遺憾なく発揮されております。 個人的には『アンドロメダおまえ』がイチオシ。

佐藤浩市木村祐一三宅弘城田口トモロヲといった、むさ苦しい中年パンクス達に終
始翻弄され続ける宮崎あおいの愛くるしさも、この作品の大きな見どころ。
彼氏役の勝地涼とベッドの上でイチャイチャするシーンとかもうヤバいです。 萌え死に必至。

物語はクドカンらしいアッパーかつダークなギャグを随所にちりばめながら、終始躁病的な
テンションで進んでいきます。 しかし、ギャグで巧妙にカムフラージュしつつも、締めるべき
トコロはビシッと締めてくるのがクドカン作品の特徴。 『(パンクは)アニメや深夜番組の主題
歌に成り下がっちまった』、『ガキの頃は大人に笑われて、大人になったらガキに笑われて、
今さらカッコつけてどうすんだ!』、『今さら年下のバンドなんか聴けねェよ!』辺りのセリフ
が特に染みる。 若さの盛りをとうに過ぎた中年パンクスの哀愁&滑稽さを的確に射抜いてます。

爆笑と興奮と哀愁と、宮崎あおいのキュートさ爆発の125分。  オススメですよ、奥さん。

続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/08/29(土) 12:45:39|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遠藤雄弥 安藤サクラ 柄本時生 / 俺たちに明日はないッス

にゃんこ2
ワケもなく仔猫

毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの保健体育担当、ブロッケンです。

さそうあきら原作の映画『俺たちに明日はないッス』を観ました。

猛り狂う10代のリビドーのほとばしりに焦点を合わせた、いわゆる“性”春映画というものは、
それこそ掃いて捨てるほど多く存在しますが、それらの多くは、例えば『69-sixty nine-』や
グミ・チョコレート・パイン』のように《リビドー + 音楽》だったり、『おっぱいバレー』のように
《リビドー + スポーツ》であったりと、『性』以外のファクターと一体となって成立しているもの
なのですが、この『俺たちに明日はないッス』は、徹頭徹尾、いさぎよいまでに、『性』だけで
構成された、まさしく純・性春映画と呼ぶに相応しい内容になっております。

病弱な同級生・トモノとヤリたくて仕方ない『ヒルマ』(柄本時生)、巨乳の美少女に思いを
寄せられるデブの『安パイ』、そしてセックスに興味津々の女『チズ』(安藤サクラ)に
翻弄される『峯』(遠藤雄弥)。 三者三様の『性のめざめ』が、夕方の再放送のドラマの
ような暗く粗い画面の中で、気だるく、淡々と繰り広げられて行きます。

このテの映画の場合、作り手の幻想や思い入れが色濃く反映されやすい為、ヒロインの
女のコが、まるで天使か女神の様な描かれ方をする事が多いのですが、この映画に登場
する女のコ達には、そのような幻想を抱く余地など皆無。 ビックリする位フツーです。 
この辺の、女性に対するドライでニュートラルな眼差しというのは、監督が女性(タナダユキ)
であるという事が多分に影響しているのではないか、と。

映画の終盤、曇天の渚で波と戯れるトモノと、それを眺めながら、勃たないチンポを必死に
シゴくヒルマ…という、字面だけ追ったら完璧に意味不明なシーンがあるのですが、この
場面には、特殊漫画家大統領・根本敬氏いうところの『マヌケ美』が、はっきりと息づいて
おりました。 バカでスケベで心底クダラナイのに、美しくて儚いもの=青春。そのヴィジョンを
これほどまでに的確に切り取った映画を、私は他に知りません。

おまけに主題歌は、銀杏BOYZによる南沙織の『17歳』の超絶カヴァー。 もう、完璧でしょ。 

◆◆オーラル学園 更新情報◆◆
・アワビさん - 244   ・のらネコミック - 172

テーマ:俺たちに明日はないッス - ジャンル:映画

  1. 2009/06/23(火) 11:18:27|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。